国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2008120535) 板ガラスの製造方法、板ガラスの緩衝層形成装置及び板ガラスの製造設備
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2008/120535 国際出願番号: PCT/JP2008/054325
国際公開日: 09.10.2008 国際出願日: 10.03.2008
IPC:
C03B 25/08 (2006.01) ,C03B 18/02 (2006.01) ,C03B 35/14 (2006.01) ,C03C 23/00 (2006.01)
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
B
ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形;または、ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形における補助プロセス
25
ガラス製品の徐冷
04
連続的
06
ガラス成形品が水平に移動するもの
08
板ガラスが水平に移動するもの
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
B
ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形;または、ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形における補助プロセス
18
液体の表面に接するガラスの成形
02
板ガラスの成形
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
B
ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形;または、ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形における補助プロセス
35
ガラス成形品のその製造中での輸送
14
熱い板ガラスの輸送
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
23
繊維やフィラメントの形態をとらない繊維以外のガラスのその他の表面処理
出願人:
旭硝子株式会社 ASAHI GLASS COMPANY, LIMITED [JP/JP]; 〒1008405 東京都千代田区有楽町一丁目12番1号 Tokyo 12-1, Yurakucho 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008405, JP (AllExceptUS)
谷井 史朗 TANII, Shirou [JP/JP]; JP (UsOnly)
伊賀 元一 IGA, Motoichi [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
谷井 史朗 TANII, Shirou; JP
伊賀 元一 IGA, Motoichi; JP
代理人:
泉名 謙治 SENMYO, Kenji; 〒1010035 東京都千代田区神田紺屋町17番地 SIA神田スクエア4階 Tokyo 4th Floor, SIA Kanda Square 17, Kanda-konyacho Chiyoda-ku, Tokyo 1010035, JP
優先権情報:
2007-09720303.04.2007JP
発明の名称: (EN) PROCESS FOR PRODUCING FLAT GLASS, APPARATUS FOR FORMING BUFFER LAYER OF FLAT GLASS, AND FLAT GLASS PRODUCING EQUIPMENT
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE VERRE PLAT, APPAREIL SERVANT À FORMER UNE COUCHE TAMPON DE VERRE PLAT ET ÉQUIPEMENT DE PRODUCTION DE VERRE PLAT
(JA) 板ガラスの製造方法、板ガラスの緩衝層形成装置及び板ガラスの製造設備
要約:
(EN) A process for producing a flat glass, apparatus for forming a buffer layer of flat glass and flat glass producing equipment that realize inhibition of flaw occurrence in place of conventional SO2-using buffer layer forming means. The process for producing a flat glass is one including the forming step of forming glass ribbon (6) while continuously supplying molten glass (5) onto horizontal bath surface (1b) of molten metal bathtub (1) accommodating a molten metal and the slow cooling step of conveying the glass ribbon (6) through slow cooling furnace (3) to thereby effect slow cooling, characterized in that as a step posterior to the forming step, the glass ribbon (6) at its inferior surface (6a) is provided with a buffer layer of flaw occurrence preventing agent.
(FR) L'invention concerne un procédé de production d'un verre plat, un appareil permettant de former une couche tampon de verre plat et un équipement de production de verre plat qui entraîne une inhibition de l'occurrence de défauts à la place du moyen de formation de couche classique utilisant du SO2. Le procédé de production d'un verre plat est un procédé comprenant l'étape de formation consistant à former un ruban de verre (6) tout en apportant en continu du verre fondu (5) sur la surface de bain horizontale (1b) de la cuve de métal fondu (1), recevoir un métal fondu et la lente étape de refroidissement consistant à transporter le ruban de verre (6) dans un four à refroidissement lent (3) pour effectuer de cette façon un lent refroidissement, caractérisé en ce que, dans une étape postérieure à l'étape de formation, le ruban de verre (6) au niveau de sa surface inférieure (6a) est doté d'une couche tampon d'un agent prévenant l'occurrence de défauts.
(JA)  従来のSOを用いた緩衝層の形成手段に代わる、疵の発生を抑制することが可能な板ガラスの製造方法、板ガラスの緩衝層形成装置及び板ガラスの製造設備を提供する。  溶融金属を収容した溶融金属浴槽1の水平な浴面1bに溶融ガラス5を連続的に供給してガラスリボン6を形成する成形工程と、ガラスリボン6を徐冷炉3に搬送して徐冷する徐冷工程とを備えた板ガラスの製造方法において、成形工程の後の工程において、ガラスリボン6の下面6aに、疵発生防止剤からなる緩衝層を形成することを特徴とする板ガラスの製造方法を採用する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
KR1020090110319JPWO2008120535CN101652329JP5223861