処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2007129550 - ロータリーエンジン

公開番号 WO/2007/129550
公開日 15.11.2007
国際出願番号 PCT/JP2007/058612
国際出願日 20.04.2007
IPC
F01C 1/22 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
C回転ピストン式または揺動ピストン式機械または機関
1回転ピストン式機械または機関
22内部軸形式で係合点において共動部材が同方向の動きをなし,または共動部材の一つが静止しており,そして内側部材が外側部材よりも多くの歯または歯に相当する部分をもつもの
F01C 21/06 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
C回転ピストン式または揺動ピストン式機械または機関
21構成部品,細部および付属品でグループF01C1/00~F01C20/00に分類されないもの
06加熱;冷却;断熱
F01C 21/18 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
C回転ピストン式または揺動ピストン式機械または機関
21構成部品,細部および付属品でグループF01C1/00~F01C20/00に分類されないもの
18作業流体の供給または排出のための設備,例.注入または排出の構造に特徴のあるもの
F03G 7/06 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
03液体用機械または機関;風力原動機,ばね原動機,重力原動機;他類に属さない機械動力または反動推進力を発生するもの
Gばね,重力,慣性または同様な原動機;機械的動力を生み出す装置または機構であって,他類に属しないものまたは他類に属しないエネルギ源を用いるもの
7機械的動力を生み出す装置または機構であって,他類に属しないものまたは他類に属しないエネルギ源を用いるもの
06加熱,冷却,加湿,乾燥などによる物体の膨張または収縮を用いるもの
CPC
F02B 2053/005
FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
02COMBUSTION ENGINES; HOT-GAS OR COMBUSTION-PRODUCT ENGINE PLANTS
BINTERNAL-COMBUSTION PISTON ENGINES; COMBUSTION ENGINES IN GENERAL
53Internal-combustion aspects of rotary-piston or oscillating-piston engines
005Wankel engines
F02B 53/00
FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
02COMBUSTION ENGINES; HOT-GAS OR COMBUSTION-PRODUCT ENGINE PLANTS
BINTERNAL-COMBUSTION PISTON ENGINES; COMBUSTION ENGINES IN GENERAL
53Internal-combustion aspects of rotary-piston or oscillating-piston engines
Y02T 10/12
YSECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
TCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO TRANSPORTATION
10Road transport of goods or passengers
10Internal combustion engine [ICE] based vehicles
12Improving ICE efficiencies
出願人
  • 佐々木 耕司 SASAKI, Koji [JP]/[JP]
発明者
  • 佐々木 耕司 SASAKI, Koji
代理人
  • 吉田 茂明 YOSHIDA, Shigeaki
優先権情報
2006-12883808.05.2006JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) ROTARY ENGINE
(FR) MOTEUR ROTATIF
(JA) ロータリーエンジン
要約
(EN)
A rotary engine (1) is formed by receiving a substantially triangular rotor (20) in a cocoon-shaped housing (10) having an inner peripheral surface (10a) of a trochoid curve. An intake pipe (50) and an exhaust pipe (60) are communicated to the housing, and base end sections of the pipes are communicated with each other and shut off from exterior space. On the inner peripheral surface of the housing are formed a cooling region (11) cooled by a cooling mechanism (13) and a heating region (12) heated by a heating mechanism (14). In each of three operation chambers (30) formed between the housing and the rotor, gas sucked from the intake pipe contracts by being cooled by the cooling region and then expands by being heated by the heating region. Such contraction and expansion of the gas apply rotational force to the rotor.
(FR)
L'invention concerne un moteur rotatif (1) formé par introduction d'un rotor sensiblement triangulaire (20) dans un boîtier en forme de cocon (10) dont la surface périphérique interne (10a) est une courbe trochiforme. Un tuyau d'admission (50) et un tuyau d'échappement (60) sont reliés au boîtier et les sections inférieures des tuyaux sont reliées entre elles et isolées de l'extérieur. Sur la surface périphérique interne du boîtier, sont formées une région de refroidissement (11), refroidie par un mécanisme de refroidissement (13), et une région de chauffage (12), chauffée par un mécanisme de chauffage (14). Dans chacune des trois chambres de fonctionnement (30) formées entre le boîtier et le rotor, le gaz aspiré par le tuyau d'admission se contracte par refroidissement dans la région de refroidissement, puis se dilate lorsqu'il est chauffé dans la région de chauffage. La contraction, puis la dilatation du gaz exercent une force de rotation au rotor.
(JA)
 ロータリーエンジン(1)は、トロコイド曲線の内周面(10a)を有する繭状のハウジング(10)内に略三角形のロータ(20)を収容して構成される。ハウジングには吸気管(50)および排気管(60)が連通接続されており、これらの基端部は相互に連通接続されて外部空間と遮断されている。ハウジングの内周面には冷却機構(13)によって冷却される冷却領域(11)と加熱機構(14)によって加熱される加熱領域(12)とが形成されている。ハウジングとロータとの間に形成された3つの作動室(30)のそれぞれでは、吸気管から吸気した気体が冷却領域によって冷却されて収縮し、その後加熱領域によって加熱されて膨張し、これらの気体収縮・気体膨張によってロータに回転力が与えられる。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報