このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2007074808) ハニカム構造体及びその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報   

国際公開番号: WO/2007/074808 国際出願番号: PCT/JP2006/325872
国際公開日: 05.07.2007 国際出願日: 26.12.2006
IPC:
B01D 46/00 (2006.01) ,B01D 39/20 (2006.01) ,B01D 53/86 (2006.01) ,B01D 53/94 (2006.01) ,B01J 23/42 (2006.01) ,B01J 32/00 (2006.01) ,B01J 35/04 (2006.01) ,F01N 3/02 (2006.01) ,F01N 3/28 (2006.01)
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
46
ガスまたは蒸気から分散粒子を分離するために特に改良されたろ過機またはろ過工程
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
39
液体またはガス状流体用ろ過材
14
その他の自己支持ろ過材
20
無機物製のもの,例.アスベスト紙または針金を織ったものではない金属性ろ過材
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
74
廃ガス浄化のための一般的方法;そのため特に適合した装置または器具
86
触媒による方法
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
92
エンジン排気ガスに適用されるもの
94
触媒による方法によるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
23
グループ21/00に分類されない,金属または金属酸化物または水酸化物からなる触媒
38
貴金属に関するもの
40
白金族金属に関するもの
42
白金
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
32
触媒担体一般
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
35
形態または物理的性質に特徴のある触媒一般
02
固体
04
小孔構造,ふるい状,格子状,ハニカム状のもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
02
排気を冷却するためのもの,または排気の固体成分を除去するためのもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
24
変換装置の構造的な面に特徴をもつもの
28
触媒反応装置の構造
出願人:
笠井 義幸 KASAI, Yoshiyuki [JP/JP]; JP (UsOnly)
山田 敏雄 YAMADA, Toshio [JP/JP]; JP (UsOnly)
三輪 真一 MIWA, Shinichi [JP/JP]; JP (UsOnly)
牧野 幹生 MAKINO, Mikio [JP/JP]; JP (UsOnly)
日本碍子株式会社 NGK INSULATORS, LTD. [JP/JP]; 〒4678530 愛知県名古屋市瑞穂区須田町2番56号 Aichi 2-56, Suda-cho, Mizuho-ku, Nagoya-shi, Aichi 4678530, JP (AllExceptUS)
発明者:
笠井 義幸 KASAI, Yoshiyuki; JP
山田 敏雄 YAMADA, Toshio; JP
三輪 真一 MIWA, Shinichi; JP
牧野 幹生 MAKINO, Mikio; JP
代理人:
渡邉 一平 WATANABE, Kazuhira; 〒1110053 東京都台東区浅草橋3丁目20番18号 第8菊星タワービル3階 Tokyo 3rd Fl., No.8 Kikuboshi Tower Building, 20-18, Asakusabashi 3-chome, Taito-ku, Tokyo 1110053, JP
優先権情報:
2005-37147926.12.2005JP
発明の名称: (EN) HONEYCOMB STRUCTURE AND PRODUCTION METHOD THEREOF
(FR) STRUCTURE ALVÉOLAIRE ET SON PROCÉDÉ DE FABRICATION
(JA) ハニカム構造体及びその製造方法
要約:
(EN) A honeycomb structure being excellent in thermal dispersion performance at heating, and being effectively prevented from damage due to thermal stress; and an efficient production method thereof. The honeycomb structure comprises porous partition walls (3) and sealing portions (7), wherein fluid flowing into cells (4) can flow out via partition walls (3) working as filtering layers, additional sealing portions (8) disposed so as to seal non-sealed opening ends (5) are further provided at the opening ends (non-sealed opening ends) (5), where sealing portions (7) are not disposed, of a plurality of cells (4), the respective sectional shapes, in a direction perpendicular to the axial direction, of the additional sealing portions (8) constitute a specified pattern shape as a whole, and the center of gravity of the pattern shape is positioned almost in the center of a section in a direction perpendicular to a exhaust gas flow axial direction.
(FR) L’invention concerne une structure alvéolaire aux excellentes performances de dispersion thermique en chauffage, et protégée de manière efficace contre les dégâts provoqués par les contraintes thermiques ; et son procédé de fabrication efficace. La structure alvéolaire comprend des cloisons de séparation poreuses (3) et des parties d’étanchéité (7), caractérisée en ce que le fluide s’écoulant dans les cellules (4) peut passer par des cloisons de séparation (3) faisant office de couches filtrantes, des parties d’étanchéité supplémentaires (8) disposées pour étanchéifier des extrémités d’ouverture non scellées (5) sont également disposées au niveau des extrémités d’ouverture (extrémités d’ouverture non scellées) (5), où des parties d’étanchéité (7) ne sont pas disposées, d’une pluralité de cellules (4), les formes de coupe respectives, dans une direction perpendiculaire à la direction axiale, des parties d’étanchéité supplémentaires (8) constituent une forme de motif spécifiée dans l’ensemble, et le centre de gravité de la forme de motif est positionné pratiquement au centre d’une section dans une direction perpendiculaire à une direction axial d’écoulement des gaz d'échappement.
(JA)  加熱時の熱分散性に優れ、熱応力による破損が有効に防止されたハニカム構造体及びその効率的な製造方法を提供する。多孔質な隔壁3と目封止部7とを備え、セル4に流入した流体が、濾過層として機能する隔壁3を経由して流出することが可能で、複数のセル4の、目封止部7が配置されていない開口端部(未封止開口端部)5に、未封止開口端部5を封止するように配置された追加目封止部8をさらに備え、追加目封止部8の、軸方向に垂直な方向のそれぞれの断面形状が、全体として所定のパターン形状を形成してなり、パターン形状の重心が、排ガスの流れの軸方向に垂直な方向の断面におけるほぼ中心に位置するように構成する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LV, LY, MA, MD, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SV, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, NL, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)