国際・国内特許データベース検索

1. (WO2007119553) 希土類永久磁石材料の製造方法

Pub. No.:    WO/2007/119553    International Application No.:    PCT/JP2007/056594
Publication Date: Fri Oct 26 01:59:59 CEST 2007 International Filing Date: Thu Mar 29 01:59:59 CEST 2007
IPC: B22F 3/24
C22C 33/02
C22C 38/00
H01F 1/053
H01F 1/08
H01F 41/02
C21D 6/00
H01F 7/02
Applicants: Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.
信越化学工業株式会社
NAKAMURA, Hajime
中村 元
MINOWA, Takehisa
美濃輪 武久
HIROTA, Koichi
廣田 晃一
Inventors: NAKAMURA, Hajime
中村 元
MINOWA, Takehisa
美濃輪 武久
HIROTA, Koichi
廣田 晃一
Title: 希土類永久磁石材料の製造方法
Abstract:
 R1 aTbAcMd組成(R1はSc及びYを含む希土類元素、TはFe及び/又はCo、AはB(ホウ素)及び/又はC(炭素)、MはAl、Cu、Zn、In、Si、P、S、Ti、V、Cr、Mn、Ni、Ga、Ge、Zr、Nb、Mo、Pd、Ag、Cd、Sn、Sb、Hf、Ta、Wからなる焼結磁石体に対し、R2の酸化物、R3のフッ化物、R4の酸フッ化物(R2、R3、R4はSc及びYを含む希土類元素)を含み、平均粒子径が100μm以下の粉末を焼結磁石体の表面に存在させた状態で、磁石体及び粉末を磁石体の焼結温度以下の温度で熱処理を施すことにより粉末に含まれていたR2、R3、R4を磁石体に吸収させる処理を2回以上繰り返し施す希土類永久磁石材料の製造方法。  本発明によれば、高性能で、且つTbあるいはDyの使用量の少ないR-Fe-B系焼結磁石としての希土類永久磁石材料を製造することができる。