国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2008120471) プラズマディスプレイ装置およびプラズマディスプレイパネルの駆動方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2008/120471 国際出願番号: PCT/JP2008/000785
国際公開日: 09.10.2008 国際出願日: 28.03.2008
予備審査請求日: 08.10.2008
IPC:
G09G 3/28 (2006.01) ,G09G 3/20 (2006.01)
G 物理学
09
教育;暗号方法;表示;広告;シール
G
静的手段を用いて可変情報を表示する表示装置の制御のための装置または回路
3
陰極線管以外の可視的表示器にのみ関連した,制御装置または回路
20
マトリックス状に配置された個々の要素の組み合わせによりその集合を構成することによって多数の文字の集合,例.1頁,を表示するためのもの
22
制御された光源を用いるもの
28
発光ガス放電パネル,例.プラズマパネル,を用いるもの
G 物理学
09
教育;暗号方法;表示;広告;シール
G
静的手段を用いて可変情報を表示する表示装置の制御のための装置または回路
3
陰極線管以外の可視的表示器にのみ関連した,制御装置または回路
20
マトリックス状に配置された個々の要素の組み合わせによりその集合を構成することによって多数の文字の集合,例.1頁,を表示するためのもの
出願人:
パナソニック株式会社 PANASONIC CORPORATION [JP/JP]; 5718501 大阪府門真市大字門真1006番地 Osaka 1006, Oaza Kadoma, Kadoma-shi, Osaka 5718501, JP (AllExceptUS)
川合俊輔 KAWAI, Shunsuke; null (UsOnly)
小川兼司 OGAWA, Kenji; null (UsOnly)
橋本伸一郎 HASHIMOTO, Shinichiro; null (UsOnly)
発明者:
川合俊輔 KAWAI, Shunsuke; null
小川兼司 OGAWA, Kenji; null
橋本伸一郎 HASHIMOTO, Shinichiro; null
代理人:
岩橋文雄 IWAHASHI, Fumio; 5718501 大阪府門真市大字門真1006番地 パナソニック株式会社内 Osaka c/o Panasonic Corporation 1006, Oaza Kadoma, Kadoma-shi, Osaka 5718501, JP
優先権情報:
2007-09623302.04.2007JP
発明の名称: (EN) PLASMA DISPLAY AND DRIVING METHOD FOR PLASMA DISPLAY PANEL
(FR) DISPOSITIF D'AFFICHAGE À PLASMA ET PROCÉDÉ DE COMMANDE POUR UN ÉCRAN À PLASMA
(JA) プラズマディスプレイ装置およびプラズマディスプレイパネルの駆動方法
要約:
(EN) In a plasma display panel whose screen size is made larger and higher definition, a first ramp waveform voltage rising from a potential (Vi1) toward a potential (Vi2) is applied to scanning electrodes (SC1 to SCn) in order to stably generate a writing discharge in the initialization period of at least one subfield (first SF) of one field period. A second ramp waveform voltage is also applied to the scanning electrodes (SC1 to SCn) that allows the waveform voltage to immediately drop when it rises from a base potential toward a predetermined potential (Vers) and reaches the predetermined potential (Vers) at the end of the sustain period of each of the subfields (first SF, second SF,…).
(FR) Dans un écran à plasma dont la dimension d'écran est rendue plus grande et supérieure en définition, une première tension de forme d'onde de rampe, s'élevant à partir d'un potentiel (Vi1) vers un potentiel (Vi2), est appliquée à des électrodes de balayage (SC1 à SCn) afin de générer de façon stable une décharge d'écriture dans la période d'initialisation d'au moins un sous-champ (premier SF) d'une période de champ. Une seconde tension de forme d'onde de rampe est également appliquée aux électrodes de balayage (SC1 à SCn), qui permet à la tension de forme d'onde de chuter immédiatement lorsqu'elle s'élève d'un potentiel de base vers un potentiel prédéterminé (Vers) et atteint le potentiel prédéterminé (Vers) à la fin de la période de maintien de chacun des sous-champs (premier SF, second SF, etc.).
(JA) 大画面化、高精細化されたプラズマディスプレイパネルにおいて、書込み放電を安定に発生させるために、走査電極(SC1~SCn)に、1フィールド期間の少なくとも1つのサブフィールド(第1SF)の初期化期間において、電位Vi1から電位Vi2に向かって上昇する第1の傾斜波形電圧を印加するとともに、各サブフィールド(第1SF、第2SF、・・・)の維持期間の最後において、ベース電位から所定電位Versに向かって上昇し、前記所定電位Versに到達したら直ちに降下させる第2の傾斜波形電圧を印加する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
KR1020090104868US20110122112CN101647053