国際・国内特許データベース検索

1. (WO2008102573) 高強度ばね用鋼線及び高強度ばね並びにそれらの製造方法

Pub. No.:    WO/2008/102573    International Application No.:    PCT/JP2008/050226
Publication Date: Fri Aug 29 01:59:59 CEST 2008 International Filing Date: Tue Jan 08 00:59:59 CET 2008
IPC: C22C 38/00
C21D 9/02
C21D 9/52
C22C 38/04
C22C 38/60
F16F 1/02
Applicants: NIPPON STEEL CORPORATION
新日本製鐵株式会社
KUBOTA, Manabu
久保田学
HASHIMURA, Masayuki
橋村雅之
Inventors: KUBOTA, Manabu
久保田学
HASHIMURA, Masayuki
橋村雅之
Title: 高強度ばね用鋼線及び高強度ばね並びにそれらの製造方法
Abstract:
本発明は、腐食疲労特性に優れた高強度ばね及び高強度ばね用鋼線、並びにそれらの製造方法を提供するもので、質量%で、C:0.35~0.50%、Si:1.00~3.00%、Mn:0.10~2.00%を含有し、P:0.015%以下、S:0.015%以下に制限し、残部がFe及び不可避的不純物からなり、50℃から600℃までの温度範囲を0.25℃/sで昇温して示差走査熱量を測定した際に、発熱反応のピークが450℃以上のみに存在することを特徴とする高強度ばね用鋼線、高強度ばね。焼戻し温度T[K]、焼戻し時間t[s]及びSiの含有量Si%[質量%]が下記を満足する条件で、焼戻し処理を行うことを特徴とする高強度ばねの製造方法。16000≦(T−40×〔Si%〕)×(31.7+logt)≦23000。