WIPO logo
Mobile | Deutsch | English | Español | Français | 한국어 | Português | Русский | 中文 | العربية |
PATENTSCOPE

国際・国内特許データベース検索
World Intellectual Property Organization
オプション
検索言語
語幹処理適用
並び替え:
表示件数
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2007116710) グルコースデヒドロゲナーゼ
国際事務局に記録されている最新の書誌情報   

国際公開番号: WO/2007/116710 国際出願番号: PCT/JP2007/056303
国際公開日: 18.10.2007 国際出願日: 27.03.2007
IPC:
C12N 15/09 (2006.01) ,C12M 1/40 (2006.01) ,C12N 1/15 (2006.01) ,C12N 1/19 (2006.01) ,C12N 1/21 (2006.01) ,C12N 9/04 (2006.01) ,C12Q 1/32 (2006.01) ,G01N 33/66 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
M
酵素学または微生物学のための装置
1
酵素学または微生物学のための装置
40
遊離,固定化または担体に結合した酵素を使用するために特に設計された装置,例.固定化酵素の流動床を有する装置
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
15
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
16
酵母;そのための培地
19
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
20
細菌;そのための培地
21
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9
酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
02
酸化還元酵素(1.),例.ルシフェラーゼ
04
電子供与体としてCHOH基に作用するもの,例.グルコースオキシダーゼ,乳酸脱水素酵素(1.1)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
Q
酵素または微生物を含む測定または試験方法そのための組成物または試験紙;その組成物を調製する方法;微生物学的または酵素学的方法における状態応答制御
1
酵素または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物;そのような組成物の製造方法
26
酸化還元酵素を含むもの
32
デヒドロゲナーゼを含むもの
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33
グループ1/00から31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
48
生物学的材料,例.血液,尿;血球計
50
生物学的材料,例.血液,尿,の化学分析;生物学的特異性を有する配位子結合方法を含む試験;免疫学的試験
66
血糖,例.ガラクトース,を含むもの
出願人: TOYO BOSEKI KABUSHIKI KAISHA[JP/JP]; 2-8, Dojimahama 2-chome Kita-ku, Osaka-shi Osaka 5308230, JP
発明者: KITABAYASHI, Masao; JP
TSUJI, Yuji; JP
AIBA, Hiroshi; JP
KAWAMINAMI, Hiroshi; JP
KISHIMOTO, Takahide; JP
NISHIYA, Yoshiaki; JP
代理人: SAEGUSA, Eiji; Kitahama TNK Building, 1-7-1 Doshomachi, Chuo-ku Osaka-shi, Osaka 5410045, JP
優先権情報:
2006-31964328.11.2006JP
2006-31964428.11.2006JP
2006-31964528.11.2006JP
2006-35416828.12.2006JP
60/788,25231.03.2006US
発明の名称: (EN) GLUCOSE DEHYDROGENASE
(FR) GLUCOSE DESHYDROGENASE
(JA) グルコースデヒドロゲナーゼ
要約:
(EN) The invention provides a glucose dehydrogenase which is excellent in thermostability and substrate specificity and is not affected by dissolved oxygen. More particularly, the invention relates to the glucose dehydrogenase which is derived from a eukaryote and is characterized by maintaining 90% or more activity after a heat treatment at 55°C for 15 minutes in a liquid state compared to the activity before the heat treatment. The invention efficiently produces a glucose dehydrogenase derived from Aspergillus oryzae and provides a more practical glucose dehydrogenase. The invention provides a method for producing a filamentous fungus-derived FAD-GDH with excellent substrate specificity by high expression in a recombinant, a FAD-GDH protein obtained by the method and a glucose assay reagent utilizing the protein. The invention relates to a method of improving the stability of a composition containing a soluble glucose dehydrogenase (GDH). As the soluble GDH, the filamentous fungus-derived FAD-dependent GDH is preferable, and particularly, the best effect has been observed in an A. oryzae-derived FAD-GDH or an A. terreus-derived FAD-GDH.
(FR) La présente invention concerne une glucose déshydrogénase qui est excellente en termes de thermostabilité et de spécificité du substrat et n'est pas affectée par de l'oxygène dissout. Plus particulièrement, l'invention concerne la glucose déshydrogénase qui est dérivée d'un eucaryote et est caractérisée par le fait de conserver 90 % d'activité ou plus après un traitement thermique à 55 °C pendant 15 minutes dans un état liquide par comparaison à l'activité avant le traitement thermique. L'invention produit de manière efficace une glucose déshydrogénase dérivée de l'Aspargillus oryzae et propose une glucose déshydrogénase plus pratique. L'invention propose un procédé de production d'une FAD-GDH dérivée d'un champignon filamenteux avec une excellente spécificité de substrat par expression élevée dans un recombinant, une protéine FAD-GDH obtenue au moyen du procédé et d'un réactif d'analyse de glucose utilisant la protéine. L'invention concerne un procédé pour améliorer la stabilité de la composition contenant une glucose déshydrogénase soluble (GDH). En tant que GDH soluble, la GDH dépendant de FAD dérivée de champignon filamenteux est préférée, et en particulier, le meilleur effet a été observé dans une FAD-GDH dérivée d'A. oryzae ou une FAD-GDH dérivée d'A. terreus.
(JA)  本発明は、耐熱性及び基質特異性に優れ、また溶存酸素の影響を受けることのないグルコースデヒドロゲナーゼを提供する。具体的には、本発明は、真核生物由来であって、液状で55°C15分加熱処理後も加熱処理前と比して90%以上の活性を保持していることを特徴とするグルコースデヒドロゲナーゼに関する。  本発明は、アスペルギルス・オリゼ由来のグルコースデヒドロゲナーゼを効率的に生産しかつ、より実用的なグルコースデヒドロゲナーゼを提供する。  本発明は、基質特異性の優れた糸状菌由来FAD-GDHを組換え体にて高発現生産する方法、および該方法にて得られたFAD-GDHタンパク質、および該タンパク質を用いたグルコース測定試薬を提供する。  本発明は、可溶性のグルコースデヒドロゲナーゼ(GDH)を含む組成物の安定性を向上する方法に関するものである。可溶性GDHとしては、糸状菌由来FAD依存型GDHが好ましく、特に、A.オリゼ由来のFAD-GDH、あるいは、A.テレウス由来のFAD-GDHにおいて、最も効果が認められている。
指定国: AE, AG, AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MT, NL, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)