国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2008117764) ヒンジ機構及びそれを利用した自動車のラゲッジボード構造
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2008/117764 国際出願番号: PCT/JP2008/055328
国際公開日: 02.10.2008 国際出願日: 21.03.2008
IPC:
B60R 5/04 (2006.01) ,E05F 1/10 (2006.01) ,F16C 11/04 (2006.01) ,F16C 11/12 (2006.01)
B 処理操作;運輸
60
車両一般
R
他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品
5
トランク,スーツケースまたはこれに類するもの用の,またはそれを収容できる大きさのある車両内の小室
04
車両の後部に取付けられたもの
E 固定構造物
05
錠;鍵(かぎ);窓または戸の付属品;金庫
F
ウィングを開閉位置へ動かす手段;ウィング用チェック;他類に属さないウィング部品であってウィングの機能に関するもの
1
このサブクラスの中で他に分類されないウィング用開閉器
08
ばね操作のもの
10
揺動ウィング用のもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
11
ピボット;枢着
04
枢着
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
11
ピボット;枢着
04
枢着
12
一体的なたわみ連結,例.板ばね
出願人:
盟和産業株式会社 MEIWA INDUSTRY CO., LTD. [JP/JP]; 〒2430003 神奈川県厚木市寿町3-1-1 Kanagawa 3-1-1, Kotobuki-cho, Atsugi-shi, Kanagawa 2430003, JP (AllExceptUS)
常樂 健 JOURAKU, Takeshi; null (UsOnly)
発明者:
常樂 健 JOURAKU, Takeshi; null
代理人:
三好 秀和 MIYOSHI, Hidekazu; 〒1050001 東京都港区虎ノ門一丁目2番8号 虎ノ門琴平タワー Tokyo Toranomon Kotohira Tower 2-8, Toranomon 1-chome Minato-ku, Tokyo 1050001, JP
優先権情報:
2007-08544728.03.2007JP
発明の名称: (EN) HINGE MECHANISM AND VEHICLE LUGGAGE BOARD STRUCTURE USING THE SAME
(FR) MÉCANISME D'ARTICULATION ET STRUCTURE DE PORTE-BAGAGES DE VÉHICULE UTILISANT CELUI-CI
(JA) ヒンジ機構及びそれを利用した自動車のラゲッジボード構造
要約:
(EN) In a hinge mechanism (29), a luggage board (27) and an auxiliary board (28) are turnably connected through an integral hinge (13), and a space section (S) is arranged between facing end surfaces (20, 21) of the luggage board (27) and the auxiliary board (28). A restoring force generating section (30a) of a spring member (30) is stored in the space section (S), and both end portions (31, 32) of the spring member (30) are fixed to the luggage board (27) and the auxiliary board (28), respectively.
(FR) L'invention concerne un mécanisme d'articulation (29) dans lequel un porte-bagages (27) et une plaque auxiliaire (28) sont reliés de manière à pouvoir tourner par l'intermédiaire d'une articulation en une seule pièce (13), et une section d'espace (13) est agencée entre des surfaces d'extrémité se faisant face (20, 21) du porte-bagages (27) et de la plaque auxiliaire (28). Une section de génération de force de restauration (30a) d'un élément de ressort (30) est stockée dans la section d'espace (S) et les deux parties d'extrémité (31, 32) de l'élément de ressort (30) sont fixées sur le porte-bagages (27) et la plaque auxiliaire (28), respectivement.
(JA)  ラゲッジボード27と補助ボード28とをインテグラルヒンジ13を介して回動可能に連設し、前記ラゲッジボード27及び補助ボード28の互いに対向する端面20,21間に空間部Sが設けられたヒンジ機構29であって、前記空間部Sにばね部材30の復元力発生部30aを収納するとともに、当該ばね部材30の両端部31,32をそれぞれラゲッジボード27及び補助ボード28に固定した。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
US20100026031CN101668662TH95563