国際・国内特許データベース検索

1. (WO2007119790) 膨化たばこ原料のためのフレーバを製造する装置及びその製造方法

Pub. No.:    WO/2007/119790    International Application No.:    PCT/JP2007/058087
Publication Date: Fri Oct 26 01:59:59 CEST 2007 International Filing Date: Fri Apr 13 01:59:59 CEST 2007
IPC: A24B 3/12
A24B 15/24
A24B 15/42
Applicants: JAPAN TOBACCO INC.
日本たばこ産業株式会社
UEMATSU, Hiromi
植松宏海
NAKANISHI, Yukio
中西幸雄
Inventors: UEMATSU, Hiromi
植松宏海
NAKANISHI, Yukio
中西幸雄
Title: 膨化たばこ原料のためのフレーバを製造する装置及びその製造方法
Abstract:
 膨化たばこ原料のためのフレーバを製造する装置は、たばこ原料Aに超臨界状態の二酸化炭素を接触させ、この二酸化炭素にたばこ成分を溶解させる抽出容器(2)と、抽出容器(2)に接続され、二酸化炭素に溶解したたばこ成分から、たばこ成分の脂溶性部分を分離して回収する分離容器(14)と、この後、抽出容器(2)と純水を蓄えた吸収容器(38)との間にて超臨界状態の二酸化炭素を活性炭の浄化層(4)により浄化しながら循環させ、純水にたばこ成分の水溶性部分を吸収させる循環経路と、たばこ成分の水溶性部分を吸収した純水を吸収水として吸収容器(38)から回収する回収容器(52)とを有し、たばこ成分の脂溶性部分及び吸収水はフレーバとしての第1及び第2フレーバ要素の生成に使用される。