国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2006043714) 車両用サスペンション装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2006/043714 国際出願番号: PCT/JP2005/019650
国際公開日: 27.04.2006 国際出願日: 19.10.2005
予備審査請求日: 18.08.2006
IPC:
B60G 13/02 (2006.01) ,B60G 13/06 (2006.01) ,B60G 15/02 (2006.01) ,B60G 15/06 (2006.01) ,B60G 17/00 (2006.01) ,B60G 17/015 (2006.01) ,B60G 17/0195 (2006.01) ,B60R 21/01 (2006.01) ,B60R 21/34 (2011.01) ,B62D 25/08 (2006.01) ,B62D 25/10 (2006.01)
B 処理操作;運輸
60
車両一般
G
車両懸架装置
13
振動緩衝器の配列,位置,または形式に特徴がある弾性的懸架装置
02
エネルギーを消滅させる,例.摩擦的に,緩衝器をもつもの
B 処理操作;運輸
60
車両一般
G
車両懸架装置
13
振動緩衝器の配列,位置,または形式に特徴がある弾性的懸架装置
02
エネルギーを消滅させる,例.摩擦的に,緩衝器をもつもの
06
流体式のもの
B 処理操作;運輸
60
車両一般
G
車両懸架装置
15
結合されたばねと振動緩衝器,例.テレスコピック型,の配列,位置または形状に特徴がある弾性的懸架装置
02
機械的なばねをもつもの
B 処理操作;運輸
60
車両一般
G
車両懸架装置
15
結合されたばねと振動緩衝器,例.テレスコピック型,の配列,位置または形状に特徴がある弾性的懸架装置
02
機械的なばねをもつもの
06
機械的なばねと流体式緩衝器をもつもの
B 処理操作;運輸
60
車両一般
G
車両懸架装置
17
車両または走行路面の状態の変化,例.速度または荷重による,に合わせて,ばねまたは振動緩衝器の特性を調節したり,車両の支持面と振動部との間隔を調整したり,または使用中の懸架装置をロックしたりする手段をもつ弾性的懸架装置
B 処理操作;運輸
60
車両一般
G
車両懸架装置
17
車両または走行路面の状態の変化,例.速度または荷重による,に合わせて,ばねまたは振動緩衝器の特性を調節したり,車両の支持面と振動部との間隔を調整したり,または使用中の懸架装置をロックしたりする手段をもつ弾性的懸架装置
015
電気または電子要素からなる調整手段
B 処理操作;運輸
60
車両一般
G
車両懸架装置
17
車両または走行路面の状態の変化,例.速度または荷重による,に合わせて,ばねまたは振動緩衝器の特性を調節したり,車両の支持面と振動部との間隔を調整したり,または使用中の懸架装置をロックしたりする手段をもつ弾性的懸架装置
015
電気または電子要素からなる調整手段
0195
他の車両の制御方式と結合された調整に特徴のあるもの
B 処理操作;運輸
60
車両一般
R
他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品
21
事故又は他の交通危機の場合乗員又は歩行者を負傷から保護又は防止するための車両の装置又は部品
01
交通事故又は差し迫った交通事故の場合における安全装置の始動のための電気回路
B 処理操作;運輸
60
車両一般
R
他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品
21
事故又は他の交通危機の場合乗員又は歩行者を負傷から保護又は防止するための車両の装置又は部品
34
車両の非乗員,例.歩行者の保護
B 処理操作;運輸
62
鉄道以外の路面車両
D
自動車;付随車
25
上部構造の構成体;他に分類されないそれらの部品または細部
08
前部または後部の部材
B 処理操作;運輸
62
鉄道以外の路面車両
D
自動車;付随車
25
上部構造の構成体;他に分類されないそれらの部品または細部
08
前部または後部の部材
10
ボンネットまたはリッド
出願人:
トヨタ自動車株式会社 TOYOTA JIDOSHA KABUSHIKI KAISHA [JP/JP]; 〒4718571 愛知県豊田市トヨタ町1番地 Aichi 1, Toyota-cho Toyota-shi Aichi 471-8571, JP (AllExceptUS)
カヤバ工業株式会社 KAYABA INDUSTRY CO., LTD. [JP/JP]; 〒1050013 東京都港区浜松町二丁目4番1号 世界貿易センタービル Tokyo World Trade Center Bldg. 2-4-1, Hamamatsu-cho Minato-ku, Tokyo 105-0013, JP (AllExceptUS)
井上 博文 INOUE, Hirofumi [JP/JP]; JP (UsOnly)
梶野 英紀 KAJINO, Hidenori [JP/JP]; JP (UsOnly)
伊達 宏昭 DATE, Hiroaki [JP/JP]; JP (UsOnly)
窪田 友夫 KUBOTA, Tomoo [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
井上 博文 INOUE, Hirofumi; JP
梶野 英紀 KAJINO, Hidenori; JP
伊達 宏昭 DATE, Hiroaki; JP
窪田 友夫 KUBOTA, Tomoo; JP
代理人:
神戸 典和 KANDO, Norikazu; 〒4500002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目6番18号 名古屋ビルディング 5階 神戸国際特許事務所 Aichi Chubu Patent Office Nagoya-Bldg. Higashikan 7th Floor 2-25, Meieki 4-chome Nakamura-ku, Nagoya-shi Aichi 450-0002, JP
優先権情報:
2004-30853022.10.2004JP
発明の名称: (EN) SUSPENSION DEVICE FOR VEHICLE
(FR) DISPOSITIF DE SUSPENSION POUR VÉHICULE
(JA) 車両用サスペンション装置
要約:
