WIPO logo
Mobile | Deutsch | English | Español | Français | 한국어 | Português | Русский | 中文 | العربية |
PATENTSCOPE

国際・国内特許データベース検索
World Intellectual Property Organization
オプション
検索言語
語幹処理適用
並び替え:
表示件数
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2007116805) 管体の残留応力改善方法及び残留応力改善装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報   

国際公開番号: WO/2007/116805 国際出願番号: PCT/JP2007/056904
国際公開日: 18.10.2007 国際出願日: 29.03.2007
IPC:
B23K 31/00 (2006.01) ,B23K 26/00 (2006.01) ,B23K 26/04 (2006.01) ,B23K 26/20 (2006.01) ,C21D 1/30 (2006.01) ,C21D 1/34 (2006.01) ,C21D 9/08 (2006.01) ,C21D 9/50 (2006.01) ,B23K 101/06 (2006.01)
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
31
このサブクラスに関連する方法であって,特殊な物品または目的のために特に適合するが,メイングループ1/00から28/00のいずれのメイングループにも包含されないもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
26
レーザービームによる加工,例.溶接,切断,穴あけ
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
26
レーザービームによる加工,例.溶接,切断,穴あけ
02
加工物の位置決めまたは観察,例.照射点に関するもの;レーザービームの軸合せ,照準,焦点合せ
04
レーザービームの自動軸合せ,照準,焦点合せ,例.後散乱光を用いるもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
26
レーザービームによる加工,例.溶接,切断,穴あけ
20
結合,例.溶接
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
1
熱処理,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼きもどし,の一般的方法または装置
26
焼なまし方法
30
応力除去焼なまし
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
1
熱処理,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼きもどし,の一般的方法または装置
34
加熱方法
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
9
特定の品物に用いられる熱処理,それに用いる炉,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼もどし(炉一般F27)
08
管状体およびパイプ用
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
9
特定の品物に用いられる熱処理,それに用いる炉,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼もどし(炉一般F27)
50
溶接継手部用
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
101
ハンダ付,溶接または切断により製造される物品
04
管状または中空物品
06
出願人: OTA, Takahiro[JP/JP]; JP (UsOnly)
HEMMI, Yoshiyuki[JP/JP]; JP (UsOnly)
ONITSUKA, Hironori[JP/JP]; JP (UsOnly)
SUGIMOTO, Noriaki[JP/JP]; JP (UsOnly)
KAMO, Kazuhiko[JP/JP]; JP (UsOnly)
TSUBOTA, Shuho[JP/JP]; JP (UsOnly)
MUROYA, Itaru[JP/JP]; JP (UsOnly)
MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES, LTD.[JP/JP]; 16-5, Konan 2-chome, Minato-ku Tokyo 1088215, JP (AllExceptUS)
発明者: OTA, Takahiro; JP
HEMMI, Yoshiyuki; JP
ONITSUKA, Hironori; JP
SUGIMOTO, Noriaki; JP
KAMO, Kazuhiko; JP
TSUBOTA, Shuho; JP
MUROYA, Itaru; JP
代理人: MITSUISHI, Toshiro; Mitsuishi Law and Patent Office 9-15, Akasaka 1-chome Minato-ku Tokyo 1070052, JP
優先権情報:
2006-10375505.04.2006JP
発明の名称: (EN) METHOD OF IMPROVING RESIDUAL STRESS IN TUBE BODY AND DEVICE FOR IMPROVING RESIDUAL STRESS
(FR) PROCEDE D'AMELIORATION DES CONTRAINTES RESIDUELLES DANS UN CORPS DE TUBE ET DISPOSITIF POUR AMELIORER LES CONTRAINTES RESIDUELLES
(JA) 管体の残留応力改善方法及び残留応力改善装置
要約:
(EN) A method and device for improving residual stress in a tube body, reliably improving residual stress without excessively heating the tube body. From a start angle ϑS of laser beam application to the tube body up to a first predetermined angle ϑ1, the output power of a laser beam is gradually increased from 0.5 until the output power is set at an output power ratio of 1.0 where steady output power is provided. From the first predetermined angle ϑ1 up to a second predetermined angle ϑ2, the laser beam output power is set to an output power ratio of 1.0. From the second predetermined angle ϑ2 to an application end angle ϑe, the output power ratio is gradually reduced from 1.0 until it is 0.5. At the application end angle ϑe, the laser beam output power is set to 0. All of the processes above are performed in one circle around the tube body.
(FR) Procédé et dispositif pour améliorer les contraintes résiduelles dans un corps de tube, améliorant de manière fiable les contraintes résiduelles sans chauffage excessif du corps de tube. Depuis un angle ϑS de départ d'application d'un faisceau laser au corps de tube jusqu'à un premier angle prédéterminé ϑ1, la puissance de sortie d'un faisceau laser est graduellement augmentée depuis 0,5 jusqu'à ce que la puissance de sortie soit réglée à un rapport de puissance de sortie de 1,0, à laquelle une puissance de sortie constante est délivrée. Depuis le premier angle prédéterminé ϑ1, jusqu'à un second angle prédéterminé ϑ2, la puissance de sortie du faisceau laser est réglée à un rapport de puissance de sortie de 1,0. Depuis le second angle prédéterminé ϑ2, jusqu'à un angle de fin d'application ϑe, le rapport de puissance de sortie est graduellement réduit depuis 1,0 jusqu'à devenir 0,5. A l'angle de fin d'application ϑe, la puissance de sortie du faisceau laser est réglée à 0. Toutes les opérations ci-dessus sont réalisées dans un cercle autour du corps de tube.
(JA)  加熱しすぎること無く、確実に残留応力を改善できる管体の残留応力改善方法及び装置を提供する。そのため、管体への照射開始角度θsから第1所定角度θ1までの間は、レーザ光の出力を、0.5から徐々に増加して、定常出力である出力比1.0とし、第1所定角度θ1から第2所定角度θ2までの間は、レーザ光の出力を出力比1.0とし、第2所定角度θ2から照射終了角度θeまでの間は、レーザ光の出力を、出力比1.0から徐々に減少して、0.5とし、照射終了角度θeで、レーザ光の出力を0として、これらの全工程を1周の周回で行う。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)