WIPO logo
Mobile | Deutsch | English | Español | Français | 한국어 | Português | Русский | 中文 | العربية |
PATENTSCOPE

国際・国内特許データベース検索
World Intellectual Property Organization
オプション
検索言語
語幹処理適用
並び替え:
表示件数
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2007119787) 心筋細胞の分化制御を司る脱リン酸化酵素
国際事務局に記録されている最新の書誌情報   

国際公開番号: WO/2007/119787 国際出願番号: PCT/JP2007/058079
国際公開日: 25.10.2007 国際出願日: 12.04.2007
IPC:
C12N 15/00 (2006.01) ,A61K 35/76 (2006.01) ,A61K 38/43 (2006.01) ,A61K 48/00 (2006.01) ,A61P 43/00 (2006.01) ,C07K 14/435 (2006.01) ,C07K 16/40 (2006.01) ,C07K 19/00 (2006.01) ,C12N 1/15 (2006.01) ,C12N 1/19 (2006.01) ,C12N 1/21 (2006.01) ,C12N 5/10 (2006.01) ,C12N 9/16 (2006.01) ,C12N 9/99 (2006.01) ,C12N 15/09 (2006.01) ,C12P 13/04 (2006.01) ,C12Q 1/02 (2006.01) ,G01N 33/15 (2006.01) ,G01N 33/50 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
35
構造未知の物質または反応生成物を含有する医薬品製剤
66
微生物からの物質
76
ウイルス
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
38
ペプチドを含有する医療製剤
16
21以上のアミノ酸をもつペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
43
酵素;酵素前駆体;それらの誘導体
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
48
遺伝子疾病を治療するために生体の細胞内に挿入する遺伝子物質を含有する医療用製剤;遺伝子治療
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
43
グループ1/00から41/00に展開されていない特殊な目的の医薬
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
14
21個以上のアミノ酸を含有するペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
435
動物から;ヒトから
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
16
免疫グロブリン,例.モノクローナル抗体またはポリクローナル抗体
40
酵素に対するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
19
ハイブリッドペプチド
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
15
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
16
酵母;そのための培地
19
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
20
細菌;そのための培地
21
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
10
外来遺伝物質の導入によって修飾された細胞,例.ウイルス形質転換細胞
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9
酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
14
加水分解酵素(3.)
16
エステル結合に作用するもの(3.1)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9
酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
99
化学処理による酵素の不活性化
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
13
窒素原子を含む有機化合物の製造
04
α―またはβ―アミノ酸
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
Q
酵素または微生物を含む測定または試験方法そのための組成物または試験紙;その組成物を調製する方法;微生物学的または酵素学的方法における状態応答制御
1
酵素または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物;そのような組成物の製造方法
02
生きた微生物を含むもの
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33
グループ1/00から31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
15
医薬
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33
グループ1/00から31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
48
生物学的材料,例.血液,尿;血球計
50
生物学的材料,例.血液,尿,の化学分析;生物学的特異性を有する配位子結合方法を含む試験;免疫学的試験
出願人: ZAMA, Takeru[JP/JP]; JP (UsOnly)
MURATA, Mitsuru[JP/JP]; JP (UsOnly)
IKEDA, Yasuo[JP/JP]; JP (UsOnly)
KEIO UNIVERSITY[JP/JP]; 15-45, Mita 2-chome, Minato-ku, Tokyo 1088345, JP (AllExceptUS)
発明者: ZAMA, Takeru; JP
MURATA, Mitsuru; JP
IKEDA, Yasuo; JP
代理人: HIROTA, Masanori; 3F, Wakabayashi Building, 8-5, Akasaka 2-chome, Minato-ku, Tokyo 1070052, JP
優先権情報:
2006-11252414.04.2006JP
発明の名称: (EN) PHOSPHATASE INVOLVED IN THE REGULATION OF CARDIOMYOCYTE DIFFERENTIATION
(FR) PHOSPHATASE IMPLIQUÉE DANS LA RÉGULATION DE LA DIFFÉRENCIATION DE CARDIOMYOCYTE
(JA) 心筋細胞の分化制御を司る脱リン酸化酵素
要約:
(EN) Disclosed are: a phosphatase involved in the regulation of the differentiation of a cardiomyocyte; a dominant inhibitory enzyme for the phosphatase; a gene encoding each of the enzyme proteins; and use of the gene. A protein comprising an amino acid sequence selected from the following sequences (A) to (C) or the like is used: (A) the amino acid sequence depicted in SEQ ID NO:2; (B) an amino acid sequence having the deletion, substitution or addition of one or several amino acid residues except a cysteine residue at the 138th position in the amino acid sequence depicted in SEQ ID NO:2, which is characterized in that a protein having the amino acid sequence has a dual-specific phosphatase activity; and (C) an amino acid sequence having at least 60% homology to the amino acid sequence depicted in SEQ ID NO:2 and having a cysteine residue at the 138th position in the amino acid sequence depicted in SEQ ID NO:2, which is characterized in that a protein having the amino acid sequence has a dual-specific phosphatase activity.
(FR) La présente invention concerne un phosphatase impliquée dans la régulation de la différenciation d'un cardiomyocyte, une enzyme inhibitrice dominante pour la phosphatase, un gène codant chacune des protéines enzymatiques, et l'utilisation du gène. Selon cette invention, on utilise une protéine comprenant une séquence d'acides aminés sélectionnée parmi les séquences suivantes (A) à (C) ou similaire: (A) la séquence d'acides aminés illustrée dans SEQ ID NO:2; (B) une séquence d'acides aminés qui présente la délétion, la substitution ou l'addition d'un ou de plusieurs résidus d'acides aminés à l'exception d'un résidu de cystéine à la 138ième position dans la séquence d'acides aminés illustrée dans SEQ ID NO:2 et qui est caractérisée en ce qu'une protéine possédant la séquence d'acides aminés a une activité de phosphatase spécifique duale; et (C) une séquence d'acides aminés qui a au moins 60% d'homologie avec la séquence d'acides aminés illustrée dans SEQ ID NO:2 et un résidu de cystéine à la 138ième position dans la séquence d'acides aminés illustrée dans SEQ ID NO:2 et qui est caractérisée en ce qu'une protéine possédant la séquence d'acides aminés a une activité de phosphatase spécifique duale.
(JA) 心筋細胞の分化制御を司る脱リン酸化酵素ならびにその優性阻害酵素、さらにはこれらの酵素タンパク質をコードする遺伝子とそれらの利用法を提供することを課題とするものである。 以下の(A)~(C)の何れかのアミノ酸配列からなるタンパク質等を用いる。 (A)配列番号2に示されるアミノ酸配列; (B)配列番号2に示されるアミノ酸配列において、138位のシステイン以外の1若しくは数個のアミノ酸が欠失、置換若しくは付加されたアミノ酸配列であって、かつ該アミノ酸配列からなるタンパク質が二重特異性ホスファターゼ活性を有するアミノ酸配列; (C)配列番号2に示されるアミノ酸配列と少なくとも60%以上の相同性を有するアミノ酸配列であって、138位がシステインであるアミノ酸配列からなり、かつ該アミノ酸配列からなるタンパク質が二重特異性ホスファターゼ活性を有するアミノ酸配列;
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)