処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2007123202 - 表示装置およびその製造方法、パターン表示方法、ならびにブラインド装置およびブラインド方法

注意: このテキストは、OCR 処理によってテキスト化されたものです。法的な用途には PDF 版をご利用ください。

[ JA ]

請求の範囲

[I] 導光板と、この導光板の少なくとも一方の端面側に設けられた少なくとも 1つの光源 とを備え、

前記導光板には、前記光源力出射されて端面側から入射した光を表面側に反射 する反射面を有する 1または複数のドット状反射部からなる表示部が形成され、 前記表示部の前記ドット状反射部力の反射光が視認可能とされている表示装置

[2] 前記ドット状反射部は、導光板に形成されたドット状の切欠き力なる請求項 1に記 載の表示装置。

[3] 前記ドット状反射部の反射面は、平滑な平面である請求項 1に記載の表示装置。

[4] 前記表示部は、複数のドット状反射部からなり、これらドット状反射部からの反射光 が所定のパターンをなすことが視認できるように形成されている請求項 1または 2に記 載の表示装置。

[5] 前記表示部のドット状反射部は、文字、記号、図形、模様、またはこれらのうち 2以 上の組み合わせをなすように配列して、る請求項 4に記載の表示装置。

[6] 前記導光板を複数備え、該導光板が積層されている請求項 1〜5のうちいずれか 1 項に記載の表示装置。

[7] 前記導光板を複数備え、該導光板が厚さ方向に間隔をお、て配置されて!、る請求 項 1〜5のうちいずれか 1項に記載の表示装置。

[8] 前記導光板を複数備え、該導光板がひとつの面内に並んで配置されている請求項

1〜5のうちいずれか 1項に記載の表示装置。

[9] 前記導光板のうち少なくとも 1つは、少なくとも一部が湾曲して形成されている請求 項 1〜8のうちいずれか 1項に記載の表示装置。

[10] ドット状反射部の反射面は、前記導光板の表面に対する角度が、 45度以上 60度 以下である請求項 1〜9のうちいずれか 1項に記載の表示装置。

[II] 前記ドット状反射部は、平面視して略矩形状とされ、その縦横比は 10 : 1から 1: 1ま での範囲である請求項 1〜10のうちいずれか 1項に記載の表示装置。

[12] 前記ドット状反射部は、平面視して略矩形状か、台形状か、三角形状か、円形状か

、円の一部を切り取った形状力選択される形状である請求項 1〜10のうちいずれか

1項に記載の表示装置。

[13] 前記光源は、前記複数の導光板にそれぞれ設けられている請求項 6〜8のうちい ずれか 1項に記載の表示装置。

[14] 前記複数の導光板に対する光源の相対位置は、前記複数の導光板のうち 1つに光 を入射可能な位置から、他の導光板のうち 1つに光を入射可能な位置まで可変とさ れて、る請求項 6〜8のうち、ずれか 1項に記載の表示装置。

[15] 前記光源は、前記導光板の延在方向に沿って延在して形成されている請求項 1〜

13のうちいずれか 1項に記載の表示装置。

[16] 前記光源は、複数の発光ダイオードが所定方向に配列されたものである請求項 14 に記載の表示装置。

[17] 請求項 1〜15のうちいずれか 1項に記載の表示装置を製造する方法であって、 前記ドット状反射部に応じた形状の刃部を有する加工具を用い、前記刃部と前記 導光板のうち一方または両方を前記導光板の材料の軟化点以上の温度に加熱し、 前記刃部を前記導光板に押し込むことによって前記ドット状反射部を形成する表示 装置の製造方法。

[18] 請求項 5に記載の表示装置を製造する方法であって、

請求項 5に記載の文字、記号、図形、模様、またはこれらのうち 2以上の組み合わ せに対応する前記ドット状反射部に応じた形状の雄型が形成された金型により、前 記ドット状反射部が形成された導光板をプレス成形または射出成形する表示装置の 製造方法。

[19] 反射面を有する 1または複数のドット状反射部からなるパターンをなす表示部が形 成された導光板と、この導光板の少なくとも一方の端面側に設けられた少なくとも 1つ の光源とを用い、

前記光源からの光を前記導光板の端面側から入射させ、前記ドット状反射部で前 記表面側に反射させて表面側から出射させることによって、前記パターンの反射光を 表示するパターン表示方法。

[20] 前記光源の発光時間、発光量、発光色のうち 1または 2以上を変動させることにより 前記反射光の前記パターンに変化を付与する請求項 19記載のパターン表示方法。

[21] 導光板と、この導光板の少なくとも一方の端面側に設けられた少なくとも 1つの光源 とを備え、

前記導光板には、前記光源力出射されて端面側から入射した光を表面側に反射 する反射面を有する 1または複数のドット状反射部からなる表示部が形成され、 前記表示部の前記ドット状反射部力の反射光が視認可能とされているブラインド 装置。

[22] 反射面を有する 1または複数のドット状反射部からなる表示部が形成された導光板 と、この導光板の少なくとも一方の端面側に設けられた少なくとも 1つの光源とを用い

前記光源からの光を前記導光板の端面側から入射させ、前記ドット状反射部で反 射させて前記導光板の表面側力出射させることによって、背景視認性を低下させる ブラインド方法。