このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2008102690) 熱可塑性樹脂ペレット及びその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報   

国際公開番号: WO/2008/102690 国際出願番号: PCT/JP2008/052444
国際公開日: 28.08.2008 国際出願日: 14.02.2008
IPC:
C08L 101/00 (2006.01) ,B29B 9/06 (2006.01) ,B29B 9/12 (2006.01) ,C08J 3/12 (2006.01) ,C08K 5/098 (2006.01) ,C08L 23/04 (2006.01) ,C08L 25/10 (2006.01) ,B29K 23/00 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
101
不特定の高分子化合物の組成物
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
B
成形材料の準備または前処理;造粒または予備成形品の成形;プラスチックを含む廃棄物からプラスチックまたはその他の成分の回収
9
造粒
02
予備成形した材料の細断によるもの
06
フィラメント材料の,例.押出しと組み合わされたもの
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
B
成形材料の準備または前処理;造粒または予備成形品の成形;プラスチックを含む廃棄物からプラスチックまたはその他の成分の回収
9
造粒
12
構造または組成に特徴があるもの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
3
高分子物質の処理方法または混合方法
12
粉末化または粒状化
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
5
有機配合成分の使用
04
酸素含有化合物
09
カルボン酸;その金属塩;その無水物
098
カルボン酸の金属塩
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
23
ただ1個の炭素―炭素二重結合を有する不飽和脂肪族炭化水素の単独重合体または共重合体の組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
02
化学的な後処理によって変性されていないもの
04
エテンの単独重合体または共重合体
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
25
ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,その少くとも1つが芳香族炭素環によって停止されている化合物の単独重合体または共重合体の組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
02
炭化水素の単独重合体または共重合体
04
スチレンの単独重合体または共重合体
08
スチレンの共重合体
10
共役ジエンとの
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
K
サブクラスB29B,B29CまたはB29Dに関連する成形材料,あるいは補強材,充填材,予備成形部品(たとえば挿入物)用の材料についてのインデキシング系列
23
ポリアルケンを成形材料として使用
出願人:
小松 威久男 KOMATSU, Ikuo [JP/JP]; JP (UsOnly)
成川 美子 NARIKAWA, Yoshiko [JP/JP]; JP (UsOnly)
山口 裕司 YAMAGUCHI, Yuji [JP/JP]; JP (UsOnly)
後藤 弘明 GOTO, Hiroaki [JP/JP]; JP (UsOnly)
東洋製罐株式会社 TOYO SEIKAN KAISHA, LTD. [JP/JP]; 〒1008522 東京都千代田区内幸町1丁目3番1号 Tokyo 1-3-1, Uchisaiwai-cho, Chiyoda-ku, Tokyo 1008522, JP (AllExceptUS)
発明者:
小松 威久男 KOMATSU, Ikuo; JP
成川 美子 NARIKAWA, Yoshiko; JP
山口 裕司 YAMAGUCHI, Yuji; JP
後藤 弘明 GOTO, Hiroaki; JP
代理人:
熊倉 禎男 KUMAKURA, Yoshio; 〒1008355 東京都千代田区丸の内3丁目3番1号 新東京ビル 中村合同特許法律事務所 Tokyo NAKAMURA & PARTNERS Shin-Tokyo Bldg. 3-1, Marunouchi 3-chome Chiyoda-ku, Tokyo 1008355, JP
優先権情報:
2007-03758419.02.2007JP
発明の名称: (EN) THERMOPLASTIC RESIN PELLET AND METHOD FOR PRODUCTION THEREOF
(FR) PASTILLE DE RÉSINE THERMOPLASTIQUE ET SON PROCÉDÉ DE FABRICATION
(JA) 熱可塑性樹脂ペレット及びその製造方法
要約:
(EN) Disclosed is a thermoplastic resin pellet comprising a thermoplastic resin (A) and an oxidation catalyst (B) which is not supported on any carrier. In the pellet, the area ratio Ic/Im on the surface of the pellet is larger than that in the inside of the pellet, wherein Ic represents an area of a peak which appears around 1715 cm-1 and Im represents an area of a peak which appears around 1470 cm-1 in the measurement of IR spectra of the pellet. The pellet has an excellent oxygen-absorbing ability, and therefore can be used as a pellet for producing an oxygen-absorbable resin article.
(FR) L'invention porte sur une pastille de résine thermoplastique comprenant une résine thermoplastique (A) et un catalyseur d'oxydation (B) qui n'est pas supporté sur un quelconque support. Dans la pastille, l'aire de surface Ic/Im sur la surface de la pastille est supérieure à celle dans l'intérieur de la pastille, Ic représentant une aire d'un pic qui apparaît autour de 1715 cm-1 et Im représentant une aire d'un pic qui apparaît autour de 1470 cm-1 dans la mesure des spectres IR de la pastille. La pastille a une excellente aptitude à l'absorption d'oxygène et, par conséquent, peut être utilisée comme pastille pour produire un article de résine absorbable par l'oxygène.
(JA)  熱可塑性樹脂(A)及び担体に担持されていない酸化触媒(B)を含む樹脂ペレットであって、該ペレットのIRスペクトルの測定において、1715cm-1付近のピーク面積をIcとし、1470cm-1付近のピーク面積をImとしたときに、面積比Ic/Imの値がペレット内部よりもペレット表面の方が大きい熱可塑性樹脂ペレット。このペレットは、酸素吸収性樹脂物品形成用ペレットとして好適に使用することができる酸素吸収能に優れた熱可塑性樹脂ペレットである。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)