(EN) To provide a practical suspension device for a vehicle, a projection displacement permitting mechanism is installed in a suspension device (10) for a vehicle. The suspension device (10) has a damping force generating device (12) having a vehicle body side unit (34) that is installed so as to project upward from an installation section (16) provided on a part of a vehicle body. The projection displacement permitting mechanism permits displacement of at least the projecting portion of the vehicle side unit so that the amount of projection of the projecting portion is reduced. The projection displacement permitting mechanism is formed into a structure, for example, where downward movement of the vehicle body side unit is prohibited by a pin (52) of a solenoid (50), in which the prohibition of the movement of the vehicle body side unit is removed by pulling out the pin, by excitation of the solenoid, to permit the downward movement of the vehicle body side unit. Because of the mechanism a gap between an upper end section of the damping force generating device and a hood (90) provided above the installation section can be increased, and impact applied from the above to the hood can be effectively cushioned using the expanded space.
(FR) Pour réaliser un dispositif de suspension pratique pour véhicule, on installe un mécanisme permettant un déplacement de saillie dans un dispositif de suspension (10) pour un véhicule. Le dispositif de suspension (10) a un dispositif produisant une force d'amortissement (12) ayant une unité sur le côté de la carrosserie du véhicule (34), qui est installée afin de dépasser vers le haut d'un secteur d'installation (16) situé sur une pièce de la carrosserie du véhicule. Le mécanisme permettant un déplacement de saillie permet le déplacement d'au moins la partie faisant saillie de l'unité latérale du véhicule de sorte que l'importance du dépassement de la partie faisant saillie est réduite. Le mécanisme permettant un déplacement de saillie intègre une structure où, par exemple, le mouvement vers le bas de l'unité sur le côté de la carrosserie du véhicule est empêché par une clavette (52) d'un solénoïde (50): pour annuler cette interdiction de mouvement de l'unité sur le côté de la carrosserie du véhicule, on tire la clavette en excitant le solénoïde pour permettre le mouvement vers le bas de l'unité sur le côté de la carrosserie du véhicule. Grâce à ce mécanisme on peut augmenter l'interstice entre le secteur d'extrémité supérieure du dispositif produisant une force d'amortissement et un capot protecteur (90) monté au-dessus du secteur d'installation et les chocs infligés d'en haut au capot protecteur peuvent être efficacement amortis du fait de l'espace plus important.
(JA) 実用的な車両用サスペンション装置を提供すべく、車体の一部に設けられた取付部16から上方に突出して取り付けられた車体側ユニット34を有する減衰力発生装置12を備えた車両用サスペンション装置10に、その突出する部分の突出量が減少するように、車体側ユニットの少なくともその部分の変位を許容する突出部変位許容機構を備えさせる。突出部変位許容機構は、例えば、ソレノイド50のピン52により車体側ユニットの下方への移動を禁止するような構造において、ソレノイドの励磁によりピンを抜き出すことで車体側ユニットの移動の禁止を解除させてそれの下方への移動を許容する構造とする。この機構により、減衰力発生装置の上端部と取付部の上方に設けられたフード90との間隔を拡大でき、その拡大された空間を利用して、フードに対して上方から加わる衝撃を効果的に緩衝させることが可能となる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KP, KR, KZ, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LV, LY, MA, MD, MG, MK, MN, MW, MX, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, YU, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, NL, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP1820673JP2006117158US20080111334CN101061001