処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2007105421 - 第2級ブタノールの製造方法

公開番号 WO/2007/105421
公開日 20.09.2007
国際出願番号 PCT/JP2007/052999
国際出願日 20.02.2007
IPC
C07C 29/04 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
296員芳香環に属していない炭素原子に結合している水酸基またはO―金属基をもつ化合物の製造
03不飽和炭素―炭素結合に水酸基を付加することによるもの,例.H↓2O↓2を用いるもの
04炭素―炭素二重結合の水和によるもの
C07C 31/12 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
31非環式炭素原子に結合した水酸基またはO―金属基をもつ飽和化合物
02非環式一価アルコール
124個の炭素原子を含有するもの
C07B 61/00 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
B有機化学の一般的方法あるいはそのための装置
61他の一般的方法
CPC
C07C 29/04
CCHEMISTRY; METALLURGY
07ORGANIC CHEMISTRY
CACYCLIC OR CARBOCYCLIC COMPOUNDS
29Preparation of compounds having hydroxy or O-metal groups bound to a carbon atom not belonging to a six-membered aromatic ring
03by addition of hydroxy groups to unsaturated carbon-to-carbon bonds, e.g. with the aid of H2O2
04by hydration of carbon-to-carbon double bonds
出願人
  • 出光興産株式会社 IDEMITSU KOSAN CO., LTD. [JP/JP]; 〒1008321 東京都千代田区丸の内三丁目1番1号 Tokyo 1-1, Marunouchi 3-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008321, JP (AllExceptUS)
  • 内山 正一 UCHIYAMA, Shoichi [JP/JP]; JP (UsOnly)
  • 岡本 賢治 OKAMOTO, Kenji [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者
  • 内山 正一 UCHIYAMA, Shoichi; JP
  • 岡本 賢治 OKAMOTO, Kenji; JP
代理人
  • 渡辺 喜平 WATANABE, Kihei; 〒1010041 東京都千代田区神田須田町一丁目26番 芝信神田ビル3階 Tokyo Shibashin Kanda Bldg. 3rd Floor, 26, Kanda Suda-cho 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1010041, JP
優先権情報
2006-05593502.03.2006JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) METHOD FOR PRODUCING SECONDARY BUTANOL
(FR) MÉTHODE DE PRODUCTION DE BUTANOL SECONDAIRE
(JA) 第2級ブタノールの製造方法
要約
(EN)
Disclosed is a method for producing secondary butanol wherein an n-butene is directly hydrated by using an aqueous heteropoly acid solution as a catalyst. This method for producing secondary butanol is characterized by using water wherein oxygen is dissolved as a raw material water. The raw material water is preferably oxygen-saturated water.
(FR)
La présente invention concerne une méthode de production de butanol secondaire, un n-butène étant directement hydraté par utilisation d'une solution aqueuse d'hétéropolyacide au titre de catalyseur. Cette méthode de production de butanol secondaire est caractérisée en ce qu'elle utilise de l'eau où est dissous de l'oxygène en tant que produit de départ. L'eau de départ est préférentiellement de l'eau saturée en oxygène.
(JA)
ヘテロポリ酸水溶液を触媒として用い、n-ブテンを直接水和する第2級ブタノールの製造方法において、原料水に酸素を溶存させた水を使用することを特徴とする第2級ブタノールの製造方法。原料の水は飽和酸素水であることが好ましい。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報