処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2007099737 - DNAポリメラーゼ変異体

公開番号 WO/2007/099737
公開日 07.09.2007
国際出願番号 PCT/JP2007/051928
国際出願日 05.02.2007
IPC
C12N 15/00 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
C12N 1/15 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1微生物,例.原生動物;その組成物
14菌類;そのための培地
15外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C12N 1/19 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1微生物,例.原生動物;その組成物
14菌類;そのための培地
16酵母;そのための培地
19外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C12N 1/21 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1微生物,例.原生動物;その組成物
20細菌;そのための培地
21外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C12N 5/10 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5ヒト,動物または植物の細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
10外来遺伝物質の導入によって修飾された細胞,例.ウイルス形質転換細胞
C12N 9/12 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
10転移酵素(2.)
12りん含有基を転移するもの,例.キナーゼ(2.7)
CPC
C12N 9/1252
CCHEMISTRY; METALLURGY
12BIOCHEMISTRY; BEER; SPIRITS; WINE; VINEGAR; MICROBIOLOGY; ENZYMOLOGY; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING
NMICROORGANISMS OR ENZYMES; COMPOSITIONS THEREOF; PROPAGATING, PRESERVING, OR MAINTAINING MICROORGANISMS; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING; CULTURE MEDIA
9Enzymes; Proenzymes; Compositions thereof
10Transferases (2.)
12transferring phosphorus containing groups, e.g. kinases (2.7)
1241Nucleotidyltransferases (2.7.7)
1252DNA-directed DNA polymerase (2.7.7.7), i.e. DNA replicase
出願人
  • 独立行政法人産業技術総合研究所 NATIONAL INSTITUTE OF ADVANCED INDUSTRIAL SCIENCE AND TECHNOLOGY [JP/JP]; 〒1008921 東京都千代田区霞が関1丁目3番1号 Tokyo 3-1, Kasumigaseki 1-chome, Chiyoda-ku Tokyo 1008921, JP (AllExceptUS)
  • 松井 郁夫 MATSUI, Ikuo [JP/JP]; JP (UsOnly)
  • 漆畑 祐司 URUSHIBATA, Yuji [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者
  • 松井 郁夫 MATSUI, Ikuo; JP
  • 漆畑 祐司 URUSHIBATA, Yuji; JP
優先権情報
2006-05555001.03.2006JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) DNA POLYMERASE MUTANT
(FR) ADN polymerase mutante
(JA) DNAポリメラーゼ変異体
要約
(EN)
Disclosed is a novel thermostable family-D DNA polymerase (PolD) mutant which is thermostable, has a 3'-5' exonuclease activity (i.e., a proofreading function for DNA chain elongation), has a potent primer elongation activity, and can replicate a DNA region of interest within a short period even under high salt concentration conditions. The mutant can be produced from a thermostable heterooligomeric enzyme which is composed of a small subunit and a large subunit containing no intein sequence and has a DNA polymerase activity and a 3'-5' exonuclease activity, and can be produced by removing a DNA synthesis activity-regulating region from the small subunit in the thermostable heterooligomeric enzyme.
(FR)
L'invention a pour objet une nouvelle ADN polymérase thermostable de famille D (PolD) mutante qui est thermostable, présente une activité exonucléase 3'-5' (c. à d. une fonction de lecture d'épreuve pour l'élongation de la chaîne ADN), possède une puissante activité d'élongation d'amorce et peut répliquer une région ADN rapidement, même en cas de forte concentration saline. L'ADN polymérase mutante peut être obtenue à partir d'une enzyme thermostable hétéro-oligomérique, composée d'une petite sous-unité et d'une grande sous-unité ne contenant aucune séquence intéine, qui présente une activité ADN polymérase et une activité exonucléase 3'-5' et peut être produite par le retrait d'une région régulatrice de synthèse d'ADN de la petite sous-unité.
(JA)
 小サブユニットとインテイン配列を含有しない大サブユニットとからなり、DNAポリメラーゼ活性及び3’-5’エキソヌクレアーゼ活性を有する、耐熱性ヘテロオリゴマー酵素において、小サブユニットのDNA合成活性制御領域を削除することにより、耐熱性で、DNA鎖伸長の校正機能である3'-5'エキソヌクレアーゼ活性を有し、かつプライマー伸長活性が強く、高塩濃度下でも目的DNA領域を短時間で複製できる新規耐熱性ファミリーD DNAポリメラーゼ(PolD)変異体を得る。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報