処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2007007706 - タンパク尿を惹起又は抑制する物質のスクリーニング方法、これに用いるプラスミド及び遺伝子導入細胞、並びにこれを用いたバイオセンサー

公開番号 WO/2007/007706
公開日 18.01.2007
国際出願番号 PCT/JP2006/313674
国際出願日 10.07.2006
IPC
C12N 15/00 2006.1
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
C12N 5/10 2006.1
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5ヒト,動物または植物の細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
10外来遺伝物質の導入によって修飾された細胞,例.ウイルス形質転換細胞
C12N 15/09 2006.1
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09組換えDNA技術
C12Q 1/02 2006.1
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
Q酵素,核酸または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物または試験紙;その組成物を調製する方法;微生物学的または酵素学的方法における状態応答制御
1酵素,核酸または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物;そのような組成物の製造方法
02生きた微生物を含むもの
C12Q 1/42 2006.1
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
Q酵素,核酸または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物または試験紙;その組成物を調製する方法;微生物学的または酵素学的方法における状態応答制御
1酵素,核酸または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物;そのような組成物の製造方法
34加水分解酵素を含むもの
42ホスファターゼを含むもの
C12Q 1/68 2006.1
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
Q酵素,核酸または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物または試験紙;その組成物を調製する方法;微生物学的または酵素学的方法における状態応答制御
1酵素,核酸または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物;そのような組成物の製造方法
68核酸を含むもの
CPC
C12Q 1/6897
CCHEMISTRY; METALLURGY
12BIOCHEMISTRY; BEER; SPIRITS; WINE; VINEGAR; MICROBIOLOGY; ENZYMOLOGY; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING
QMEASURING OR TESTING PROCESSES INVOLVING ENZYMES, NUCLEIC ACIDS OR MICROORGANISMS
1Measuring or testing processes involving enzymes, nucleic acids or microorganisms
68involving nucleic acids
6897involving reporter genes operably linked to promoters
出願人
  • 国立大学法人山梨大学 YAMANASHI UNIVERSITY [JP]/[JP] (AllExceptUS)
  • 北村 正敬 KITAMURA, Masanori [JP]/[JP] (UsOnly)
  • 山内 小津枝 YAMAUCHI, Kozue [JP]/[JP] (UsOnly)
発明者
  • 北村 正敬 KITAMURA, Masanori
  • 山内 小津枝 YAMAUCHI, Kozue
代理人
  • 石川 英毅 ISHIKAWA, Hidetake
優先権情報
2005-20601814.07.2005JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (ja)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) METHOD FOR SCREENING OF SUBSTANCE CAPABLE OF INDUCING OR INHIBITING PROTEINURIA, PLASMID AND TRANSFECTED CELL FOR USE IN THE METHOD, AND BIOSENSOR USING THE PLASMID OR TRANSFECTED CELL
(FR) PROCEDE DE CRIBLAGE D'UNE SUBSTANCE CAPABLE D'INDUIRE OU D'INHIBER LA PROTEINURIE, PLASMIDE ET CELLULE TRANSFECTEE A UTILISER DANS LE PROCEDE ET BIOCAPTEUR METTANT EN OEUVRE LE PLASMIDE OU LA CELLULES TRANSFECTEE
(JA) タンパク尿を惹起又は抑制する物質のスクリーニング方法、これに用いるプラスミド及び遺伝子導入細胞、並びにこれを用いたバイオセンサー
要約
(EN) Disclosed is a method for the in vitro screening/evaluation of a substance capable of inducing or inhibiting proteinuria which can screen the substance or evaluate the pharmacological effect of the substance rapidly at a low cost. A plasmid having a promoter for a gene of which expression amount varies when proteinuria is induced or inhibited and a secreted reporter gene integrated downstream to the promoter; and a transfected cell having the plasmid introduced in the gene thereof.
(FR) L'invention concerne un procédé destiné au criblage/évaluation in vitro d'une substance capable d'induire ou d'inhiber la protéinurie et pouvant cribler la substance ou évaluer l'effet pharmacologique de la substance rapidement à un faible coût. L'invention concerne également un plasmide possédant un promoteur destiné à un gène dont la quantité d'expression varie quand la protéinurie est induite ou inhibée et un gène rapporteur sécrété intégré en aval du promoteur; et une cellule transfectée comprenant le plasmide introduit dans le gène de celle-ci.
(JA)  タンパク尿を惹起又は抑制する物質のスクリーニングや薬理効果の評価を迅速且つ安価に行えるin vitroのスクリーニング・評価方法を提供すること。 タンパク尿が惹起又は抑制される際に発現量の変化が認められる遺伝子のプロモーターと、前記プロモーターの下流側に組み込まれる分泌型レポーター遺伝子とを有することを特徴とするプラスミド、及び、これを遺伝子導入した遺伝子導入細胞を提供する。
関連特許文献
国際事務局に記録されている最新の書誌情報