このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2007116575) 速度応答型ダンパ及び衝撃吸収ダンパ装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報   

国際公開番号: WO/2007/116575 国際出願番号: PCT/JP2006/326413
国際公開日: 18.10.2007 国際出願日: 28.12.2006
IPC:
F16F 9/50 (2006.01) ,E05F 5/00 (2006.01) ,E05F 5/10 (2006.01) ,F16F 9/32 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
F
ばね;緩衝装置;振動減衰手段
9
減衰媒体として流体またはその均等物を用いるばね,振動減衰装置,緩衝装置,またはこれらと同様の機能を持つ組み立てられた運動減衰装置
32
細部
50
自動減衰調整装置を備える特殊な方法
E 固定構造物
05
錠;鍵(かぎ);窓または戸の付属品;金庫
F
ウィングを開閉位置へ動かす手段;ウィング用チェック;他類に属さないウィング部品であってウィングの機能に関するもの
5
制動装置,例.チェック;停止具;緩衝器
E 固定構造物
05
錠;鍵(かぎ);窓または戸の付属品;金庫
F
ウィングを開閉位置へ動かす手段;ウィング用チェック;他類に属さないウィング部品であってウィングの機能に関するもの
5
制動装置,例.チェック;停止具;緩衝器
06
緩衝器
10
ピストン制動器をもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
F
ばね;緩衝装置;振動減衰手段
9
減衰媒体として流体またはその均等物を用いるばね,振動減衰装置,緩衝装置,またはこれらと同様の機能を持つ組み立てられた運動減衰装置
32
細部
出願人:
富田 重光 TOMITA, Shigemitsu [JP/JP]; JP (UsOnly)
株式会社ニフコ NIFCO INC. [JP/JP]; 〒2448522 神奈川県横浜市戸塚区舞岡町184番地1 Kanagawa 184-1, Maioka-cho, Totsuka-ku, Yokohama-shi, Kanagawa 2448522, JP (AllExceptUS)
発明者:
富田 重光 TOMITA, Shigemitsu; JP
代理人:
福田 賢三 FUKUDA, Kenzo; 〒1050003 東京都港区西新橋一丁目6番13号 柏屋ビル Tokyo Kashiwaya Bldg. 6-13, Nishishinbashi 1-chome, Minato-ku Tokyo 1050003, JP
優先権情報:
2006-09698131.03.2006JP
発明の名称: (EN) SPEED RESPONSIVE DAMPER AND IMPACT ABSORBING DAMPER DEVICE
(FR) AMORTISSEUR RÉAGISSANT À LA VITESSE ET DISPOSITIF D'AMORTISSEUR ABSORBANT LES CHOCS
(JA) 速度応答型ダンパ及び衝撃吸収ダンパ装置
要約:
(EN) A speed responsive damper (10) comprises a cylinder (11) in which a fluid is filled, a piston (13) slidably fitted into the cylinder and having an orifice (19a) through which the fluid passes, a piston rod (14) having one end fixed to the piston and the other end extended to the outside of the cylinder, and a slider (15) which is disposed in the cylinder and movable in a predetermined range relative to the piston, and regulates the amount of the fluid passing through the piston. Since the orifice is formed at the end of the piston, explosive noise of air can be lowered, swirl and slip of oil can be prevented from occurring, and the piston rod can be prevented from being tilted.
(FR) L'invention concerne un amortisseur (10) réagissant à la vitesse qui comprend un cylindre (11) qu'on remplit de fluide, un piston (13) monté de façon à pouvoir coulisser dans le cylindre et comportant un orifice (19a) à travers lequel le fluide passe, une tige (14) de piston ayant une extrémité fixée au piston et l'autre extrémité sortant à l'extérieur du cylindre, et un curseur (15) qui est disposé dans le cylindre, qui est mobile, dans une plage prédéterminée, par rapport au piston et qui régule la quantité de fluide passant à travers le piston. Étant donné que l'orifice est pratiqué à l'extrémité du piston, on peut affaiblir le bruit d'explosion de l'air, on peut empêcher un tourbillon et une perte de l'huile de se produire et on peut empêcher la tige de piston de s'incliner.
(JA) 流体が封入されたシリンダー(11)と、前記シリンダー内に摺動自在に挿嵌されるとともに流体の通過するオリフィス(19a)を有するピストン(13)と、一端が前記ピストンに固定されるとともに他端が前記シリンダーの外部まで延設されたピストンロッド(14)と、前記シリンダー内に配設されるとともに、ピストンに対して所定範囲で移動可能に付設され、前記ピストンを通過する流体量を調製するスライダ(15)とを備えた速度応答型ダンパ(10)であって、前記ピストンの先端側に前記オリフィスを形成したので、空気の破裂音の低減を図るとともに、オイルの渦や滑りを未然に防止し、ピストンロッドの傾きを防止することができる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LV, LY, MA, MD, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, NL, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)