国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2008117792) アデノシン三リン酸測定のための蛍光標識融合タンパク質
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2008/117792 国際出願番号: PCT/JP2008/055535
国際公開日: 02.10.2008 国際出願日: 25.03.2008
予備審査請求日: 23.01.2009
IPC:
C12N 15/00 (2006.01) ,C07K 14/32 (2006.01) ,C07K 19/00 (2006.01) ,C12N 9/00 (2006.01) ,C12N 15/09 (2006.01) ,C12Q 1/68 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
14
21個以上のアミノ酸を含有するペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
195
細菌から
32
バチルス(G)から
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
19
ハイブリッドペプチド
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9
酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
Q
酵素または微生物を含む測定または試験方法そのための組成物または試験紙;その組成物を調製する方法;微生物学的または酵素学的方法における状態応答制御
1
酵素または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物;そのような組成物の製造方法
68
核酸を含むもの
出願人:
財団法人新産業創造研究機構 THE NEW INDUSTRY RESEARCH ORGANIZATION [JP/JP]; 〒6500047 兵庫県神戸市中央区港島南町1丁目5-2 Hyogo 1-5-2, Minatojima-minamimachi, Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo 6500047, JP (AllExceptUS)
国立大学法人大阪大学 OSAKA UNIVERSITY [JP/JP]; 〒5650871 大阪府吹田市山田丘1番1号 Osaka 1-1, Yamadaoka, Suita-shi, Osaka 5650871, JP (AllExceptUS)
学校法人 立教学院 RIKKYO GAKUIN [JP/JP]; 〒1718501 東京都豊島区西池袋3丁目34番1号 Tokyo 3-34-1, Nishi-Ikebukuro, Toshima-ku, Tokyo 1718501, JP (AllExceptUS)
野地 博行 NOJI, Hiroyuki [JP/JP]; JP (UsOnly)
今村 博臣 IMAMURA, Hiromi [JP/JP]; JP (UsOnly)
飯野 亮太 IINO, Ryota [JP/JP]; JP (UsOnly)
山田 康之 YAMADA, Yasuyuki [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
野地 博行 NOJI, Hiroyuki; JP
今村 博臣 IMAMURA, Hiromi; JP
飯野 亮太 IINO, Ryota; JP
山田 康之 YAMADA, Yasuyuki; JP
代理人:
庄司 隆 SHOJI, Takashi; 〒1030004 東京都中央区東日本橋3-4-1 秋場ビル6階 Tokyo 6F, Akiba Bldg. 3-4-1, Higashi-nihonbashi Chuo-ku, Tokyo 1030004, JP
優先権情報:
2007-08256027.03.2007JP
発明の名称: (EN) FLUORESCENT LABELED FUSED PROTEIN FOR ASSAYING ADENOSINE TRIPHOSPHATE
(FR) PROTÉINE FUSIONNÉE ÉTIQUETÉE FLUORESCENTE POUR DOSAGE DE L'ADÉNOSINE TRIPHOSPHATE
(JA) アデノシン三リン酸測定のための蛍光標識融合タンパク質
要約:
(EN) It is intended to provide a substance which makes it possible to highly accurately assay ATP by a convenient procedure without depending on a protein concentration. It is also intended to provide a method of assaying ATP using this substance. These objects can be achieved by a fluorescent labeled fused protein, wherein two fluorescent substances respectively serving as a donor and an acceptor in fluorescence resonance energy transfer (FRET) are individually bonded to a protein capable of undergoing a structural change depending on the binding to ATP (i.e., an &egr; protein that is a subunit of ATP synthase), and a method which comprises bringing this fluorescent labeled fused protein into contact with a test substance and then measuring the fluorescence spectrum.
(FR) L'invention concerne la fourniture d'une substance qui rend possible le dosage de manière très précise de l'ATP par un processus pratique sans dépendre d'une concentration de protéine. Il est également prévu de fournir un procédé de dosage d'ATP utilisant cette substance. Ces buts peuvent être atteints par une protéine fusionnée étiquetée fluorescente, dans laquelle deux substances fluorescentes servant respectivement de donneur et d'accepteur dans un transfert d'énergie par résonance de fluorescence (FRET) sont liées individuellement à une protéine capable de subir un changement structurel selon la liaison à l'ATP (c'est-à-dire une e-protéine qui est une sous-unité d'une ATP synthase), et par un procédé qui comprend les étapes consistant à amener cette protéine fusionnée étiquetée fluorescente en contact avec une substance de test, et ensuite à mesurer le spectre de fluorescence.
(JA)  本発明は、操作が簡便であり、タンパク質濃度に依存することなく感度の高いATPの測定を可能とする物質を提供することを課題とし、さらには、該物質を用いたATPの測定方法を提供することを課題とする。かかる課題は、ATPの結合に応じて構造変化を起こしうるタンパク質、即ちATP合成酵素のサブユニットであるεタンパク質に、蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)におけるドナー及びアクセプターとなりうる2種類の蛍光物質をそれぞれ結合させてなる蛍光標識融合タンパク質により解決され、さらには、該蛍光標識融合タンパク質を被験物質と接触させた後の蛍光スペクトルを測定することにより解決される。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP2141230US20100233692