国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2006043428) ポリオレフィン系グラフト共重合体の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2006/043428 国際出願番号: PCT/JP2005/018555
国際公開日: 27.04.2006 国際出願日: 06.10.2005
IPC:
C08F 290/12 (2006.01) ,C08F 265/06 (2006.01) ,C08F 4/80 (2006.01) ,C08F 2/00 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
290
脂肪族不飽和の末端基または側基の導入により変性された重合体に,単量体を重合させて得られる高分子化合物
08
不飽和側基の導入により変性された重合体への
12
サブクラスC08CまたはC08Fに分類される重合体
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
265
グループ20/00で定義された不飽和モノカルボン酸またはその誘導体の重合体への重合によって得られる高分子化合物
04
エステルの重合体への重合によるもの
06
アクリル酸エステルまたはメタクリル酸エステルのそれらの重合体への重合
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
4
重合触媒
42
金属;金属水素化物;有機金属化合物;それらの触媒前駆体としての使用
72
グループ4/44に属さない金属から選択されたもの
80
鉄族金属または白金族金属から選択されたもの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
2
重合方法
出願人:
株式会社カネカ KANEKA CORPORATION [JP/JP]; 〒5308288 大阪府大阪市北区中之島三丁目2-4 Osaka 2-4, Nakanoshima 3-chome, Kita-ku, Osaka-shi Osaka 5308288, JP (AllExceptUS)
坂本 晴美 SAKAMOTO, Harumi [JP/JP]; JP (UsOnly)
福井 祥文 FUKUI, Yoshifumi [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
坂本 晴美 SAKAMOTO, Harumi; JP
福井 祥文 FUKUI, Yoshifumi; JP
共通の
代表者:
株式会社カネカ KANEKA CORPORATION; 〒5308288 大阪府大阪市北区中之島三丁目2-4 Osaka 2-4, Nakanoshima 3-chome Kita-ku, Osaka-shi Osaka 5308288, JP
優先権情報:
2004-30847222.10.2004JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING POLYOLEFIN GRAFT COPOLYMER
(FR) MÉTHODE DE SYNTHÈSE DE COPOLYMÈRE GREFFÉ POLYOLÉFINIQUE
(JA) ポリオレフィン系グラフト共重合体の製造方法
要約:
(EN) Disclosed is a method for producing a graft copolymer of a macromonomer latex and a liquid olefin monomer which enables to suppress generation of scales while improving the productivity. Specifically disclosed is a method for producing a polyolefin graft copolymer wherein olefin monomers are polymerized in a latex of macromonomers using a coordination polymerization catalyst composed of a late transition metal. This method is characterized in that the olefin monomers are emulsified in advance and then added into the latex of the macromonomers.
(FR) La présente invention décrit une méthode de synthèse d'un copolymère greffé à partir d’un latex de macromonomères et d’un monomère oléfinique liquide. Ladite méthode empêche la formation de croûtes tout en augmentant la productivité. La présente invention décrit plus spécifiquement une méthode de production d'un copolymère greffé polyoléfinique selon laquelle des monomères oléfiniques sont polymérisés dans un latex de macromonomères, à l’aide d’un complexe de coordination d'un métal de transition des dernières colonnes au titre de catalyseur de polymérisation. Ladite méthode est caractérisée en ce que les monomères oléfiniques sont émulsifiés dans une étape préalable, puis ajoutés au latex de macromonomères.
(JA)  本発明の目的は、ラテックス状のマクロモノマーと液体のオレフィン系モノマーとのグラフト共重合体製造において、スケールの発生を抑制し、生産性を向上させること。マクロモノマーのラテックス中で後周期遷移金属系の配位重合触媒によりオレフィン系モノマーを重合させるポリオレフィン系グラフト共重合体の製造方法において、オレフィン系モノマーを、予め乳化させた状態で前記マクロモノマーのラテックス中に加えることを特徴とするポリオレフィン系グラフト共重合体の製造により達成できる。                                                                               
指定国: AE, AG, AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KP, KR, KZ, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LV, LY, MA, MD, MG, MK, MN, MW, MX, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, YU, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, NL, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)