16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2006043358) レンズ駆動装置、撮像装置、撮像機器、レンズ位置の調整方法及びレンズ駆動方法
注意: このテキストは、OCR 処理によってテキスト化されたものです。法的な用途には PDF 版をご利用ください。

請求の範囲

[1] 被写体を撮像するためのレンズと、

前記レンズを保持し、前記レンズの光軸方向と略平行に形成されたガイド孔を有す るレンズ枠と、

前記ガイド孔に摺動可能に係合し、前記レンズ枠を前記光軸方向に案内するガイ ド軸を有する固定部と、

前記レンズ枠に固定されたコイルと、

前記コイルに対向するマグネットと、

前記マグネットが取り付けられたヨークと

を備え、

前記ヨークは前記光軸方向に移動可能である

ことを特徴とするレンズ駆動装置。

[2] 前記ガイド軸と前記ヨークとはねじ嵌合する

ことを特徴とする請求項 1に記載のレンズ駆動装置。

[3] 前記固定部は前記ヨークと係合する偏心ピンを備える

ことを特徴とする請求項 1に記載のレンズ駆動装置。

[4] 前記レンズ枠は突起部を備え、

前記突起部の前記被写体側の面と、前記マグネットの前記被写体と反対側の面が 当接することにより、前記レンズ枠の前記被写体側への移動を規制する

ことを特徴とする請求項 1に記載のレンズ駆動装置。

[5] 前記レンズ枠の前記被写体と反対側の面と、前記ヨークの前記被写体側の面が当接 することにより、前記レンズ枠の前記被写体と反対側への移動を規制する

ことを特徴とする請求項 1に記載のレンズ駆動装置。

[6] 前記レンズへの入射光の光量を調整するシャッター機構部を有し、前記シャッター機 構部が、前記ヨークに固定されている

ことを特徴とする請求項 1に記載のレンズ駆動装置。

[7] 前記シャッター機構部の前記被写体側の面に、前記被写体側の面よりも前記被写体 側に突出する突起部を備える

ことを特徴とする請求項 6に記載のレンズ駆動装置。

[8] 請求項 1に記載のレンズ駆動装置と、

前記レンズにより結像される被写体像を取り込む撮像素子と

を備えたことを特徴とする撮像装置。

[9] 起動時又は撮影開始時に、前記コイルに電流を流すことにより前記レンズ枠を前記 光軸方向の基準位置に移動させる

ことを特徴とする請求項 8に記載の撮像装置。

[10] 前記基準位置は、前記レンズ枠が、その前記光軸方向の移動限界を規定する基準 面に当接する位置である

ことを特徴とする請求項 9に記載の撮像装置。

[11] 起動時又は撮影開始時に、前記コイルに電流を流すことにより前記レンズ枠を前記 光軸方向に往復移動させる

ことを特徴とする請求項 8に記載の撮像装置。

[12] 請求項 8に記載の撮像装置と、前記撮像装置を収容する筐体とを備えた

ことを特徴とする撮像機器。

[13] 前記撮像装置の前記シャッター機構部の前記被写体側の面から更に前記被写体側 に突出する突起部が、前記筐体に固定されている

ことを特徴とする請求項 12に記載の撮像機器。

[14] 被写体を撮像するためのレンズと、

前記レンズを保持し、前記レンズの光軸方向と略平行に形成されたガイド孔を有す るレンズ枠と、

前記ガイド孔に摺動可能に係合し、前記レンズ枠を前記光軸方向に案内するガイ ド軸を有する固定部と、

前記レンズ枠に固定されたコイルと、

前記コイルに対向するマグネットと、

前記マグネットが取り付けられ、前記光軸方向に移動可能なヨークと

を備えたレンズ駆動装置にお、て、

前記ヨークの前記光軸方向の位置を調整することにより、前記レンズの位置を調整 する

ことを特徴とするレンズ位置の調整方法。

[15] 被写体を撮像するためのレンズと、

前記レンズを保持し、前記光軸方向に移動可能なレンズ枠と、

前記レンズ枠を前記光軸方向に移動させる駆動力を発生するコイル及びマグネット と、

前記レンズにより結像される被写体像を取り込む撮像素子と

を備え、

起動時又は撮影開始時に、前記コイルに電流を流すことにより前記レンズを前記光 軸方向の基準位置に移動させる

ことを特徴とする撮像装置。

[16] 前記基準位置は、前記レンズ枠が、その前記光軸方向の移動限界を規定する基準 面に当接する位置である

ことを特徴とする請求項 15に記載の撮像装置。

[17] 被写体を撮像するためのレンズと、

前記レンズを保持し、前記光軸方向に移動可能なレンズ枠と、

前記レンズ枠を前記光軸方向に移動させる駆動力を発生するコイル及びマグネット と

前記レンズにより結像される被写体像を取り込む撮像素子と

を備え、

起動時又は撮影開始時に、前記コイルに電流を流すことにより前記レンズを前記光 軸方向に往復移動させる

ことを特徴とする撮像装置。

[18] 被写体を撮像するためのレンズと、

前記レンズを保持し、前記光軸方向に移動可能なレンズ枠と、

前記レンズ枠を前記光軸方向に移動させる駆動力を発生するコイル及びマグネット と

前記レンズにより結像される被写体像を取り込む撮像素子と

を備えた撮像装置において、

起動時又は撮影開始時に、前記コイルに電流を流すことにより前記レンズを前記光 軸方向の基準位置に移動させる

ことを特徴とするレンズ駆動方法。

[19] 前記基準位置は、前記レンズ枠が、その前記光軸方向の移動限界を規定する基準 面に当接する位置である

ことを特徴とする請求項 18記載のレンズ駆動方法。

[20] 被写体を撮像するためのレンズと、

前記レンズを保持し、前記光軸方向に移動可能なレンズ枠と、

前記レンズ枠を前記光軸方向に移動させる駆動力を発生するコイル及びマグネット と

前記レンズにより結像される被写体像を取り込む撮像素子と

を備えた撮像装置において、

起動時又は撮影開始時に、前記コイルに電流を流すことにより前記レンズを前記光 軸方向に往復移動させる

ことを特徴とするレンズ駆動方法。