国際・国内特許データベース検索

1. (WO2007113909) 生体組織正常化方法

Pub. No.:    WO/2007/113909    International Application No.:    PCT/JP2006/307239
Publication Date: Fri Oct 12 01:59:59 CEST 2007 International Filing Date: Thu Apr 06 01:59:59 CEST 2006
IPC: A61N 1/32
A61F 7/08
A61N 1/04
Applicants: TUCHIYAGOMU CO., LTD.
つちやゴム株式会社
KURATA, Yuhei
倉田 雄平
FURUSHIMA, Hidetoshi
古嶌 英俊
KAI, Hirohumi
甲斐 広文
Inventors: KURATA, Yuhei
倉田 雄平
FURUSHIMA, Hidetoshi
古嶌 英俊
KAI, Hirohumi
甲斐 広文
Title: 生体組織正常化方法
Abstract:
生体又は生体組織を迅速且つ正確に正常化できる生体組織正常化方法を提供する。生体100の異なる部位に1対のパッド素子1、2を付着し、この1対のパッド素子1、2間に電源200からの電流を電流制御手段3が通電して生体又は生体組織における正常化機構を蛋白質を介して活性化させるようにしているので、疾患の異常な生体又は生体組織の正常化を迅速且つ正確に行うことができるという効果を奏する。