国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2008117721) ラインパイプ用ベンド管の製造方法およびラインパイプ用ベンド管
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2008/117721 国際出願番号: PCT/JP2008/055107
国際公開日: 02.10.2008 国際出願日: 19.03.2008
IPC:
C21D 9/08 (2006.01) ,C21D 8/10 (2006.01) ,C22C 38/00 (2006.01) ,C22C 38/50 (2006.01)
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
9
特定の品物に用いられる熱処理,それに用いる炉,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼もどし(炉一般F27)
08
管状体およびパイプ用
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
8
熱処理と結合した変形あるいは後に熱処理を伴う変形による物理的性質の改良
10
管状体の製造中におけるもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
18
クロムを含有するもの
40
ニッケルを共に含有するもの
50
チタンまたはジルコニウムを含有するもの
出願人:
住友金属工業株式会社 SUMITOMO METAL INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 〒5410041 大阪府大阪市中央区北浜4丁目5番33号 Osaka 5-33, Kitahama 4-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5410041, JP (AllExceptUS)
岡 隆弘 OKA, Takahiro [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
岡 隆弘 OKA, Takahiro; JP
代理人:
上羽秀敏 UEBA, Hidetoshi; 〒5300043 大阪府大阪市北区天満2丁目2番1号 角野ビル4階 インテリクス国際特許事務所 Osaka Intelix International 4th Fl., Kadono Bldg. 2-1, Tenma 2-chome Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300043, JP
優先権情報:
2007-07870526.03.2007JP
発明の名称: (EN) PROCESS FOR PRODUCING BEND PIPE FOR LINE PIPE AND BEND PIPE FOR LINE PIPE
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN TUBE COUDÉ POUR TUBE DE CANALISATION ET TUBE COUDÉ POUR TUBE DE CANALISATION
(JA) ラインパイプ用ベンド管の製造方法およびラインパイプ用ベンド管
要約:
(EN) A steel pipe is provided, which comprises, by mass, 0.009% or less C, 1.0% or less Mn, 1.0% or less Si, 0.04% or less P, 0.005% or less S, 0.01 to 0.2% Ti, 0.01 to 0.10% V, 0.001 to 0.1% Al, 0.1% or less N, 4.0 to 8.0% Ni, 9.0 to 15.0% Cr, 1.5 to 7.0% Mo and the balance Fe and impurities. The provided steel pipe is bending worked into a bend pipe. The bend pipe is quenched at a temperature of below 950°C. The quenched bent pipe is tempered. Accordingly, the obtained bend pipe has excellent resistance to SSC.
(FR) L'invention propose un tube en acier qui comporte, en masse, au plus 0,009 % de C, au plus 1,0 % de Mn, au plus 1,0 % de Si, au plus 0,04 % de P, au plus 0,005 % S, 0,01 à 0,2 % de Ti, 0,01 à 0,10 % de V, 0,001 à 0,1 % de Al, au plus 0,1 % de N, 4,0 à 8,0 % de Ni, 9,0 à 15,0 % de Cr, 1,5 à 7,0 % de Mo, le reste étant du Fe et des impuretés. Le tube en acier proposé est travaillé par incurvation sous forme d'un tube coudé. Le tube coudé est trempé à une température en dessous de 950°C. Le tube coudé trempé est revenu. Par conséquent, le tube coudé obtenu a une excellente résistance à SSC.
(JA)  質量%で、C:0.009%以下、Mn:1.0%以下、Si:1.0%以下、P:0.04%以下、S:0.005%以下、Ti:0.01~0.2%、V:0.01~0.10%、Al:0.001~0.1%、N:0.1%以下、Ni:4.0~8.0%、Cr:9.0~15.0%、Mo:1.5~7.0%を含有し、残部はFe及び不純物からなる鋼管を準備する。準備された鋼管を曲げ加工してベンド管とする。ベンド管を950°C未満の焼入れ温度で焼入れする。焼入れされたベント管を焼戻しする。その結果、本発明のベンド管は、優れた耐SSC性を有する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
MXMX/a/2009/010303EP2128278CN101663411CA2680040BRPI0809608