国際・国内特許データベース検索

1. (WO2008093802) 固体高分子形燃料電池用膜電極接合体の製造方法および固体高分子形燃料電池の製造方法

Pub. No.:    WO/2008/093802    International Application No.:    PCT/JP2008/051567
Publication Date: Fri Aug 08 01:59:59 CEST 2008 International Filing Date: Fri Feb 01 00:59:59 CET 2008
IPC: H01M 8/02
H01M 4/88
H01M 8/10
Applicants: ASAHI GLASS COMPANY, LIMITED
旭硝子株式会社
PANASONIC CORPORATION
パナソニック株式会社
TANUMA, Toshihiro
田沼 敏弘
Inventors: TANUMA, Toshihiro
田沼 敏弘
Title: 固体高分子形燃料電池用膜電極接合体の製造方法および固体高分子形燃料電池の製造方法
Abstract:
 広範な電流密度範囲内において高い出力電圧が得られる固体高分子形燃料電池用膜電極接合体および固体高分子形燃料電池の製造方法の提供。  固体高分子形燃料電池用膜電極接合体のアノードおよびカソードの少なくとも一方を、基材上に、触媒とイオン交換樹脂とを含む第1の塗工液を塗工して触媒層を形成する触媒層形成工程と、前記触媒層の上に、カーボンファイバーとイオン交換樹脂とを含む第2の塗工液を塗工して、当該固体高分子形燃料電池用膜電極接合体の最外層となるガス拡散層を形成するガス拡散層形成工程と、前記基材を触媒層から剥離する剥離工程とを経て作製する。該固体高分子形燃料電池用膜電極接合体を、表面にガスの流路が形成された2枚のセパレータの間に、最外層の表面がそれぞれ前記セパレータに隣接するように配置し、前記ガス拡散層と前記セパレータとを隣接させる。