国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2008117478) グリース組成物及び軸受
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2008/117478 国際出願番号: PCT/JP2007/058800
国際公開日: 02.10.2008 国際出願日: 24.04.2007
IPC:
C10M 169/02 (2006.01) ,F16C 33/66 (2006.01) ,C10M 105/32 (2006.01) ,C10M 115/08 (2006.01) ,C10N 30/02 (2006.01) ,C10N 30/08 (2006.01) ,C10N 40/02 (2006.01) ,C10N 50/10 (2006.01)
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
169
いずれも本質的成分であって,先行の各グループに包含される基材,増稠剤または添加剤から選ばれる少なくとも2つのタイプの配合成分の混合物を成分として含有することによって特徴づけられる潤滑組成物
02
基材と増稠剤との混合物
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
33
軸受部品;軸受または軸受部品の特別な製造方法(金属加工または類似の操作は関係クラスを参照)
30
玉軸受またはころ軸受の部品
66
潤滑からみた特別な部品または細部
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
105
非高分子有機化合物である基材によって特徴づけられる潤滑組成物
08
酸素を含有するもの
32
エステル
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
115
カルボン酸またはその塩以外の非高分子有機化合物である増稠剤によって特徴づけられる潤滑組成物
08
窒素を含有するもの
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
30
潤滑組成物を特徴づける添加剤,例.多機能性添加剤,によって改良された特定の物理的または化学的性質
02
流動点;粘度指数
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
30
潤滑組成物を特徴づける添加剤,例.多機能性添加剤,によって改良された特定の物理的または化学的性質
08
耐極温性
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
40
潤滑組成物が意図する特定の使用または応用
02
軸受
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
50
潤滑される材料に使用されている潤滑剤の形態
10
半固体;グリース状
出願人:
協同油脂株式会社 KYODO YUSHI CO., LTD. [JP/JP]; 〒2518588 神奈川県藤沢市辻堂神台二丁目2番30号 Kanagawa 2-30, Tsujido Kandai 2-chome Fujisawa-shi Kanagawa 2518588, JP (AllExceptUS)
遠藤 敏明 ENDO, Toshiaki [JP/JP]; JP (UsOnly)
大貫 裕次 ONUKI, Yuji [JP/JP]; JP (UsOnly)
今井 裕 IMAI, Yutaka [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
遠藤 敏明 ENDO, Toshiaki; JP
大貫 裕次 ONUKI, Yuji; JP
今井 裕 IMAI, Yutaka; JP
代理人:
熊倉 禎男 KUMAKURA, Yoshio; 〒1008355 東京都千代田区丸の内3丁目3番1号 新東京ビル 中村合同特許法律事務所 Tokyo NAKAMURA & PARTNERS Shin-Tokyo Bldg. 3-1, Marunouchi 3-chome Chiyoda-ku Tokyo 1008355, JP
優先権情報:
2007-07973426.03.2007JP
発明の名称: (EN) GREASE COMPOSITION AND BEARING
(FR) COMPOSITION DE GRAISSE ET ROULEMENT
(JA) グリース組成物及び軸受
要約:
(EN) A grease for bearings which shows improved penetration into lubrication parts and enables bearings to have a long life even in a high-temperature environment. It is a grease composition which comprises a base oil and a thickener and is characterized in that the base oil comprises a synthetic ester oil, the content of the synthetic ester oil being 20 mass% or higher based on the whole base oil, and the thickener comprises a diurea compound represented by the following general formula (I). (I) R1-NHCONH-R2-NHCONH-R3 In the formula, R2 represents a C6-15 divalent aromatic hydrocarbon group;and R1 and R3 are the same or different and each represents cyclohexyl or C8-22 linear or branched alkyl, provided that the proportion of the number of moles of the cyclohexyl groups to the total number of moles of the cyclohexyl groups and the C8-22 linear or branched alkyl groups is 60-95%.
(FR) La présente invention concerne une graisse pour roulements qui présente une pénétration améliorée à l'intérieur des parties de lubrification et permet aux roulements d'avoir une longue durée de vie même dans un environnement de température élevée. C'est une composition de graisse qui comprend une huile de base et un épaississant et qui est caractérisée en ce que l'huile de base comprend une huile d'ester de synthèse, la teneur en huile d'ester de synthèse étant de 20 % en poids ou plus en se basant sur la totalité de l'huile de base, et en ce que l'épaississant comprend un composé diurée représenté par la formule générale suivante (I). (I) R1-NHCONH-R2-NHCONH-R3. Dans la formule, R2 représente un groupe hydrocarbure aromatique divalent en C6 à C15 ; et R1 et R3 sont identiques ou différents et représentent chacun un cyclohexyle ou un alkyle linéaire ou ramifié en C8 à C22, à condition que la proportion du nombre de moles des groupes cyclohexyles par rapport au nombre total de moles des groupes cyclohexyles et des groupes alkyles linéaires ou ramifiés en C8 à C22 est de 60 à 95 %.
(JA)  潤滑部へのグリースの流入性が改善され、高温環境下でも軸受寿命が長い軸受用グリースを提供する。  基油と増ちょう剤を含むグリース組成物において、基油がエステル系合成油を含み、エステル系合成油の含有量が、基油全体の20質量%以上であり、増ちょう剤が下記一般式(I)で示されるジウレア化合物を含むことを特徴とするグリース組成物。 (I)    R1-NHCONH-R2-NHCONH-R3  式中、R2は炭素数6~15の2価の芳香族炭化水素基を示し、R1およびR3は、同一または異なる基であり、シクロへキシル基、または炭素数8~22の直鎖又は分岐アルキル基を示し、シクロへキシル基と炭素数8~22の直鎖又は分岐アルキル基の総モル数に対するシクロへキシル基のモル数の割合は、60~95%である。
指定国: AE, AG, AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
KR1020090106659EP2135927US20100093567CN101636477US20150225668