処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2007102515 - フェニルチアゾール誘導体

公開番号 WO/2007/102515
公開日 13.09.2007
国際出願番号 PCT/JP2007/054352
国際出願日 06.03.2007
IPC
C07D 277/28 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
D複素環式化合物(高分子化合物C08)
2771,3―チアゾールまたは水素添加した1,3―チアゾール環を含有する複素環式化合物
02他の環と縮合していないもの
20環原子相互間または環原子と非環原子間に2個または3個の二重結合をもつもの
22環の炭素原子に,水素原子,炭化水素基または置換炭化水素基のみが直接結合したもの
28窒素原子で置換された基
A61K 31/438 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31有機活性成分を含有する医薬品製剤
33複素環式化合物
395環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
438環が炭素環系又は複素環系とスピロ縮合しているもの
A61K 31/4439 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31有機活性成分を含有する医薬品製剤
33複素環式化合物
395環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
44非縮合ピリジン;その水素添加誘導体
4427さらに複素環系を含有するもの
4439環異種原子として室素を有する5員環を含むもの,例.オメプラゾール
A61K 31/454 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31有機活性成分を含有する医薬品製剤
33複素環式化合物
395環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
44非縮合ピリジン;その水素添加誘導体
445非縮合ピペリジン,例.ピペロカイン
4523さらに複素環系を含有するもの
454環異種原子として窒素を有する5員環を含むもの,例.ピモジド,ドンペリドン
A61K 31/4545 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31有機活性成分を含有する医薬品製剤
33複素環式化合物
395環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
44非縮合ピリジン;その水素添加誘導体
445非縮合ピペリジン,例.ピペロカイン
4523さらに複素環系を含有するもの
4545環異種原子として窒素を有する6員環を含むもの,例.ピパンペロン,アナバシン
A61K 31/4709 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31有機活性成分を含有する医薬品製剤
33複素環式化合物
395環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
47キノリン;イソキノリン
4709縮合することなく,さらに複素環を含むキノリン
CPC
A61P 1/02
AHUMAN NECESSITIES
61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
PSPECIFIC THERAPEUTIC ACTIVITY OF CHEMICAL COMPOUNDS OR MEDICINAL PREPARATIONS
1Drugs for disorders of the alimentary tract or the digestive system
02Stomatological preparations, e.g. drugs for caries, aphtae, periodontitis
A61P 1/04
AHUMAN NECESSITIES
61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
PSPECIFIC THERAPEUTIC ACTIVITY OF CHEMICAL COMPOUNDS OR MEDICINAL PREPARATIONS
1Drugs for disorders of the alimentary tract or the digestive system
04for ulcers, gastritis or reflux esophagitis, e.g. antacids, inhibitors of acid secretion, mucosal protectants
A61P 1/12
AHUMAN NECESSITIES
61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
PSPECIFIC THERAPEUTIC ACTIVITY OF CHEMICAL COMPOUNDS OR MEDICINAL PREPARATIONS
1Drugs for disorders of the alimentary tract or the digestive system
12Antidiarrhoeals
A61P 1/14
AHUMAN NECESSITIES
61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
PSPECIFIC THERAPEUTIC ACTIVITY OF CHEMICAL COMPOUNDS OR MEDICINAL PREPARATIONS
1Drugs for disorders of the alimentary tract or the digestive system
14Prodigestives, e.g. acids, enzymes, appetite stimulants, antidyspeptics, tonics, antiflatulents
A61P 1/16
AHUMAN NECESSITIES
61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
PSPECIFIC THERAPEUTIC ACTIVITY OF CHEMICAL COMPOUNDS OR MEDICINAL PREPARATIONS
1Drugs for disorders of the alimentary tract or the digestive system
