処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2007102389 - 過グルタル酸希釈液の製造方法

公開番号 WO/2007/102389
公開日 13.09.2007
国際出願番号 PCT/JP2007/053886
国際出願日 01.03.2007
IPC
A01N 37/16 2006.01
A生活必需品
01農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺微生物剤,殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
37殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤,または植物生長調節剤であって,異種原子と3個の結合をもちそのうち多くても2個がハロゲンとの結合である炭素原子を有する有機化合物を含むもの,例.カルボン酸
16基「図」を有するもの;そのチオ類似体
A01N 25/02 2006.01
A生活必需品
01農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺微生物剤,殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
25殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤または植物生長調節剤であって,その形態,または不活性成分または適用方法により特徴づけられたもの;有害生物以外の有機体に対する活性成分の有害な影響を減少するための物質
02担体,希釈剤または溶媒として液体を含むもの
A01N 25/22 2006.01
A生活必需品
01農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺微生物剤,殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
25殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤または植物生長調節剤であって,その形態,または不活性成分または適用方法により特徴づけられたもの;有害生物以外の有機体に対する活性成分の有害な影響を減少するための物質
22活性成分を安定させる成分を含むもの
A01N 37/02 2006.01
A生活必需品
01農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺微生物剤,殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
37殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤,または植物生長調節剤であって,異種原子と3個の結合をもちそのうち多くても2個がハロゲンとの結合である炭素原子を有する有機化合物を含むもの,例.カルボン酸
02飽和カルボン酸またはそのチオ類似体;その誘導体
A01N 59/00 2006.01
A生活必需品
01農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺微生物剤,殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
59殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤,または植物生長調節剤であって元素または無機化合物を含むもの
A01P 3/00 2006.01
A生活必需品
01農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
P化合物または組成物の殺生物,有害生物忌避,有害生物誘引または植物生長調節活性
3殺菌・殺カビ剤
CPC
A01N 37/16
AHUMAN NECESSITIES
01AGRICULTURE; FORESTRY; ANIMAL HUSBANDRY; HUNTING; TRAPPING; FISHING
NPRESERVATION OF BODIES OF HUMANS OR ANIMALS OR PLANTS OR PARTS THEREOF; BIOCIDES, e.g. AS DISINFECTANTS, AS PESTICIDES, AS HERBICIDES
37Biocides, pest repellants or attractants, or plant growth regulators containing organic compounds containing a carbon atom having three bonds to hetero atoms with at the most two bonds to halogen, e.g. carboxylic acids
16containing the group ; Thio analogues thereof
出願人
  • 三菱瓦斯化学株式会社 Mitsubishi Gas Chemical Company, Inc. [JP/JP]; 〒1008324 東京都千代田区丸の内二丁目5番2号 Tokyo 5-2, Marunouchi 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008324, JP (AllExceptUS)
  • 川端 康成 KAWABATA, Yasunari [JP/JP]; JP (UsOnly)
  • 平松 靖史 HIRAMATSU, Yasushi [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者
  • 川端 康成 KAWABATA, Yasunari; JP
  • 平松 靖史 HIRAMATSU, Yasushi; JP
代理人
  • 鷹野 みふね TAKANO, Mifune; 〒1500002 東京都渋谷区渋谷1-12-12 宮益坂東豊エステート602号 Tokyo Miyamasuzaka-Toho-Estate 602, 1-12-12, Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo 1500002, JP
優先権情報
2006-06340008.03.2006JP
2006-06340108.03.2006JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) PROCESS FOR PRODUCING DILUTE PERGLUTARIC ACID SOLUTION
(FR) PROCEDE DE PRODUCTION D'UNE SOLUTION DILUEE D'ACIDE PERGLUTARIQUE
(JA) 過グルタル酸希釈液の製造方法
要約
(EN)
A process for producing a dilute solution of a perglutaric acid composition useful as a disinfectant, the dilute solution after dilution being slow in decreasing in perglutaric acid concentration. An equilibrated concentrated perglutaric acid solution having a pH lower than 0.5 and containing 10-45 wt.% perglutaric acid, 1-30 wt.% glutaric acid, and 8-50 wt.% hydrogen peroxide is diluted with water. Before or during the dilution, an alkali is added thereto to thereby regulate the diluted solution so as to have a pH of 1.8-5.0. Thus, a dilute perglutaric acid solution which is slow in decreasing in perglutaric acid concentration is obtained.
(FR)
La présente invention concerne un procédé de production d'une solution diluée d'une composition d'acide perglutarique utile en tant que désinfectant, la solution diluée après dilution ayant une diminution lente de la concentration en acide perglutarique. Une solution concentrée d'acide perglutarique équilibrée ayant un pH inférieur à 0,5 et contenant de 10 à 45 % en poids d'acide perglutarique, de 1 à 30 % en poids d'acide glutarique et de 8 à 50 % en poids de peroxyde d'hydrogène est diluée avec de l'eau. Avant ou pendant la dilution, un alcali est ajouté de façon à réguler de ce fait la solution diluée afin d'avoir un pH allant de 1,8 à 5.0. Ainsi, on obtient une solution diluée d'acide perglutarique qui a une diminution lente de la concentration en acide perglutarique.
(JA)
 殺菌消毒剤として有用な過グルタル酸組成物において、希釈後の過グルタル酸濃度低下の遅い希釈液を製造する方法を提供することを課題とし、10~45重量%の過グルタル酸、1~30重量%のグルタル酸および8~50重量%の過酸化水素を含有するpH0.5未満の平衡過グルタル酸濃厚液を水で希釈し、且つ希釈前又は希釈時にアルカリを添加して希釈後にpH1.8~5.0になるよう調整することによって、過グルタル酸濃度低下の遅い過グルタル酸希釈液を得る。
他の公開
国際事務局に記録されている最新の書誌情報