処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2007105786 - 核酸検出方法及び核酸検出キット

公開番号 WO/2007/105786
公開日 20.09.2007
国際出願番号 PCT/JP2007/055179
国際出願日 15.03.2007
IPC
C12Q 1/68 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
Q酵素,核酸または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物または試験紙;その組成物を調製する方法;微生物学的または酵素学的方法における状態応答制御
1酵素,核酸または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物;そのような組成物の製造方法
68核酸を含むもの
C12N 15/09 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09組換えDNA技術
G01N 37/00 2006.01
G物理学
01測定;試験
N材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
37このサブクラスの他のいずれのグループにも包含されない細部
G01N 21/78 2006.01
G物理学
01測定;試験
N材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
21光学的手段,すなわち,赤外線,可視光線または紫外線を使用することによる材料の調査または分析
75材料が化学反応を受け,その反応の進行または結果が調査されるシステム
77化学指示薬に対する効果を観察することによるもの
78色の変化の提示
CPC
C12Q 1/6816
CCHEMISTRY; METALLURGY
12BIOCHEMISTRY; BEER; SPIRITS; WINE; VINEGAR; MICROBIOLOGY; ENZYMOLOGY; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING
QMEASURING OR TESTING PROCESSES INVOLVING ENZYMES, NUCLEIC ACIDS OR MICROORGANISMS
1Measuring or testing processes involving enzymes, nucleic acids or microorganisms
68involving nucleic acids
6813Hybridisation assays
6816characterised by the detection means
出願人
  • 国立大学法人秋田大学 NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION AKITA UNIVERSITY [JP/JP]; 〒0108502 秋田県秋田市手形学園町1番1号 Akita 1-1, Tegata-Gakuen-Machi, Akita-Shi, Akita 0108502, JP (AllExceptUS)
  • 秋田県 AKITA PREFECTURE [JP/JP]; 〒0100951 秋田県秋田市山王4丁目1番1号 Akita 1-1, Sanno 4-chome, Akita-Shi, Akita 0100951, JP (AllExceptUS)
  • ニプロ株式会社 NIPRO CORPORATION [JP/JP]; 〒5318510 大阪府大阪市北区本庄西3丁目9番3号 Osaka 9-3, Honjonishi 3-chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5318510, JP (AllExceptUS)
  • 濱田 文男 HAMADA, Fumio [JP/JP]; JP (UsOnly)
  • 戸田 雅也 TODA, Masaya [JP/JP]; JP (UsOnly)
  • 赤上 陽一 AKAGAMI, Yoichi [JP/JP]; JP (UsOnly)
  • 吉田 博 YOSHIDA, Hiroshi [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者
  • 濱田 文男 HAMADA, Fumio; JP
  • 戸田 雅也 TODA, Masaya; JP
  • 赤上 陽一 AKAGAMI, Yoichi; JP
  • 吉田 博 YOSHIDA, Hiroshi; JP
代理人
  • 庄司 隆 SHOJI, Takashi; 〒1010032 東京都千代田区岩本町3丁目2番10号 SN岩本町ビル6階 Tokyo 6F, SN Iwamotocho Bldg., 2-10, Iwamotocho 3-chome Chiyoda-ku, Tokyo 1010032, JP
優先権情報
2006-07208316.03.2006JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) METHOD OF DETECTING NUCLEIC ACID AND NUCLEIC ACID DETECTION KIT
(FR) PROCÉDÉ DE DÉTECTION D'ACIDE NUCLÉIQUE ET KIT DE DÉTECTION D'ACIDE NUCLÉIQUE
(JA) 核酸検出方法及び核酸検出キット
要約
(EN)
A method of detecting a nucleic acid; and a kit for use in the detection method. The method of detecting a nucleic acid comprises the steps of providing an array having an analyte nucleic acid or nucleic acid probe immobilized thereon; hybridizing the analyte nucleic acid with the nucleic acid probe; and causing the hybridized double stranded nucleic acid to adsorb a monomodified cyclodextrin. The monomodified cyclodextrin is any of the compounds of the formula (1). CyD-R-X (1) wherein CyD is α-, β- or γ-cyclodextrin; R is a hydrocarbon chain with a length of 1 to 20 atoms which may contain at least one bond selected from the group consisting of an unsaturated bond, carbonyl, ester, ether, urethane and amine; and X is an intercalator.
(FR)
L'invention porte sur un procédé de détection d'un acide nucléique et sur un kit utilisé dans le procédé de détection. Le procédé de détection d'un acide nucléique consiste à utiliser une matrice possédant un acide nucléique d'analyte ou une sonde d'acide nucléique immobilisée dessus; à croiser l'acide nucléique d'analyte avec la sonde d'acide nucléique; et à provoquer l'absorption d'une cyclodextrine monomodifiée par l'acide nucléique à double brin croisé. La cyclodextrine monomodifiée peut être n'importe quel composé de la formule (1) CyD-R-X dans laquelle CyD représente α-, β- ou γ-cyclodextrine; R représente une chaîne hydrocarbonée dont la longueur est comprise entre 1 et 20 atomes qui peuvent contenir au moins une liaison sélectionnée dans le groupe constitué d'une liaison non saturée, d'un carbonyle, ester, éther, uréthane et amine.
(JA)
 本発明は、核酸検出方法及び当該検出方法に使用するキットに関する。本発明は、検体核酸又は核酸プローブを固定化したアレイを準備する工程、検体核酸と核酸プローブとをハイブリダイズする工程、ハイブリダイズした二本鎖の核酸にモノ修飾シクロデキストリンを吸着させる工程を含む核酸検出方法による。モノ修飾シクロデキストリンは式(1)に示される化合物である。 CyD-R-X (1) (式中、CyDはα、β又はγ-シクロデキストリン、Rは原子数1~20の長さを有し、不飽和結合、カルボニル、エステル、エーテル、ウレタン及びアミンからなる群から選択される少なくとも1の結合を含んでもよい炭化水素鎖であり、Xはインターカレーターである。)
他の公開
国際事務局に記録されている最新の書誌情報