国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2008120648) 放電表面処理方法及び修理方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2008/120648 国際出願番号: PCT/JP2008/055784
国際公開日: 09.10.2008 国際出願日: 26.03.2008
IPC:
C23C 26/00 (2006.01) ,B23H 9/00 (2006.01) ,F01D 11/08 (2006.01) ,F02C 7/00 (2006.01) ,F02C 7/28 (2006.01)
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
26
グループ2/00から24/00に分類されない被覆
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
H
工具としての電極を使用し,工作物に高密度の電流を作用させることにより行う金属加工;このような加工と他の形式の金属加工とを複合させたもの
9
特定の金属対象物を取扱うかまたは金属対象物に特別の効果または結果を達成するために特に適用される加工
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
D
非容積形機械または機関,例.蒸気タービン
11
作動流体の内部漏えいを防止または減少するための装置,例.各段間の漏えい防止
08
ロータブレードチップと固定子との間の空間の密閉
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
C
ガスタービン設備;ジェット推進設備のための空気の取り入れ;空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御
7
グループ1/00から6/00に分類されない,またはそれにはない注目すべき特微,構成部品,細部または付属品;ジェット推進設備のための空気の取り入れ
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
C
ガスタービン設備;ジェット推進設備のための空気の取り入れ;空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御
7
グループ1/00から6/00に分類されない,またはそれにはない注目すべき特微,構成部品,細部または付属品;ジェット推進設備のための空気の取り入れ
28
密封装置の配置
出願人:
株式会社IHI IHI Corporation [JP/JP]; 〒1358710 東京都江東区豊洲三丁目1番1号 Tokyo 1-1, Toyosu 3-chome, Koto-ku, Tokyo 1358710, JP (AllExceptUS)
椎野 正元 SHIINO, Masayoshi; null (UsOnly)
落合 宏行 OCHIAI, Hiroyuki; null (UsOnly)
正木 彰樹 MASAKI, Shoju; null (UsOnly)
渡辺 光敏 WATANABE, Mitsutoshi; null (UsOnly)
下田 幸浩 SHIMODA, Yukihiro; null (UsOnly)
発明者:
椎野 正元 SHIINO, Masayoshi; null
落合 宏行 OCHIAI, Hiroyuki; null
正木 彰樹 MASAKI, Shoju; null
渡辺 光敏 WATANABE, Mitsutoshi; null
下田 幸浩 SHIMODA, Yukihiro; null
代理人:
三好 秀和 MIYOSHI, Hidekazu; 〒1050001 東京都港区虎ノ門1丁目2番8号 虎ノ門琴平タワー Tokyo Toranomon Kotohira Tower 2-8, Toranomon 1-chome Minato-ku, Tokyo 1050001, JP
優先権情報:
2007-09368530.03.2007JP
発明の名称: (EN) DISCHARGE SURFACE TREATMENT METHOD AND REPAIRING METHOD
(FR) PROCÉDÉ DE TRAITEMENT DE SURFACE PAR DÉCHARGE ET PROCÉDÉ DE RÉPARATION
(JA) 放電表面処理方法及び修理方法
要約:
(EN) An electrode (37) is consumed by generating pulsating discharge between the distal end face of the electrode (37) and the end face of a metal plate (11) to form a recess (41) copying the profile of the end face of the metal plate (11) in the distal end face of the electrode (37). While moving the electrode (37) relatively in the direction intersecting the side face of the metal plate (11) perpendicularly, pulsating discharge is generated between the inner side face of the recess (41) in the electrode (37) and the side faces (11bl(11cl)), (11br(11cr)) of the end face of the metal plate (11) to form auxiliary coatings (43, 45) on the side faces (11bl(11cl)), (11br(11cr)) of the end face of the metal plate (11). Pulsating discharge is generated between the rear face of the recess (41) in the electrode (37) and the distal end faces (11bu(11cu)) of the end face of the metal plate (11) to form a cladding layer (47) on the end face of the metal plate (11).
(FR) La présente invention concerne une électrode (37) qui est consommée en générant une décharge pulsante entre la face de l'extrémité distale de l'électrode (37) et la face à l'extrémité d'une plaque métallique (11) afin de former un évidement (41) copiant le profil de la face de l'extrémité de la plaque métallique (11) dans la face de l'extrémité distale de l'électrode (37). Tout en déplaçant l'électrode (37) relativement dans la direction croisant perpendiculairement la face latérale de la plaque métallique (11), une décharge pulsante est générée entre la face latérale interne de l'évidement (41) dans l'électrode (37) et les faces latérales (11bl(11cl)), (11br(11cr)) de la face à l'extrémité de la plaque métallique (11) afin de former des revêtements auxiliaires (43, 45) sur les faces latérales (11bl(11cl)), (11br(11cr)) de la face à l'extrémité de la plaque métallique (11). La décharge pulsante est générée entre la face arrière de l'évidement (41) dans l'électrode (37) et les faces de l'extrémité distale (11bu(11cu)) de la face à l'extrémité de la plaque métallique (11) afin de former une couche de plaquage (47) sur la face à l'extrémité de la plaque métallique (11).
(JA)  電極37の先端面と金属板11の端面との間にパルス状の放電を発生させて、電極37を消耗させて、電極37の先端面に金属板11の端面の形状に即した窪み41を形成し、電極37を金属板11の側面に対して直交する方向へ相対的に移動させつつ、電極37の窪み41の内側面と金属板11の端面の側面11bl(11cl),11br(11cr)との間にパルス状の放電を発生させて、金属板11の端面の側面11bl(11cl),11br(11cr)に、補助被膜43,45を形成し、電極37の窪み41の奥面と金属板11の端面の先端面11bu(11cu)との間にパルス状の放電を発生させて、金属板11の端面に肉盛層47を形成する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP2143821US20100126871RU2009140049RU0002432419CN101657566RU2011129166
RU0002477679IN6354/CHENP/2009