処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2007099994 - 新規カルボニル還元酵素、その遺伝子、ベクター、形質転換体、およびそれらを利用した光学活性アルコールの製造方法

公開番号 WO/2007/099994
公開日 07.09.2007
国際出願番号 PCT/JP2007/053739
国際出願日 28.02.2007
IPC
C12N 15/09 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09組換えDNA技術
C12N 1/21 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1微生物,例.原生動物;その組成物
20細菌;そのための培地
21外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C12N 9/04 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
02酸化還元酵素(1.),例.ルシフェラーゼ
04電子供与体としてCHOH基に作用するもの,例.グルコースオキシダーゼ,乳酸脱水素酵素(1.1)
C12P 7/02 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
7酸素原子を含む有機化合物の製造
02水酸基を有するもの
CPC
C12N 9/0006
CCHEMISTRY; METALLURGY
12BIOCHEMISTRY; BEER; SPIRITS; WINE; VINEGAR; MICROBIOLOGY; ENZYMOLOGY; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING
NMICROORGANISMS OR ENZYMES; COMPOSITIONS THEREOF; PROPAGATING, PRESERVING, OR MAINTAINING MICROORGANISMS; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING; CULTURE MEDIA
9Enzymes; Proenzymes; Compositions thereof
0004Oxidoreductases (1.)
0006acting on CH-OH groups as donors (1.1)
C12P 7/22
CCHEMISTRY; METALLURGY
12BIOCHEMISTRY; BEER; SPIRITS; WINE; VINEGAR; MICROBIOLOGY; ENZYMOLOGY; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING
PFERMENTATION OR ENZYME-USING PROCESSES TO SYNTHESISE A DESIRED CHEMICAL COMPOUND OR COMPOSITION OR TO SEPARATE OPTICAL ISOMERS FROM A RACEMIC MIXTURE
7Preparation of oxygen-containing organic compounds
02containing a hydroxy group
22aromatic
出願人
  • 株式会社カネカ KANEKA CORPORATION [JP/JP]; 〒5308288 大阪府大阪市北区中之島三丁目2番4号 Osaka 2-4, Nakanoshima 3-chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5308288, JP (AllExceptUS)
  • 西山 陶三 NISHIYAMA, Tozo [JP/JP]; JP (UsOnly)
  • 木崎 憲之 KIZAKI, Noriyuki [JP/JP]; JP (UsOnly)
  • 八十原 良彦 YASOHARA, Yoshihiko [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者
  • 西山 陶三 NISHIYAMA, Tozo; JP
  • 木崎 憲之 KIZAKI, Noriyuki; JP
  • 八十原 良彦 YASOHARA, Yoshihiko; JP
共通の代表者
  • 株式会社カネカ KANEKA CORPORATION; 〒5308288 大阪府大阪市北区中之島三丁目2番4号 Osaka 2-4, Nakanoshima 3-chome Kita-ku, Osaka-shi Osaka 5308288, JP
優先権情報
2006-05700002.03.2006JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) NOVEL CARBONYL REDUCTASE, GENE FOR THE REDUCTASE, VECTOR, TRANSFORMANT, AND METHOD FOR PRODUCTION OF OPTICALLY ACTIVE ALCOHOL UTILIZING THESE MATERIALS
(FR) carbonyle reductase, gene pour la reductase, vecteur, transformant et procede de production d'alcool optiquement actif au moyen de ces materiaux
(JA) 新規カルボニル還元酵素、その遺伝子、ベクター、形質転換体、およびそれらを利用した光学活性アルコールの製造方法
要約
(EN)
The object is to provide a method for producing (R)-1-(3,4-dimethoxyphenyl)-2-propanol with good efficiency. Thus, disclosed are: a polypeptide which is isolated from Pseudomonas stutzeri and is capable of reducing 3,4-dimethoxyphenylacetone asymmetrically to produce (R)-1-(3,4-dimethoxyphenyl)-2-propanol; DNA encoding the polypeptide; a transformant capable of producing the polypeptide; and a method for production of an optically active alcohol by reducing a carbonyl compound using the polypeptide or the transformant.
(FR)
L'invention a pour objet un procédé de production de (R)-1-(3,4-diméthoxyphényl)-2-propanol à bonne efficacité. Pour cela, l'invention divulgue : un polypeptide isolé à partir de Pseudomonas stutzeri pouvant réduire asymétriquement le 3,4-diméthoxyphénylacétone pour produire du (R)-1-(3,4-diméthoxyphényl)-2-propanol; un ADN encodant le polypeptide; un transformant pouvant produire le polypeptide et un procédé de production d'un alcool optiquement actif par réduction d'un composé carbonyle au moyen du polypeptide ou du transformant.
(JA)
(R)-1-(3,4-ジメトキシフェニル)-2-プロパノールの効率的な製造方法を提供する。 シュードモナス・スツッツェリ(Pseudomonas stutzeri)より単離された、3,4-ジメトキシフェニルアセトンを不斉的に還元して、(R)-1-(3,4-ジメトキシフェニル)-2-プロパノールを生成する活性を有するポリペプチド、該ポリペプチドをコードするDNA及び該ポリペプチドを生産する形質転換体。並びに、該ポリペプチド又は該形質転換体を利用して、カルボニル化合物を還元し、光学活性アルコールを製造する方法。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報