処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2007108107 - 受動素子設計プログラム、設計装置、および設計方法

公開番号 WO/2007/108107
公開日 27.09.2007
国際出願番号 PCT/JP2006/305614
国際出願日 20.03.2006
IPC
H01C 17/00 2006.01
H電気
01基本的電気素子
C抵抗器
17抵抗器を製造するために特に適用される装置または方法
G06F 17/50 2006.01
G物理学
06計算;計数
F電気的デジタルデータ処理
17特定の機能に特に適合したデジタル計算またはデータ処理の装置または方法
50計算機利用設計
H01C 13/00 2006.01
H電気
01基本的電気素子
C抵抗器
13他に属さない抵抗器
H01G 4/38 2006.01
H電気
01基本的電気素子
Gコンデンサ;電解型のコンデンサ,整流器,検波器,開閉装置,感光装置また感温装置
4固定コンデンサ;その製造方法
38複合コンデンサ,すなわち複数個の固定コンデンサの構造的組合わせ
H01L 21/822 2006.01
H電気
01基本的電気素子
L半導体装置,他に属さない電気的固体装置
21半導体装置または固体装置またはそれらの部品の製造または処理に特に適用される方法または装置
701つの共通基板内または上に形成された複数の固体構成部品または集積回路からなる装置またはその特定部品の製造または処理;集積回路装置またはその特定部品の製造
771つの共通基板内または上に形成される複数の固体構成部品または集積回路からなる装置の製造または処理
78複数の別個の装置に基板を分割することによるもの
82それぞれが複数の構成部品からなる装置,例.集積回路の製造
822基板がシリコン技術を用いる半導体であるもの
H01L 27/04 2006.01
H電気
01基本的電気素子
L半導体装置,他に属さない電気的固体装置
271つの共通基板内または上に形成された複数の半導体構成部品または他の固体構成部品からなる装置
02整流,発振,増幅またはスイッチングに特に適用される半導体構成部品を含むものであり,少なくとも1つの電位障壁または表面障壁を有するもの;少なくとも1つの電位障壁または表面障壁を有する集積化された受動回路素子を含むもの
04基板が半導体本体であるもの
CPC
G06F 30/36
GPHYSICS
06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
30Computer-aided design [CAD]
30Circuit design
36Circuit design at the analogue level
H01L 27/08
HELECTRICITY
01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
LSEMICONDUCTOR DEVICES; ELECTRIC SOLID STATE DEVICES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
27Devices consisting of a plurality of semiconductor or other solid-state components formed in or on a common substrate
02including semiconductor components specially adapted for rectifying, oscillating, amplifying or switching and having at least one potential-jump barrier or surface barrier; including integrated passive circuit elements with at least one potential-jump barrier or surface barrier
04the substrate being a semiconductor body
08including only semiconductor components of a single kind
出願人
  • 富士通株式会社 FUJITSU LIMITED [JP/JP]; 〒2118588 神奈川県川崎市中原区上小田中4丁目1番1号 Kanagawa 1-1, Kamikodanaka 4-chome, Nakahara-ku, Kawasaki-shi, Kanagawa 2118588, JP (AllExceptUS)
  • 久光 一也 HISAMITSU, Kazuya [JP/JP]; JP (UsOnly)
  • 工藤 真大 KUDO, Masahiro [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者
  • 久光 一也 HISAMITSU, Kazuya; JP
  • 工藤 真大 KUDO, Masahiro; JP
代理人
  • 大菅 義之 OSUGA, Yoshiyuki; 〒1020084 東京都千代田区二番町8番地20 二番町ビル3F Tokyo 3rd Fl., Nibancho Bldg. 8-20, Nibancho, Chiyoda-ku Tokyo 1020084, JP
優先権情報
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) PASSIVE ELEMENT DESIGN PROGRAM, DESIGNING DEVICE, AND DESIGNING METHOD
(FR) PROGRAMME DE CONCEPTION D'UN ÉLÉMENT PASSIF, DISPOSITIF DE CONCEPTION ET MÉTHODE DE CONCEPTION
(JA) 受動素子設計プログラム、設計装置、および設計方法
要約
(EN)
Provided is a program for designing one passive element having less errors, by combining a plurality of passive elements having relatively large errors. The program causes a computer in the procedure, as started from a combination of two elements to a one-by-one combination of passive elements, to execute a procedure to calculate a coefficient to be used in the multiplication in a manner to correspond to the value of one passive element to be designed, and a procedure to decide the values of the passive elements by using the calculated coefficient. In the coefficient calculating procedures, the calculations are executed to suppress the error of one passive element to be designed.
(FR)
L'invention concerne un programme de conception d'un élément passif ayant un minimum d'erreurs, en combinant une pluralité d'éléments passifs présentant des erreurs relativement importantes. Le programme, dans la procédure, fait qu'un ordinateur, à partir d'une combinaison de deux éléments en une combinaison par paires d'éléments passifs, exécutera une procédure pour calculer un coefficient utilisable dans la multiplication de manière à correspondre à la valeur d'un élément passif que l'on cherche à concevoir, et une procédure pour décider quelles sont les valeurs des éléments passifs au moyen du coefficient ainsi calculé. Dans les procédures de calcul du coefficient, on exécute les calculs pour supprimer les erreurs d'un élément passif que l'on doit concevoir.
(JA)
 比較的誤差の大きい複数の受動素子を組み合わせて、誤差の少ない1つの受動素子を設計することを目的とする本発明のプログラムは、2つの素子の組合せから始めて、受動素子をさらに1個ずつ組み合わせる過程において、設計すべき1つの受動素子の値に対応して乗算に用いるべき係数を演算する手順と、演算された係数を用いて、複数の受動素子の値を決定する手順とを計算機に実行させるものであり、係数演算手順では設計されるべき1つの受動素子の誤差を抑えるように演算が実行される。
他の公開
国際事務局に記録されている最新の書誌情報