処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2006134654 - 吸音構造

公開番号 WO/2006/134654
公開日 21.12.2006
国際出願番号 PCT/JP2005/011051
国際出願日 16.06.2005
IPC
G10K 11/172 2006.01
G物理学
10楽器;音響
K音を発生する装置;騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般;他に分類されない音響
11音を伝達し,導きまたは指向させるための方法または装置一般;騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般
16騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般
172共振効果を用いるもの
E01F 8/00 2006.01
E固定構造物
01道路,鉄道または橋りょうの建設
F道路の付帯設備の設置またはプラットフォーム,ヘリコプタの着陸台,標示,防雪さく,またはその類似のものの建設のような付帯作業
8道路または鉄道から大気中に伝播される騒音を吸収または反射する装置
E04B 1/86 2006.01
E固定構造物
04建築物
B建築構造一般;壁,例.間仕切り;屋根;床;天井;建築物の絶縁またはその他の保護
1建築構造一般;壁,例.間仕切り,床,天井,屋根のいずれにも限定されない構造
62絶縁または他の保護;要素またはそのための特殊な材料の使用
74熱,音または騒音の絶縁,吸収または反射;適切な熱的または音響的条件を与える他の建築方法,例.壁体内の蓄熱
82特に音のみに関するもの
84吸音要素
86板状(スラブ状)のもの
CPC
G10K 11/16
GPHYSICS
10MUSICAL INSTRUMENTS; ACOUSTICS
KSOUND-PRODUCING DEVICES
11Methods or devices for transmitting, conducting or directing sound in general; Methods or devices for protecting against, or for damping, noise or other acoustic waves in general
16Methods or devices for protecting against, or for damping, noise or other acoustic waves in general
出願人
  • 片岡 裕 KATAOKA, Yutaka [JP]/[JP]
発明者
  • 片岡 裕 KATAOKA, Yutaka
代理人
  • 佐藤 英世 SATO, Hideyo
優先権情報
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) SOUND ABSORBING STRUCTURE
(FR) STRUCTURE D’ABSORPTION ACOUSTIQUE
(JA) 吸音構造
要約
(EN)
[PROBLEMS] To provide a sound absorbing structure capable of preventing sound wave in a wide band from leaking to the outside by absorbing it, reproducing an intended undertone in a restricted room, and preventing noise from occurring. [MEANS FOR SOLVING PROBLEMS] This sound absorbing structure comprises a sound channel formed of wall surfaces and allowing sound wave to pass therethrough. The sound channel comprises a constricted part, in its cross section, so formed that the rate of decrease of its area is gradually decreased at least on its inlet side.
(FR)
Le problème à résoudre dans le cadre de cette invention concerne une structure d’absorption acoustique capable d’empêcher les ondes acoustiques dans une large bande de sortir en les absorbant, en reproduisant une nuance voulue dans une pièce restreinte, et en empêchant l’apparition du bruit. La solution proposée consiste à créer une structure d’absorption acoustique qui comprend un canal de son composé de surfaces murales et qui laisse passer les ondes acoustiques. Le canal de son comprend une partie rétrécie, dans sa section transversale, formée de telle manière que le taux de diminution de sa zone diminue progressivement au moins sur son côté d’entrée.
(JA)
【課題】 広帯域の音波を吸収して外部に漏洩させず、狭い部屋において目的とする低音の再生を可能にし、且つ騒音公害も防止できる吸音構造を提供する。 【解決手段】 壁面で構成される、音波の通る音道につき、その断面構成が、少なくとも、その入り側で開口面積の減少率が徐々に小さくなるように構成された狭窄部を有する構造である。
他の公開
EP5751447
国際事務局に記録されている最新の書誌情報