国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2006043691) 創薬標的タンパク質及び標的遺伝子、並びにスクリーニング方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2006/043691 国際出願番号: PCT/JP2005/019457
国際公開日: 27.04.2006 国際出願日: 18.10.2005
IPC:
C07D 211/22 (2006.01) ,C07D 235/30 (2006.01) ,C07D 235/32 (2006.01) ,C07D 295/08 (2006.01) ,C07D 409/06 (2006.01) ,C07D 417/04 (2006.01) ,A61K 31/351 (2006.01) ,A61K 31/4184 (2006.01) ,A61K 31/427 (2006.01) ,A61K 31/445 (2006.01) ,A61K 31/454 (2006.01) ,A61K 31/495 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
211
他の環と縮合していない水素添加したピリジン環を含有する複素環式化合物
04
環の窒素原子に直接結合する水素原子または炭素原子のみを有するもの
06
環原子相互間または環原子と非環原子間に二重結合のないもの
08
環の炭素原子に直接結合する炭化水素基または置換炭化水素基を有するもの
18
環の炭素原子に結合し,置換された炭化水素基を有するもの
20
単結合の酸素原子または硫黄原子により置換された炭化水素基を有するもの
22
酸素原子によるもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
235
他の環と縮合した1,3―ジアゾール環または水素添加した1,3―ジアゾール環からなる複素環式化合物
02
炭素環または環系と縮合しているもの
04
ベンズイミダゾール;水素添加したベンズイミダゾール
24
2位に直接結合する,異種原子,または異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子,例.エステルまたはニトリル基,が2位に直接結合したもの
30
ニトロ基の一部でない窒素原子
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
235
他の環と縮合した1,3―ジアゾール環または水素添加した1,3―ジアゾール環からなる複素環式化合物
02
炭素環または環系と縮合しているもの
04
ベンズイミダゾール;水素添加したベンズイミダゾール
24
2位に直接結合する,異種原子,または異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子,例.エステルまたはニトリル基,が2位に直接結合したもの
30
ニトロ基の一部でない窒素原子
32
置換基を有し,または有しないベンズイミダゾール―2―カルバミックアシッド;そのエステル;その硫黄類似体
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
295
環の炭素原子に水素原子のみが直接結合した,少なくとも5員環のポリメチレン―イミン環,3―アザビシクロノナン,ピペラジン,モルホリンまたはチオモルホリン環を含有する複素環式化合物
04
環の窒素原子に,置換された炭化水素基が結合したもの
08
単結合の酸素または硫黄原子で置換されたもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
409
2個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が異項原子として硫黄のみをもつ複素環式化合物
02
2個の複素環を含有するもの
06
脂肪族炭素原子のみを含有する炭素鎖により結合しているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
417
2個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が異項原子として窒素と硫黄のみをもち,415/00に属さない複素環式化合物
02
2個の複素環を含有するもの
04
環原子―環原子結合により直接結合しているもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
335
環異種原子として酸素のみを持つもの,例.フンギクロミン
35
異種原子として1個の酸素のみを有する6員環を持つもの
351
他の環と縮合していないもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
41
2個以上の環異種原子を有し,そのうち少なくとも1個は窒素である5員環をもつもの,例.テトラゾール
4164
1,3一ジアゾール,例.イミダゾール
4184
炭素環と縮合したもの,例.ベンズイミダゾール
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
41
2個以上の環異種原子を有し,そのうち少なくとも1個は窒素である5員環をもつもの,例.テトラゾール
425
チアゾール
427
非縮合チアゾールを持ち,さらに複素環を含むもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435
環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
44
非縮合ピリジン;その水素添加誘導体
445
非縮合ピペリジン,例.ピペロカイン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435
環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
44
非縮合ピリジン;その水素添加誘導体
445
非縮合ピペリジン,例.ピペロカイン
4523
さらに複素環系を含有するもの
454
環異種原子として窒素を有する5員環を含むもの,例.ピモジド,ドンペリドン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
495
環異種原子として2個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.ピペラジン
出願人:
株式会社リバース・プロテオミクス研究所 REVERSE PROTEOMICS RESEARCH INSTITUTE CO., LTD. [JP/JP]; 〒2920818 千葉県木更津市かずさ鎌足2丁目6番地7 Chiba 9-11, Kajicho 1-chome Chiyoda-ku, Tokyo 101-0044, JP (AllExceptUS)
山内 忠一 YAMAUCHI, Tadakazu [JP/JP]; JP (UsOnly)
末岡 英明 SUEOKA, Hideaki [JP/JP]; JP (UsOnly)
土屋 耕一 TSUCHIYA, Kouichi [JP/JP]; JP (UsOnly)
