国際・国内特許データベース検索

1. (WO2007111017) クラッド接点材及びそのクラッド接点取付加工方法

Pub. No.:    WO/2007/111017    International Application No.:    PCT/JP2007/000182
Publication Date: Fri Oct 05 01:59:59 CEST 2007 International Filing Date: Fri Mar 09 00:59:59 CET 2007
IPC: H01H 1/06
H01H 11/06
H01H 1/04
Applicants: UCHIYA THERMOSTAT CO., LTD.
ウチヤ・サーモスタット株式会社
TAKEDA, Hideaki
武田秀昭
Inventors: TAKEDA, Hideaki
武田秀昭
Title: クラッド接点材及びそのクラッド接点取付加工方法
Abstract:
 用途の広いクラッド型接点を実現するクラッド接点材及びそのクラッド接点取付加工方法において、クラッド接点材1は銅製のベース材2に銀または銀ニッケルの接点部3を圧着してテープ状に形成し、全体に銀メッキ加工4を施し、全体厚さが1.5mm、幅1.5mm、メッキ厚さ3ミクロン以上で構成される。クラッド接点材1から長さ2mmで切り出されたクラッド接点6は厚さ0.15mmのベリリウム銅製の可動板7の端部に空けられた下孔8に押し込まれ、カシメて接点として取り付けられる。カシメ部分は1:1.3の割合で銀メッキ部分のほうが多いので、高温による酸化や腐食が遅く、接点寿命が長くなる共に従来よりも高温、大電流条件での使用が可能となる。