国際・国内特許データベース検索

1. (WO2008035623) エンジンの排ガス浄化装置

Pub. No.:    WO/2008/035623    International Application No.:    PCT/JP2007/067903
Publication Date: 2008/03/27 International Filing Date: 2007/09/14
IPC: F01N 3/08
B01D 53/56
B01D 53/74
B01D 53/86
B01D 53/94
F01N 3/02
F01N 3/24
F01N 3/28
F02D 23/02
F02D 41/04
F02D 41/38
F02D 45/00
Applicants: Hino Motors, Ltd.
日野自動車株式会社
HOSOYA, Mitsuru
細谷 満
KAWADA, Yoshihiro
川田 吉弘
Inventors: HOSOYA, Mitsuru
細谷 満
KAWADA, Yoshihiro
川田 吉弘
Title: エンジンの排ガス浄化装置
Abstract:
【課題】排ガスの温度が比較的低温時においても排ガス中のNOxを有効に排除する。 【解決手段】排ガス浄化装置は、排気管16に設けられた選択還元型触媒21と、その上流側に設けられた液体噴射ノズル23と、液体噴射ノズルを介して尿素系液体32を噴射可能な液体噴射手段30と、コントローラ44と、ミキサ26とを備える。選択還元型触媒21より下流側に設けられたアンモニア浄化触媒54と、ノズル23より上流側に設けられたパティキュレートフィルタ51と、それより上流側に設けられた酸化触媒53と、選択還元型触媒21の温度を検出する温度センサ43とを備える。燃料噴射装置はピストンの上死点の後に燃料をシリンダに噴射可能に構成され、選択還元型触媒21が所定の温度以下であることを温度センサが検出したときコントローラはピストンの上死点の後に燃料をシリンダに噴射するように燃料噴射装置を制御する。