処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2007105788 - アミノ酸の精製方法

公開番号 WO/2007/105788
公開日 20.09.2007
国際出願番号 PCT/JP2007/055189
国際出願日 15.03.2007
IPC
C12P 13/04 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
13窒素原子を含む有機化合物の製造
04α―またはβ―アミノ酸
B01D 15/04 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
D分離
15固体吸着剤による液体の処理を含む分離方法;その装置
04吸着剤としてイオン交換剤を用いるもの
C12P 13/06 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
13窒素原子を含む有機化合物の製造
04α―またはβ―アミノ酸
06アラニン;ロイシン;イソロイシン;セリン;ホモセリン
C12P 13/08 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
13窒素原子を含む有機化合物の製造
04α―またはβ―アミノ酸
08リジン;ジアミノピメリン酸;トレオニン;バリン
C12P 13/14 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
13窒素原子を含む有機化合物の製造
04α―またはβ―アミノ酸
14グルタミン酸;グルタミン
C12P 13/20 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
13窒素原子を含む有機化合物の製造
04α―またはβ―アミノ酸
20アスパラギン酸;アスパラギン
CPC
B01D 15/00
BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
DSEPARATION
15Separating processes involving the treatment of liquids with solid sorbents
B01J 39/05
BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
JCHEMICAL OR PHYSICAL PROCESSES, e.g. CATALYSIS OR COLLOID CHEMISTRY; THEIR RELEVANT APPARATUS
39Cation exchange; Use of material as cation exchangers; Treatment of material for improving the cation exchange properties
04Processes using organic exchangers
05in the strongly acidic form
C12P 13/04
CCHEMISTRY; METALLURGY
12BIOCHEMISTRY; BEER; SPIRITS; WINE; VINEGAR; MICROBIOLOGY; ENZYMOLOGY; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING
PFERMENTATION OR ENZYME-USING PROCESSES TO SYNTHESISE A DESIRED CHEMICAL COMPOUND OR COMPOSITION OR TO SEPARATE OPTICAL ISOMERS FROM A RACEMIC MIXTURE
13Preparation of nitrogen-containing organic compounds
04Alpha- or beta- amino acids
C12P 13/06
CCHEMISTRY; METALLURGY
12BIOCHEMISTRY; BEER; SPIRITS; WINE; VINEGAR; MICROBIOLOGY; ENZYMOLOGY; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING
PFERMENTATION OR ENZYME-USING PROCESSES TO SYNTHESISE A DESIRED CHEMICAL COMPOUND OR COMPOSITION OR TO SEPARATE OPTICAL ISOMERS FROM A RACEMIC MIXTURE
13Preparation of nitrogen-containing organic compounds
04Alpha- or beta- amino acids
06Alanine; Leucine; Isoleucine; Serine; Homoserine
出願人
  • 協和▲醗▼酵工業株式会社 KYOWA HAKKO KOGYO CO., LTD. [JP/JP]; 〒1008185 東京都千代田区大手町一丁目6番1号 Tokyo 6-1, Ohtemachi 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008185, JP (AllExceptUS)
  • 村田 英城 MURATA, Hideki; null (UsOnly)
  • 藤井 昇 FUJII, Noboru; null (UsOnly)
  • 田島 健治 TAJIMA, Kenji; null (UsOnly)
発明者
  • 村田 英城 MURATA, Hideki; null
  • 藤井 昇 FUJII, Noboru; null
  • 田島 健治 TAJIMA, Kenji; null
優先権情報
2006-07157515.03.2006JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) PROCESS FOR PURIFICATION OF AMINO ACID
(FR) PROCEDE POUR PURIFIER UN AMINOACIDE
(JA) アミノ酸の精製方法
要約
(EN)
Disclosed is a process for separation and purification of a hydrophobic amino acid selected from the group consisting of alanine, leucine, valine, isoleucine, phenylalanine and proline or a neutral polar amino acid selected from the group consisting of serine, glycine, asparagine and glutamine from a culture containing the amino acid. The process comprises applying a culture containing the hydrophobic amino acid or the neutral polar amino acid and a microorganism cell onto the top part of a column packed with a particulate carrier having a particle diameter of 350 &mgr;m or more and capable of adsorbing the amino acid thereon, and then applying an eluent to the column.
(FR)
L'invention concerne un procédé pour séparer et purifier un aminoacide hydrophobe sélectionné dans le groupe constitué d'alanine, de leucine, de valine, d'isoleucine, de phénylalanine et de proline ou un aminoacide polaire neutre sélectionné dans le groupe constitué de sérine, glycine, asparagine, et glutamine provenant d'une culture contenant l'aminoacide. Le procédé de l'invention comprend l'application d'une culture contenant l'aminoacide hydrophobe ou l'aminoacide polaire neutre et une cellule de micro-organisme sur la partie supérieure d'une colonne remplie d'un support particulaire, présentant un diamètre de particules supérieur ou égale à 350 &mgr;m et qui est capable d'absorber l'aminoacide, puis l'application d'un éluant dans la colonne.
(JA)
 アラニン、ロイシン、バリン、イソロイシン、フェニルアラニンおよびプロリンからなる群より選ばれる疎水性アミノ酸またはセリン、グリシン、アスパラギンおよびグルタミンからなる群より選ばれる中性な極性アミノ酸を含有する培養液から該アミノ酸を分離、精製する方法において、該疎水性アミノ酸または中性な極性アミノ酸および微生物の菌体を含む培養液を、粒子径が350μm以上であり、かつ該アミノ酸を吸着する能力がある粒子担体を充填したカラムの上部から通塔した後、溶出液を通塔することにより、疎水性アミノ酸または中性な極性アミノ酸を分離、精製することができる。
他の公開
国際事務局に記録されている最新の書誌情報