村山 一久 MURAYAMA, Katsuhisa [JP/JP]; JP (UsOnly)
小宮 和雄 KOMIYA, Kazuo [JP/JP]; JP (UsOnly)
鬼頭 守和 KITO, Morikazu [JP/JP]; JP (UsOnly)
堤 剛 TSUTSUMI, Takeshi [JP/JP]; JP (UsOnly)
五十野 祐子 ISONO, Yuko [JP/JP]; JP (UsOnly)
飛田 基 TOBITA, Motoi [JP/JP]; JP (UsOnly)
諏訪 頼正 SUWA, Yorimasa [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
山内 忠一 YAMAUCHI, Tadakazu; JP
末岡 英明 SUEOKA, Hideaki; JP
土屋 耕一 TSUCHIYA, Kouichi; JP
村山 一久 MURAYAMA, Katsuhisa; JP
小宮 和雄 KOMIYA, Kazuo; JP
鬼頭 守和 KITO, Morikazu; JP
堤 剛 TSUTSUMI, Takeshi; JP
五十野 祐子 ISONO, Yuko; JP
飛田 基 TOBITA, Motoi; JP
諏訪 頼正 SUWA, Yorimasa; JP
代理人:
高島 一 TAKASHIMA, Hajime; 〒5410044 大阪府大阪市中央区伏見町四丁目1番1号 明治安田生命大阪御堂筋ビル Osaka Meiji Yasuda Seimei Osaka Midosuji Bldg. 1-1, Fushimimachi 4-chome Chuo-ku, Osaka-shi Osaka 541-0044, JP
優先権情報:
2004-30343218.10.2004JP
2005-08960925.03.2005JP
発明の名称: (EN) TARGET PROTEIN AND TARGET GENE IN DRUG DESIGNING AND SCREENING METHOD
(FR) PROTÉINE CIBLE ET GÈNE CIBLE DANS LE CADRE DE LA CONCEPTION D’UN MÉDICAMENT ET MÉTHODE DE CRIBLAGE
(JA) 創薬標的タンパク質及び標的遺伝子、並びにスクリーニング方法
要約:
(EN) It is intended to provide a target protein and a target gene in designing a novel drug and a means whereby a novel drug can be developed by using the same. More specifically, it is intended to provide CARP and its gene; a method of screening a drug (for example, an antiallergic drug); a drug for controlling a disease (for example, an allergic disease); a method of producing a drug derivative; a complex comprising a drug and CARP and a method of producing the same; a kit containing a drug or its salt; a method of examining the onset or the onset risk of a definite disease; a method of examining the sensitivity to a drug; examination kits to be used in these methods, and so on.
(FR) La présente invention a pour objet une protéine cible et un gène cible dans le cadre de la conception d'un nouveau médicament, ainsi qu'une méthode de développement d'un nouveau médicament à l'aide de ladite protéine et dudit gène. Plus spécifiquement, la présente invention a pour objet la CARP et son gène, ainsi qu’une méthode de criblage d’un médicament (par exemple, un médicament antiallergique), un médicament destiné à réguler une maladie (par exemple, une maladie allergique), une méthode de production d’un dérivé de ce médicament, un complexe comprenant un médicament et la CARP et une méthode de production dudit complexe, une trousse de soins contenant un médicament ou son sel, une méthode de diagnostic de l’apparition ou du risque d’apparition d’une maladie spécifique, une méthode de diagnostic de la sensibilité à un médicament, des trousses de diagnostic utilisables dans le cadre de ces méthodes, etc.
(JA) 本発明は、新規の創薬標的タンパク質および遺伝子、ならびにこれらを用いる新規医薬を開発し得る手段を提供する。より詳細には、本発明は、CARPおよびその遺伝子;薬物(例えば、抗アレルギー薬)のスクリーニング方法;疾患(例えば、アレルギー疾患)の調節剤;薬物誘導体の製造方法;薬物とCARPとを含む複合体、およびその製造方法;薬物またはその塩を含むキット;所定の疾患の発症または発症リスクの判定方法、薬物に対する感受性の判定方法、および該方法に用いられる判定用キットなどを提供する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KP, KR, KZ, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LV, LY, MA, MD, MG, MK, MN, MW, MX, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, YU, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, NL, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
US20100136524