WIPO logo
Mobile | Deutsch | English | Español | Français | 한국어 | Português | Русский | 中文 | العربية |
PATENTSCOPE

国際・国内特許データベース検索
World Intellectual Property Organization
オプション
検索言語
語幹処理適用
並び替え:
表示件数
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2008102680) ハイパーブランチポリマー及びその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報   

国際公開番号: WO/2008/102680 国際出願番号: PCT/JP2008/052362
国際公開日: 28.08.2008 国際出願日: 13.02.2008
IPC:
C08G 69/26 (2006.01) ,C07C 231/12 (2006.01) ,C07C 233/36 (2006.01) ,C07C 269/06 (2006.01) ,C07C 271/20 (2006.01) ,C07B 61/00 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
69
高分子の主鎖にカルボン酸アミド連結基を形成する反応により得られる高分子化合物
02
アミノカルボン酸からまたはポリアミンおよびポリカルボン酸から誘導されるポリアミド
26
ポリアミンおよびポリカルボン酸から誘導されるもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
231
カルボン酸アミドの製造
12
カルボン酸アミド基の形成の関与しない反応による製造
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
233
カルボン酸アミド
01
カルボン酸アミド基の炭素原子が水素原子または非環式炭素原子に結合しているもの
34
少なくとも1個のカルボン酸アミド基の窒素原子がアミノ基で置換された炭化水素基の炭素原子に結合しているもの
35
置換された炭化水素基がカルボン酸アミド基の窒素原子に非環式炭素原子によって結合しているもの
36
カルボン酸アミド基の炭素原子が水素原子または非環式飽和炭素骨格の炭素原子に結合しているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
269
カルバミン酸誘導体,すなわち以下の基のいずれかを含有する化合物,の製造「図」,「図」,「図」,「図」または「図」(窒素原子はニトロまたはニトロソ基の一部ではない)
06
カルバマート基の形成の関与しない反応によるもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
271
カルバミン酸誘導体,すなわち,以下のいずれかを含有する化合物「図」,「図」,「図」,「図」または「図」(窒素原子はニトロまたはニトロソ基の一部ではない)
06
カルバミン酸エステル
08
カルバマート基の酸素原子が非環式炭素原子に結合しているもの
10
カルバマート基の窒素原子が水素原子または非環式炭素原子に結合しているもの
20
ニトロもしくはニトロソ基の一部でない窒素原子で置換された炭素水素基の炭素原子に結合しているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
B
有機化学の一般的方法あるいはそのための装置
61
他の一般的方法
出願人: TAKEMOTO, Hiroki[JP/JP]; JP (UsOnly)
OZAWA, Masaaki[JP/JP]; JP (UsOnly)
NISSAN CHEMICAL INDUSTRIES, LTD.[JP/JP]; 7-1, Kanda-Nishiki-cho 3-chome, Chiyoda-ku Tokyo 1010054, JP (AllExceptUS)
発明者: TAKEMOTO, Hiroki; JP
OZAWA, Masaaki; JP
代理人: HANABUSA, Tsuneo; c/o Hanabusa Patent Office, Shin-Ochanomizu Urban Trinity, 2, Kandasurugadai 3-chome, Chiyoda-ku Tokyo 1010062, JP
優先権情報:
2007-03798019.02.2007JP
発明の名称: (EN) HYPERBRANCHED POLYMER AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME
(FR) POLYMÈRE HYPER-RAMIFIÉ ET SON PROCÉDÉ DE PRODUCTION
(JA) ハイパーブランチポリマー及びその製造方法
要約:
(EN) Disclosed is a hyperbranched polymer having a main chain of polyamide structure and a terminal amino group, which does not require a large amount of an organic solvent during production. This hyperbranched polymer has high transparency and high storage stability, and is mass producible by a simple process. Also disclosed are a method for producing such a hyperbranched polymer, a method for producing a monomer which is used in the method for producing the polymer, a varnish of the polymer, a coating film composed of the polymer, and a solid support coated with the polymer. Specifically disclosed is a hyperbranched polymer having a structurerepresented by the following formula (1). (In the formula, A1 represents a straight, branched or cyclic alkylene group having 1-30 carbon atoms and optionally containing an amide bond or an ether bond in the group, or a phenylene group having 6-10 carbon atoms; A2 and A3 represent a straight, branched or cyclic alkylene group having 1-30 carbon atoms and optionally containing an amide bond or an ether bond in the group; and n represents an integer of 2-100,000.)
(FR) L'invention concerne un polymère hyper-ramifié ayant une chaîne principale de structure polyamide et un groupe amino terminal, qui n'exige pas une grande quantité de solvant organique pendant la production. Ce polymère hyper-ramifié a une transparence élevée et une stabilité au stockage élevée et est productible en masse par un simple processus. L'invention divulgue également un procédé de production d'un tel polymère hyper-ramifié, un procédé de production d'un monomère utilisé dans le procédé de production du polymère, un vernis du polymère, un film de revêtement composé du polymère, et un support solide revêtu avec le polymère. L'invention divulgue spécifiquement un polymère hyper-ramifié ayant une structure représentée par la formule suivante (1). (Dans la formule, A1 représente un groupe alcylène droit, cyclique ou ramifié ayant 1-30 atomes de carbone et contenant éventuellement une liaison amide ou une liaison éther dans le groupe, ou un groupe phénylène ayant 6-10 atomes de carbone; A2 et A3 représentent un groupe alcylène droit, ramifié ou cyclique ayant de 1-30 atomes de carbone et contenant éventuellement une liaison amide ou une liaison éther dans le groupe; et n représente un nombre entier de 2-100,000.)
(JA) 【課題】透明性が高く、製造時に多量の有機溶媒を必要とせず、簡便且つ大量生産できる、主鎖がポリアミド構造であり、末端基にアミノ基を有する保存安定性の高いハイパーブランチポリマー、該ポリマーの製造方法及びそれに使用するモノマーの製造方法、並びに、該ポリマーのポリマーのワニス、該ポリマーからなる被膜、該ポリマーを被膜した固相担体の提供を課題とする。 【解決手段】式(1): (式中、A1は基中にアミド結合又はエーテル結合を含有することができる炭素原子数1ないし30の直鎖状、分枝状又は環状のアルキレン基、又は炭素原子数6ないし10のフェニレン基を表し、A2及びA3は基中にアミド結合又はエーテル結合を含有することができる炭素原子数1ないし30の直鎖状、分枝状又は環状のアルキレン基を表し、nは2ないし100,000の整数を表す。)で表される構造を有するハイパーブランチポリマー。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)