処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2007102580 - 多環式シンナミド誘導体

公開番号 WO/2007/102580
公開日 13.09.2007
国際出願番号 PCT/JP2007/054532
国際出願日 08.03.2007
IPC
C07D 233/64 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
D複素環式化合物(高分子化合物C08)
233他の環と縮合していない1,3―ジアゾール環または水素添加した1,3―ジアゾールからなる複素環式化合物
54環原子相互間または環原子と非環原子間に2個の二重結合を有するもの
64環の炭素原子に結合する置換された炭化水素基を有するもの,例.ヒスチジン
A61K 31/4178 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31有機活性成分を含有する医薬品製剤
33複素環式化合物
395環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
412個以上の環異種原子を有し,そのうち少なくとも1個は窒素である5員環をもつもの,例.テトラゾール
41641,3一ジアゾール,例.イミダゾール
4178縮合することなく,さらに複素環を含有するもの,例.ピロカルピン,ニトロフラントイン
A61K 31/4196 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31有機活性成分を含有する医薬品製剤
33複素環式化合物
395環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
412個以上の環異種原子を有し,そのうち少なくとも1個は窒素である5員環をもつもの,例.テトラゾール
41961,2,4-トリアゾール
A61K 31/437 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31有機活性成分を含有する医薬品製剤
33複素環式化合物
395環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
4353複素環とオルトまたはペリ縮合したもの
437環異種原子として窒素を持つ5員環を含む複素環系と縮合したもの,例.インドリジン,β-カルボリン
A61K 31/4985 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31有機活性成分を含有する医薬品製剤
33複素環式化合物
395環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
495環異種原子として2個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.ピペラジン
4985複素環系とオルト又はペリ縮合したピラジン又はピペラジン
A61K 31/5383 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31有機活性成分を含有する医薬品製剤
33複素環式化合物
395環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
535環異種原子として少なくとも1個の窒素及び1個の酸素を有する6員環を持つもの,例.1,2-オキサジン
53751,4-オキサジン,例.モルホリン
5383複素環系とオルソ又はペリ縮合したもの
CPC
C07D 233/64
CCHEMISTRY; METALLURGY
07ORGANIC CHEMISTRY
DHETEROCYCLIC COMPOUNDS
233Heterocyclic compounds containing 1,3-diazole or hydrogenated 1,3-diazole rings, not condensed with other rings
54having two double bonds between ring members or between ring members and non-ring members
64with substituted hydrocarbon radicals attached to ring carbon atoms, e.g. histidine
出願人
  • エーザイ・アール・アンド・ディー・マネジメント株式会社 Eisai R & D Management Co., Ltd. [JP/JP]; 〒1128088 東京都文京区小石川4丁目6番10号 Tokyo 6-10, Koishikawa 4-chome, Bunkyo-ku, Tokyo 1128088, JP (AllExceptUS)
  • 木村 禎治 KIMURA, Teiji [JP/JP]; JP (UsOnly)
  • 北澤 則孝 KITAZAWA, Noritaka [JP/JP]; JP (UsOnly)
  • 金子 敏彦 KANEKO, Toshihiko [JP/JP]; JP (UsOnly)
  • 佐藤 信明 SATO, Nobuaki [JP/JP]; JP (UsOnly)
  • 川野 弘毅 KAWANO, Koki [JP/JP]; JP (UsOnly)
  • 伊藤 康一 ITO, Koichi [JP/JP]; JP (UsOnly)
  • 土井 江梨子 DOI, Eriko [JP/JP]; JP (UsOnly)
  • 高石 守 TAKAISHI, Mamoru [JP/JP]; JP (UsOnly)
  • 佐々木 健雄 SASAKI, Takeo [JP/JP]; JP (UsOnly)
  • 土幸 隆司 DOKO, Takashi [JP/JP]; JP (UsOnly)
  • 宮川 武彦 MIYAGAWA, Takehiko [JP/JP]; JP (UsOnly)
  • 萩原 博昭 HAGIWARA, Hiroaki [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者
  • 木村 禎治 KIMURA, Teiji; JP
  • 北澤 則孝 KITAZAWA, Noritaka; JP
  • 金子 敏彦 KANEKO, Toshihiko; JP
  • 佐藤 信明 SATO, Nobuaki; JP
  • 川野 弘毅 KAWANO, Koki; JP
  • 伊藤 康一 ITO, Koichi; JP
  • 土井 江梨子 DOI, Eriko; JP
  • 高石 守 TAKAISHI, Mamoru; JP
  • 佐々木 健雄 SASAKI, Takeo; JP
  • 土幸 隆司 DOKO, Takashi; JP
  • 宮川 武彦 MIYAGAWA, Takehiko; JP
  • 萩原 博昭 HAGIWARA, Hiroaki; JP
代理人
  • 浅村 皓 ASAMURA, Kiyoshi; 〒1000004 東京都千代田区大手町2丁目2番1号 新大手町ビル331 Tokyo Room 331, New Ohtemachi Bldg., 2-1, Ohtemachi 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1000004, JP
優先権情報
2006-06356209.03.2006JP
2006-32272830.11.2006JP
60/78051709.03.2006US
60/86170230.11.2006US
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) POLYCYCLIC CINNAMIDE DERIVATIVE
(FR) DÉRIVÉ POLYCYCLIQUE DE CINNAMIDE
(JA) 多環式シンナミド誘導体
要約
(EN)
Disclosed is a compound represented by the formula (I) or a pharmacologically acceptable salt thereof: (I) wherein Ar1 represents an imidazolyl group which may be substituted by a C1-6 alkyl group, or the like; Ar2 represents a phenyl group which may be substituted by a C1-6 alkoxy group, or the like; X1 represents a double bond or the like; and Het represents an imidazolyl group which may be substituted by a C1-6 alkyl group or the like, or the like. The compound or the salt is effective as a therapeutic or prophylactic agent for a disease associated with A&bgr;.
(FR)
La présente invention concerne un composé de formule (I) ou un sel de qualité pharmacologique dudit composé : (I) où Ar1 représente un groupement imidazolyle éventuellement substitué par un groupement alkyle en C1-6, etc. ; Ar2 représente un groupement phényle éventuellement substitué par un groupement alcoxy en C1-6, etc. ; X1 représente une liaison double, etc. ; et Het représente un groupement imidazolyle éventuellement substitué par un groupement alkyle en C1-6, et similaires, et similaires. Le composé ou sel peut être efficacement employé en tant qu'agent prophylactique ou thérapeutique dans le traitement d'une maladie associée à Aβ.
(JA)
 式(I) [式中、Arは、C1-6アルキル基で置換されてもよいイミダゾリル基等を示し、Arは、C1-6アルコキシ基で置換されてもよいフェニル基等を示し、Xは、二重結合等を示し、Hetは、C1-6アルキル基等で置換されてもよいイミダゾリル基等を示す]で表される化合物または薬理学的に許容される塩は、Aβに起因する疾患の治療剤または予防剤として有効である。
他の公開
CO08086079
CRCR2008-010205
DZDZP2008000529
EG2008091488
GE10893
GE10893/1
NO20084180
NZ571121
PH12008501813
RSP-2012/0088
UAa200811965
国際事務局に記録されている最新の書誌情報