このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2008093720) グリセロ糖脂質リパーゼ
国際事務局に記録されている最新の書誌情報   

国際公開番号: WO/2008/093720 国際出願番号: PCT/JP2008/051386
国際公開日: 07.08.2008 国際出願日: 30.01.2008
IPC:
C12N 15/09 (2006.01) ,C12N 1/14 (2006.01) ,C12N 9/20 (2006.01) ,C12R 1/66 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9
酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
14
加水分解酵素(3.)
16
エステル結合に作用するもの(3.1)
18
カルボン酸エステル加水分解酵素
20
トリグリセリドを分解する,例.リパーゼによるもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
R
サブクラスC12CからC12Qに関連し,微生物に関したインデキシング系列
1
微生物
645
菌類
66
アスペルギルス
出願人:
塚崎 かおる TSUKAZAKI, Kaoru; null (UsOnly)
深沢 徹也 FUKAZAWA, Tetsuya; null (UsOnly)
田中 一新 TANAKA, Isshin; null (UsOnly)
三菱化学フーズ株式会社 MITSUBISHI-KAGAKU FOODS CORPORATION [JP/JP]; 〒1050011 東京都港区芝公園二丁目11番1号 Tokyo 11-1, Shiba-Koen 2-chome, Minato-ku, Tokyo 1050011, JP (AllExceptUS)
発明者:
塚崎 かおる TSUKAZAKI, Kaoru; null
深沢 徹也 FUKAZAWA, Tetsuya; null
田中 一新 TANAKA, Isshin; null
代理人:
津国 肇 TSUKUNI, Hajime; 〒1050001 東京都港区虎ノ門1丁目22番12号 SVAX TSビル Tokyo SVAX TS Bldg., 22-12, Toranomon 1-chome, Minato-ku, Tokyo 1050001, JP
優先権情報:
2007-01873130.01.2007JP
発明の名称: (EN) GLYCEROGLYCOLIPID LIPASE
(FR) LIPASE GLYCÉROLIPIDIQUE
(JA) グリセロ糖脂質リパーゼ
要約:
(EN) Disclosed is a glyceroglycolipid lipase which is highly safe, can hydrolyze a neutral fat, a glycerophospholipid or a glyceroglycolipid at about pH 6, is thermally stable to some extent, can hydrolyze lecithin, cannot hydrolyze lysolecithin, can rise a bread when used singly in the production of the bread, and has no unpleasant odor. Specifically disclosed is a glyceroglycolipid lipase derived from a filamentous bacterium Aspergillus japonicus.
(FR) La présente invention concerne une lipase glycérolipidique très sûre, capable d'hydrolyser une graisse neutre, un glycérophospholipide ou un glycéroglycolipide à un pH de 6 environ, thermiquement stable jusqu'à une certaine mesure, capable d'hydrolyser la lécithine, incapable d'hydrolyser la lysolécithine, capable de lever le pain lorsqu'elle est utilisée seule lors de la production de pain et ne dégage aucune odeur désagréable. L'invention porte plus particulièrement sur une lipase glycéroglycolipidique dérivée d'une bactérie filamenteuse l'Aspergillus japonicus.
(JA)  安全性に優れ、中性脂肪およびグリセロリン脂質およびグリセロ糖脂質をpH6付近で加水分解する能力を有し、ある程度熱的に安定であり、レシチンを加水分解するとともに、リゾレシチンは加水分解しない性質を有し、製パン用途に用いると、単剤で膨らみ効果があり、不適当な臭いが残存しない、グリセロ糖脂質リパーゼの提供。  糸状菌アスペルギルス・ジャポニクス(Aspergillus japonicus)に由来するグリセロ糖脂質リパーゼ。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)