処理中

しばらくお待ちください...

PATENTSCOPE は、メンテナンスのため次の日時に数時間サービスを休止します。サービス休止: 日曜日 05.04.2020 (10:00 午前 CEST)
設定

設定

1. WO2007099921 - PILRαと結合するポリペプチド、およびそれをコードするポリヌクレオチド、並びにその利用

公開番号 WO/2007/099921
公開日 07.09.2007
国際出願番号 PCT/JP2007/053558
国際出願日 27.02.2007
予備審査請求日 04.09.2007
IPC
C12N 15/09 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09組換えDNA技術
A61K 31/7088 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31有機活性成分を含有する医薬品製剤
70炭水化物;糖;その誘導体
70883個以上のヌクレオシドまたはヌクレオチドを持つ化合物
A61K 35/12 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
35構造未知の物質またはその反応生成物を含有する医薬品製剤
12哺乳動物からの物質;特定されていない組織または細胞からなる組成物;非胚性幹細胞からなる組成物;遺伝子的に修飾された細胞
A61K 38/00 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
38ペプチドを含有する医療製剤
A61K 48/00 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
48遺伝子疾病を治療するために生体の細胞内に挿入する遺伝子物質を含有する医療用製剤;遺伝子治療
A61P 37/04 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
P化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
37免疫またはアレルギー疾患の治療薬
02免疫調節剤
04免疫刺激剤
CPC
A61K 38/00
AHUMAN NECESSITIES
61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
38Medicinal preparations containing peptides
C07K 14/47
CCHEMISTRY; METALLURGY
07ORGANIC CHEMISTRY
KPEPTIDES
14Peptides having more than 20 amino acids; Gastrins; Somatostatins; Melanotropins; Derivatives thereof
435from animals; from humans
46from vertebrates
47from mammals
出願人
  • 国立大学法人大阪大学 OSAKA UNIVERSITY [JP/JP]; 〒5650871 大阪府吹田市山田丘1番1号 Osaka 1-1, Yamadaoka, Suita-shi, Osaka 5650871, JP (AllExceptUS)
  • 荒瀬 尚 ARASE, Hisashi; null (UsOnly)
  • 白鳥 行大 SHIRATORI, Ikuo; null (UsOnly)
  • 前仲 勝実 MAENAKA, Katsumi; null (UsOnly)
発明者
  • 荒瀬 尚 ARASE, Hisashi; null
  • 白鳥 行大 SHIRATORI, Ikuo; null
  • 前仲 勝実 MAENAKA, Katsumi; null
代理人
  • 特許業務法人原謙三国際特許事務所 HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK; 〒5300041 大阪府大阪市北区天神橋2丁目北2番6号 大和南森町ビル Osaka Daiwa Minamimorimachi Building, 2-6, Tenjinbashi 2-chome Kita, Kita-ku, Osaka-shi Osaka 5300041, JP
優先権情報
2006-05275028.02.2006JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) PEPTIDE BINGING TO PILR&agr;, POLYNUCLEOTIDE ENCODING THE SAME AND APPLICATION THEREOF
(FR) PEPTIDE se liant a un PILRα, POLYNUCLEOTIDE l'encodant et son application
(JA) PILRαと結合するポリペプチド、およびそれをコードするポリヌクレオチド、並びにその利用
要約
(EN)
The present inventors found that a polypeptide comprising an amino acid sequence shown in any one of SEQ ID NOS: 1 to 6 binds to PILR&agr; and that the polypeptide activates an immune cell or suppresses the activation of the immune cell. The polypeptide can be preferably applied to a pharmaceutical or the like.
(FR)
La présente invention concerne le fait qu'un polypeptide comprenant une séquence d'acide aminé représentée dans l'une des SEQ ID NOS: 1 à 6 se lie à un PILRα et qu'il active une cellule immunitaire ou supprime son activation. Le polypeptide peut être utilisé de préférence pour un produit pharmaceutique ou équivalent.
(JA)
 本発明者らは、配列番号1~6のいずれか1つに示されるアミノ酸配列からなるポリペプチドが、PILRαに結合することを見出した。そして、このポリペプチドが免疫細胞を活性化する、または免疫細胞の活性化を抑制することができることを見出した。このポリペプチドは、医薬品等に好適に利用される。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報