国際・国内特許データベース検索

1. (WO2007116632) 微粒子、微粒子分散液、これらを製造する方法および装置

Pub. No.:    WO/2007/116632    International Application No.:    PCT/JP2007/055533
Publication Date: Fri Oct 19 01:59:59 CEST 2007 International Filing Date: Tue Mar 20 00:59:59 CET 2007
IPC: A61K 9/10
A61K 38/00
A61K 45/00
A61K 47/10
A61K 47/14
A61K 47/20
A61K 47/30
A61K 47/32
A61K 47/46
B01J 13/00
Applicants: HAMAMATSU PHOTONICS K.K.
浜松ホトニクス株式会社
TAKEBE, Gen
建部 厳
KAWAKAMI, Tomonori
川上 友則
TAKAGI, Tokio
▲高▼木 登紀雄
HIRAMATSU, Mitsuo
平松 光夫
Inventors: TAKEBE, Gen
建部 厳
KAWAKAMI, Tomonori
川上 友則
TAKAGI, Tokio
▲高▼木 登紀雄
HIRAMATSU, Mitsuo
平松 光夫
Title: 微粒子、微粒子分散液、これらを製造する方法および装置
Abstract:
 薬物分解等を抑制することができ高効率かつ短時間に微粒子分散液を製造することができる方法および装置を提供する。溶解工程では、容器13内において難溶性薬物および分散安定化剤が揮発性の有機溶媒に溶解される。溶解工程に続く固定工程では、溶解液に含まれる有機溶媒が蒸発除去され、当該有機溶媒除去によりペレット状の残存物1が得られ、この残存物1が容器13の内壁に固定される。固定工程に続く注水工程では、容器13の内部に水2が注入される。注水工程に続く照射工程では、レーザ光源11から出射されたレーザ光Lが容器13の内壁に固定された残存物1に対して照射され、これにより、残存物1が粉砕されて微粒子とされ、この微粒子が水2に分散されてなる微粒子分散液が製造される。この微粒子は、難溶性薬物および分散安定化剤を含むものである。