国際・国内特許データベース検索

1. (WO2007116808) ウイルス粒子様構造体およびそれを含有する製剤

Pub. No.:    WO/2007/116808    International Application No.:    PCT/JP2007/056945
Publication Date: Fri Oct 19 01:59:59 CEST 2007 International Filing Date: Fri Mar 30 01:59:59 CEST 2007
IPC: A61K 47/42
A61K 41/00
A61K 49/00
A61K 49/04
A61P 35/00
Applicants: TOKYO INSTITUTE OF TECHNOLOGY
国立大学法人東京工業大学
KONICA MINOLTA MEDICAL & GRAPHIC, INC
コニカミノルタエムジー株式会社
HANDA, Hiroshi
半田 宏
ENOMOTO, Teruya
榎本 輝也
INOUE, Takamasa
井上 隆昌
NISHIO, Kousuke
西尾 広介
SAWADA, Wataru
澤田 航
TAKEYAMA, Toshihisa
竹山 敏久
UEDA, Eiichi
上田 栄一
NISHIWAKI, Shu
西脇 州
Inventors: HANDA, Hiroshi
半田 宏
ENOMOTO, Teruya
榎本 輝也
INOUE, Takamasa
井上 隆昌
NISHIO, Kousuke
西尾 広介
SAWADA, Wataru
澤田 航
TAKEYAMA, Toshihisa
竹山 敏久
UEDA, Eiichi
上田 栄一
NISHIWAKI, Shu
西脇 州
Title: ウイルス粒子様構造体およびそれを含有する製剤
Abstract:
 画像診断や組織再生または温熱治療などで有効な金属もしくは金属化合物をウイルス様粒子構造体に取り込ませることにより、細胞レベルの診断、治療に対して有望な、金属および/または金属化合物を内包するウイルス粒子様構造体を提供すること、ならびにその構造体の最適な形成方法を提供することを目的とする。本発明のウイルス粒子様構造体は、ウイルスタンパク質と、被封入物質である金属および金属化合物の少なくとも一方を含む微粒子とを含有する、実質的に均一サイズのウイルス粒子様構造体である。好ましくは前記微粒子が表面荷電として正または負の電荷を有し、鉄、酸化鉄またはフェライトを主成分とする。前記ウイルスタンパク質が、SV40ウイルス、JCVウイルス、BKVウイルスに由来する1種以上のタンパク質および/またはその変異体もしくは改変体であることが望ましい。