処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2007007846 - ベンジルアミン誘導体の製造方法

公開番号 WO/2007/007846
公開日 18.01.2007
国際出願番号 PCT/JP2006/313997
国際出願日 13.07.2006
IPC
C07D 471/10 2006.1
C化学;冶金
07有機化学
D複素環式化合物(高分子化合物C08)
471縮合系中に異項原子として窒素原子のみを含有し,少なくとも1個の環が1個の窒素原子をもつ6員環であり,C07D451/00~C07D463/00に属さない複素環式化合物
02縮合系が2個の複素環を含有するもの
10スピロ―縮合系
C07C 231/02 2006.1
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
231カルボン酸アミドの製造
02アンモニアまたはアミンとの反応によるカルボン酸そのエステル,無水物またはハロゲン化物からの製造
C07C 231/12 2006.1
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
231カルボン酸アミドの製造
12カルボン酸アミド基の形成の関与しない反応による製造
C07C 233/36 2006.1
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
233カルボン酸アミド
01カルボン酸アミド基の炭素原子が水素原子または非環式炭素原子に結合しているもの
34少なくとも1個のカルボン酸アミド基の窒素原子がアミノ基で置換された炭化水素基の炭素原子に結合しているもの
35置換された炭化水素基がカルボン酸アミド基の窒素原子に非環式炭素原子によって結合しているもの
36カルボン酸アミド基の炭素原子が水素原子または非環式飽和炭素骨格の炭素原子に結合しているもの
C07C 233/78 2006.1
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
233カルボン酸アミド
64カルボン酸アミド基の炭素原子が6員芳香環の炭素原子に結合しているもの
77少なくとも1個のカルボン酸アミド基の窒素原子が,アミノ基で置換された炭化水素基の炭素原子に結合しているもの
78置換された炭化水素基がカルボン酸アミド基の窒素原子に非環式炭素原子によって結合しているもの
C07B 61/00 2006.1
C化学;冶金
07有機化学
B有機化学の一般的方法あるいはそのための装置
61他の一般的方法
CPC
C07C 233/78
CCHEMISTRY; METALLURGY
07ORGANIC CHEMISTRY
CACYCLIC OR CARBOCYCLIC COMPOUNDS
233Carboxylic acid amides
64having carbon atoms of carboxamide groups bound to carbon atoms of six-membered aromatic rings
77having the nitrogen atom of at least one of the carboxamide groups bound to a carbon atom of a hydrocarbon radical substituted by amino groups
78with the substituted hydrocarbon radical bound to the nitrogen atom of the carboxamide group by an acyclic carbon atom
C07D 471/10
CCHEMISTRY; METALLURGY
07ORGANIC CHEMISTRY
DHETEROCYCLIC COMPOUNDS
471Heterocyclic compounds containing nitrogen atoms as the only ring hetero atoms in the condensed system, at least one ring being a six-membered ring with one nitrogen atom, not provided for by groups C07D451/00 - C07D463/00
02in which the condensed system contains two hetero rings
10Spiro-condensed systems
出願人
  • ゼリア新薬工業株式会社 ZERIA PHARMACEUTICAL CO., LTD. [JP]/[JP] (AllExceptUS)
  • 長澤 正明 NAGASAWA, Masaaki [JP]/[JP] (UsOnly)
  • 村田 正和 MURATA, Masakazu [JP]/[JP] (UsOnly)
  • 川瀬 伸雄 KAWASE, Nobuo [JP]/[JP] (UsOnly)
  • 中尾 竜 NAKAO, Ryu [JP]/[JP] (UsOnly)
  • 中野 大介 NAKANO, Daisuke [JP]/[JP] (UsOnly)
発明者
  • 長澤 正明 NAGASAWA, Masaaki
  • 村田 正和 MURATA, Masakazu
  • 川瀬 伸雄 KAWASE, Nobuo
  • 中尾 竜 NAKAO, Ryu
  • 中野 大介 NAKANO, Daisuke
代理人
  • 特許業務法人アルガ特許事務所 THE PATENT CORPORATE BODY ARUGA PATENT OFFICE
優先権情報
2005-20532314.07.2005JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (ja)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) PROCESS FOR PRODUCING BENZYLAMINE DERIVATIVE
(FR) PROCEDE DE PRODUCTION DE DERIVE DE BENZYLAMINE
(JA) ベンジルアミン誘導体の製造方法
要約
(EN) A novel process for industrially producing a benzylamine derivative; and a novel intermediate for use in the process. The process, which is for producing a benzylamine derivative or salt thereof, is shown by the following reaction scheme.
(FR) L’invention concerne un procédé novateur permettant la production industrielle d’un dérivé de benzylamine et un produit intermédiaire novateur employé au cours du procédé. Ce procédé de production d’un dérivé de benzylamine ou d’un sel de celui-ci est décrit dans le schéma de réaction suivant.
(JA) not available
関連特許文献
国際事務局に記録されている最新の書誌情報