このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2007119690) 有機分子膜構造体の形成方法及び有機分子膜構造体
国際事務局に記録されている最新の書誌情報   

国際公開番号: WO/2007/119690 国際出願番号: PCT/JP2007/057731
国際公開日: 25.10.2007 国際出願日: 06.04.2007
予備審査請求日: 21.09.2007
IPC:
B05D 7/24 (2006.01) ,B05D 1/20 (2006.01) ,B05D 1/40 (2006.01) ,B82B 3/00 (2006.01) ,C23C 26/00 (2006.01)
B 処理操作;運輸
05
霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
D
液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般
7
液体または他の流動性材料を特定の表面に適用するかまたは特定の液体または他の流動性材料を適用するのに特に適した,フロック加工以外の,方法
24
特定の液体または他の流動性材料を適用するためのもの
B 処理操作;運輸
05
霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
D
液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般
1
液体または他の流動性材料を適用する方法
18
浸漬によって行なわれるもの
20
適用される材料を流体上に浮かせるもの
B 処理操作;運輸
05
霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
D
液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般
1
液体または他の流動性材料を適用する方法
40
表面に関連して動く部材による適用された液体または他の流動性材料の分布
B 処理操作;運輸
82
ナノテクノロジー
B
個別の原子,分子,または限られた数の原子または分子の集合を区別された単位として操作しながら形成されたナノ構造;その製造または処理
3
個別の原子,分子,または,限られた数の原子または分子の集合を区別された単位としての操作によるナノ構造の製造または処理
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
26
グループ2/00から24/00に分類されない被覆
出願人:
美濃規央 MINO, Norihisa; null (UsOnly)
パナソニック株式会社 PANASONIC CORPORATION [JP/JP]; 5718501 大阪府門真市大字門真1006番地 Osaka 1006, Oaza Kadoma, Kadoma-shi, Osaka 5718501, JP (AllExceptUS)
発明者:
美濃規央 MINO, Norihisa; null
代理人:
特許業務法人池内・佐藤アンドパートナーズ IKEUCHI SATO & PARTNER PATENT ATTORNEYS; 〒5306026 大阪府大阪市北区天満橋1丁目8番30号OAPタワー26階 Osaka 26th Floor, OAP TOWER 8-30, Tenmabashi 1-chome Kita-ku, Osaka-shi Osaka 5306026, JP
優先権情報:
2006-11005712.04.2006JP
発明の名称: (EN) METHOD OF FORMING ORGANIC MOLECULAR FILM STRUCTURE AND ORGANIC MOLECULAR FILM STRUCTURE
(FR) PROCEDE POUR LA FORMATION D'UNE STRUCTURE DE FILM MOLECULAIRE ORGANIQUE ET STRUCTURE DE FILM MOLECULAIRE ORGANIQUE
(JA) 有機分子膜構造体の形成方法及び有機分子膜構造体
要約:
(EN) A method of forming an organic molecular film structure, and organic molecular film structure, attaining not only maintaining of desirable functions peculiar to organic materials but also reduction of the film thickness. There is provided a method of forming an organic molecular film structure through forming of an organic molecular film on a substrate, characterized by including the steps of (i) making a chemical bond between the surface of substrate (10) and first organic molecule (12a) to thereby form monomolecular film (12) containing the first organic molecule (12a); and (ii) bringing second organic molecule (15) into contact with the monomolecular film (12) to thereby have the second organic molecule (15) incorporated in the monomolecular film (12). Accordingly, there can be obtained an organic molecular film attaining not only maintaining of desirable functions peculiar to organic materials but also reduction of the film thickness.
(FR) L'invention concerne un procédé de formation d'une structure de film moléculaire organique, et une structure de film moléculaire organique, non seulement pour maintenir des fonctions souhaitables propres aux matériaux organiques mais également réduire l'épaisseur du film. Elle fournit un procédé de formation d'une structure de film moléculaire organique, par la formation d'un film moléculaire organique sur un substrat, caractérisé en ce qu'il comprend les étapes qui consistent à (i) établir une liaison chimique entre la surface du substrat (10) et une première molécule organique (12a) pour former ainsi un film monomoléculaire (12) contenant la première molécule organique (12a) ; et (ii) la mise en contact de la deuxième molécule organique (15) avec le film monomoléculaire (12) pour que la deuxième molécule organique (15) soit incorporée ainsi dans le film monomoléculaire (12). De ce fait, il est possible d'obtenir un film moléculaire organique qui non seulement maintient des fonctions souhaitables propres aux matériaux organiques mais a également une épaisseur réduite.
(JA)  有機材料特有の所望の機能を維持できる上、薄膜化が可能な有機分子膜構造体の形成方法及び有機分子膜構造体を提供する。 基材上に有機分子膜を形成する有機分子膜構造体の形成方法であって、i)基材(10)の表面と第1有機分子(12a)とを化学結合させることにより、第1有機分子(12a)を含む単分子膜(12)を形成する工程と、ii)単分子膜(12)に第2有機分子(15)を接触させることにより、単分子膜(12)に第2有機分子(15)を内在させる工程とを含むことを特徴とする。これにより、有機材料特有の所望の機能を維持できる上、薄膜化が可能な有機分子膜を形成することができる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)