このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2007018047) HLA-A24分子結合性扁平上皮癌抗原由来ペプチド
国際事務局に記録されている最新の書誌情報   

国際公開番号: WO/2007/018047 国際出願番号: PCT/JP2006/314896
国際公開日: 15.02.2007 国際出願日: 27.07.2006
IPC:
C12N 15/09 (2006.01) ,A61K 35/14 (2006.01) ,A61K 39/00 (2006.01) ,A61K 48/00 (2006.01) ,A61P 35/00 (2006.01) ,C07K 7/06 (2006.01) ,C07K 7/08 (2006.01) ,C07K 14/47 (2006.01) ,C12N 5/06 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
35
構造未知の物質または反応生成物を含有する医薬品製剤
12
哺乳動物または鳥類からの物質
14
血液
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
39
抗原または抗体を含有する医薬品製剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
48
遺伝子疾病を治療するために生体の細胞内に挿入する遺伝子物質を含有する医療用製剤;遺伝子治療
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
35
抗腫瘍剤
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
7
確定された配列をもつ,5から20個のアミノ酸を含有するペプチド;その誘導体
04
ペプチド結合のみを含有する鎖状ペプチド
06
アミノ酸を5から11個含有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
7
確定された配列をもつ,5から20個のアミノ酸を含有するペプチド;その誘導体
04
ペプチド結合のみを含有する鎖状ペプチド
08
アミノ酸を12から20個含有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
14
21個以上のアミノ酸を含有するペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
435
動物から;ヒトから
46
脊椎動物から
47
哺乳動物から
(Deprecated)
C CHEMISTRY; METALLURGY
12
BIOCHEMISTRY; BEER; SPIRITS; WINE; VINEGAR; MICROBIOLOGY; ENZYMOLOGY; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING
N
MICRO-ORGANISMS OR ENZYMES; COMPOSITIONS THEREOF; PROPAGATING, PRESERVING, OR MAINTAINING MICRO-ORGANISMS; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING; CULTURE MEDIA
5
Undifferentiated human, animal or plant cells, e.g. cell lines; Tissues; Cultivation or maintenance thereof; Culture media therefor
06
Animal cells or tissues
出願人:
伊東 恭悟 ITOH, Kyogo [JP/JP]; JP (UsOnly)
原田 守 HARADA, Mamoru [JP/JP]; JP (UsOnly)
学校法人 久留米大学 KURUME UNIVERSITY [JP/JP]; 〒8300011 福岡県久留米市旭町67番地 Fukuoka 67, Asahi-machi, Kurume-shi, Fukuoka 8300011, JP (AllExceptUS)
発明者:
伊東 恭悟 ITOH, Kyogo; JP
原田 守 HARADA, Mamoru; JP
代理人:
河宮 治 KAWAMIYA, Osamu; 〒5400001 大阪府大阪市中央区城見1丁目3番7号IMPビル青山特許事務所 Osaka AOYAMA & PARTNERS, IMP Building, 3-7, Shiromi 1-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5400001, JP
優先権情報:
2005-23065709.08.2005JP
発明の名称: (EN) SQUAMOUS CELL CARCINOMA ANTIGEN-DERIVED PEPTIDE BINDING TO HLA-A24 MOLECULE
(FR) PEPTIDE DÉRIVÉ D’ANTIGÈNE DE CARCINOME À CELLULES SQUAMEUSES SE LIANT À LA MOLÉCULE HLA-A24
(JA) HLA-A24分子結合性扁平上皮癌抗原由来ペプチド
要約:
(EN) It is intended to provide a peptide which is a squamous cell carcinoma antigen-derived peptide, can bind to HLA-A24 molecule and is recognized by cellular immunity, and a pharmaceutical composition for treating or preventing squamous cell carcinoma containing the peptide.
(FR) L’invention concerne un peptide dérivé d’antigène de carcinome à cellules squameuses, pouvant se lier à la molécule HLA-A24 et reconnu par immunité cellulaire, et une composition pharmaceutique permettant de traiter ou de prévenir le carcinome à cellules squameuses contenant le peptide.
(JA)  本発明は、扁平上皮癌抗原由来ペプチドであって、HLA-A24分子に結合でき、かつ細胞性免疫に認識されるペプチド、および該ペプチドを含む扁平上皮癌を処置または予防するための医薬組成物を提供する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LV, LY, MA, MD, MG, MK, MN, MW, MX, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, NL, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)