国際・国内特許データベース検索

1. (WO2008096754) うで部位又はもも部位の脱骨方法及び装置、並びに該装置における切断動作を実行させるためのプログラム

Pub. No.:    WO/2008/096754    International Application No.:    PCT/JP2008/051864
Publication Date: Fri Aug 15 01:59:59 CEST 2008 International Filing Date: Wed Feb 06 00:59:59 CET 2008
IPC: A22C 17/00
Applicants: MAYEKAWA MFG. CO., LTD.
株式会社前川製作所
UMINO, Tatsuya
海野 達哉
KOZU, Shozo
神津 昭三
USUI, Hiroyuki
碓氷 弘之
GOTO, Osamu
後藤 修
UYAMA, Tomohiro
宇山 智大
Inventors: UMINO, Tatsuya
海野 達哉
KOZU, Shozo
神津 昭三
USUI, Hiroyuki
碓氷 弘之
GOTO, Osamu
後藤 修
UYAMA, Tomohiro
宇山 智大
Title: うで部位又はもも部位の脱骨方法及び装置、並びに該装置における切断動作を実行させるためのプログラム
Abstract:
食肉用家畜屠体のうで部位又はもも部位の除骨作業において、従来人手で行なっていた筋入れ工程を自動化し、かつ除骨工程を簡素化して処理能力を高めるため、ワーク1の足首部をクランプ装置11によって懸垂しながら移動し、ワーク1のひざ関節5を含め骨の表面に沿って該骨の長手方向に筋入れする工程と、筋入れされたワーク1を懸垂移動しながら、該移動方向下流側に向かって下方に傾斜して配置されワーク1の足首部が挿入可能な大きさの凹部72を有する板状セパレータ71の該凹部に該クランプ位置下方の足首部を挿入する工程と、板状セパレータ71で肉部を上方から押えながらワーク1をクランプ装置11によりさらに移動させることにより、ワーク1の足首部を凹部72に対して斜め上方に引張り力を与えて、該骨の周囲に付着した肉を下方に引き剥す工程とからなる。