国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2008117844) アリールヒドロキシルアミンの製造法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2008/117844 国際出願番号: PCT/JP2008/055850
国際公開日: 02.10.2008 国際出願日: 27.03.2008
IPC:
C07C 239/10 (2006.01) ,C07C 239/12 (2006.01) ,B01J 31/28 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
239
窒素―ハロゲン結合を含有する化合物;ヒドロキシルアミノ化合物またはそのエーテルもしくはエステル
08
ヒドロキシルアミノ化合物またはそのエーテルもしくはエステル
10
ヒドロキシルアミノ基の窒素原子がさらに不飽和炭化水素基または,ハロゲン原子またはニトロもしくはニトロソ基で置換された炭化水素基の炭素原子に結合しているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
239
窒素―ハロゲン結合を含有する化合物;ヒドロキシルアミノ化合物またはそのエーテルもしくはエステル
08
ヒドロキシルアミノ化合物またはそのエーテルもしくはエステル
12
ヒドロキシルアミノ基の窒素原子がさらに単結合の酸素原子で置換された炭化水素基の炭素原子に結合しているもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
31
水素化物,配位錯体または有機化合物からなる触媒(重合反応においてのみ使用される触媒組成物C08)
26
グループ31/02から31/24までに分類されない無機金属化合物をさらに含有するもの
28
白金族金属,鉄族金属または銅に関するもの
出願人:
和光純薬工業株式会社 WAKO PURE CHEMICAL INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 〒5408605 大阪府大阪市中央区道修町三丁目1番2号 Osaka 1-2, Doshomachi 3-chome, Chuo-ku, Osaka-shi Osaka 5408605, JP (AllExceptUS)
独立行政法人産業技術総合研究所 National Institute of Advanced Industrial Science and Technology [JP/JP]; 〒1008921 東京都千代田区霞が関一丁目3番1号 Tokyo 3-1, Kasumigaseki 1-Chome, Chiyoda-ku Tokyo 1008921, JP (AllExceptUS)
竹中 康将 TAKENAKA, Yasumasa [JP/JP]; JP (UsOnly)
崔 準哲 CHOI, Jun-Chul [KR/JP]; JP (UsOnly)
坂倉 俊康 SAKAKURA, Toshiyasu [JP/JP]; JP (UsOnly)
安田 弘之 YASUDA, Hiroyuki [JP/JP]; JP (UsOnly)
清洲 高広 KIYOSU, Takahiro [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
竹中 康将 TAKENAKA, Yasumasa; JP
崔 準哲 CHOI, Jun-Chul; JP
坂倉 俊康 SAKAKURA, Toshiyasu; JP
安田 弘之 YASUDA, Hiroyuki; JP
清洲 高広 KIYOSU, Takahiro; JP
優先権情報:
2007-08104027.03.2007JP
2007-24058518.09.2007JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING ARYLHYDROXYLAMINE
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'ARYLHYDROXYLAMINE
(JA) アリールヒドロキシルアミンの製造法
要約:
(EN) Disclosed is a method for efficiently and safely producing an arylhydroxylamine compound under mild conditions. Specifically disclosed is a method for producing an arylhydroxylamine compound, which is characterized in that a nitroaryl compound and a hydrogen source are brought into contact with each other in the coexistence of a platinum catalyst supported by an amino group-coordinated silica and a poisoning agent.
(FR) L'invention concerne un procédé permettant de produire de manière sûre et efficace un composé d'arylhydroxylamine dans des conditions modérées. Elle concerne spécifiquement un procédé de production d'un composé d'arylhydroxylamine, qui est caractérisé par la mise en contact d'un composé de nitroaryle avec une source d'hydrogène en présence d'un catalyseur de platine sur un support de silice coordonnée à un groupe amine et d'un agent d'empoisonnement.
(JA) 課題  穏和な条件下で、効率的且つ安全にアリールヒドロキシルアミン化合物を製造する方法を提供すること 解決手段  本発明は、アミノ基配位シリカ担持白金触媒及び被毒剤の共存下、ニトロアリール化合物と水素源とを接触させることを特徴とする、アリールヒドロキシルアミン化合物の製造法、の発明である。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP2154125US20100113830CN101663265JP5425619