16for liver or gallbladder disorders, e.g. hepatoprotective agents, cholagogues, litholytics
A61P 1/18
AHUMAN NECESSITIES
61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
PSPECIFIC THERAPEUTIC ACTIVITY OF CHEMICAL COMPOUNDS OR MEDICINAL PREPARATIONS
1Drugs for disorders of the alimentary tract or the digestive system
18for pancreatic disorders, e.g. pancreatic enzymes
出願人
  • アステラス製薬株式会社 ASTELLAS PHARMA INC. [JP/JP]; 〒1038411 東京都中央区日本橋本町二丁目3-11 Tokyo 3-11, Nihonbashi-Honcho 2-chome, Chuo-ku, Tokyo 1038411, JP (AllExceptUS)
  • ダイセル化学工業株式会社 DAICEL CHEMICAL INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 〒5908501 大阪府堺市鉄砲町1番地 Osaka 1, Teppo-cho, Sakai-ku, Sakai-shi, Osaka 5908501, JP (AllExceptUS)
  • 加藤 毅 KATO, Takeshi [JP/JP]; JP (UsOnly)
  • 鈴木 貴之 SUZUKI, Takayuki [JP/JP]; JP (UsOnly)
  • 恩田 健一 ONDA, Kenichi [JP/JP]; JP (UsOnly)
  • 今村 雅一 IMAMURA, Masakazu [JP/JP]; JP (UsOnly)
  • 中西 慶太 NAKANISHI, Keita [JP/JP]; JP (UsOnly)
  • 小池 貴徳 KOIKE, Takanori [JP/JP]; JP (UsOnly)
  • 奥村 光晶 OKUMURA, Mitsuaki [JP/JP]; JP (UsOnly)
  • 石橋 直樹 ISHIBASHI, Naoki [JP/JP]; JP (UsOnly)
  • 横野 真典 YOKONO, Masanori [JP/JP]; JP (UsOnly)
  • 高瀬 一郎 TAKASE, Ichiro [JP/JP]; JP (UsOnly)
  • 平邑 隆弘 HIRAMURA, Takahiro [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者
  • 加藤 毅 KATO, Takeshi; JP
  • 鈴木 貴之 SUZUKI, Takayuki; JP
  • 恩田 健一 ONDA, Kenichi; JP
  • 今村 雅一 IMAMURA, Masakazu; JP
  • 中西 慶太 NAKANISHI, Keita; JP
  • 小池 貴徳 KOIKE, Takanori; JP
  • 奥村 光晶 OKUMURA, Mitsuaki; JP
  • 石橋 直樹 ISHIBASHI, Naoki; JP
  • 横野 真典 YOKONO, Masanori; JP
  • 高瀬 一郎 TAKASE, Ichiro; JP
  • 平邑 隆弘 HIRAMURA, Takahiro; JP
代理人
  • 清水 初志 SHIMIZU, Hatsushi; 〒3000847 茨城県土浦市卸町1-1-1 関鉄つくばビル6階 Ibaraki Kantetsu Tsukuba Bldg. 6F, 1-1-1, Oroshi-machi, Tsuchiura-shi, Ibaraki 3000847, JP
優先権情報
2006-06134407.03.2006JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) PHENYLTHIAZOLE DERIVATIVE
(FR) DERIVE DE PHENYLTHIAZOLE
(JA) フェニルチアゾール誘導体
要約
(EN)
An extensive study is made on a compound having a PPAR-activating activity. As a result, it is found that a 2-phenylthiazole derivative having a carboxymethyl sulfanylphenyl group or an equivalent thereof has a PPARϝ-activating activity. It is also confirmed that there exists a compound having a PPAR&agr;- and/or PPAR&dgr;-activating activity.
(FR)
Selon la présente invention, une étude de grande envergure est réalisée sur un composé dont l'activité consiste à activer le récepteur PPAR. Dans le cadre de cette étude, il est constaté qu'un dérivé de 2-phenylthiazole possédant un groupe carboxyméthyle ou un équivalent de celui-ci possède une activité qui consiste à activer le récepteur PPAR&ggr;. Selon la présente invention, il est également confirmé qu'il existe un composé dont l'activité consiste à activer le récepteur PPARα et/ou PPARδ.
(JA)
 発明者等は、PPAR活性化作用を有する化合物について鋭意検討した結果、カルボキシメチルスルファニルフェニル基又はその等価体を有する2-フェニルチアゾール誘導体がPPARγ活性化作用を有することを見出し、更にPPARα及び/又はPPARδ活性化作用も有する化合物も存在することを確認し、本発明を完成した。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報