国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2006043347) ボトル缶の製造方法およびボトル缶
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2006/043347 国際出願番号: PCT/JP2005/004327
国際公開日: 27.04.2006 国際出願日: 11.03.2005
IPC:
B21D 51/26 (2006.01) ,B21D 17/02 (2006.01) ,B65D 1/02 (2006.01) ,B65D 1/12 (2006.01) ,B65D 1/40 (2006.01)
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
51
中空体の製造
16
対象物の用途に特徴のあるもの
26
缶または錫缶;缶または錫缶の永久的な密封
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
17
金属板,管状体,または中空体における単純な溝の形成
02
プレスによるもの
B 処理操作;運輸
65
運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
D
物品または材料の保管または輸送用の容器,例.袋,樽,瓶,箱,缶,カートン,クレート,ドラム缶,つぼ,タンク,ホッパー,運送コンテナ;付属品,閉蓋具,またはその取付け;包装要素;包装体
1
一体に形成された本体をもつ剛性または準剛性容器,例.金属材料の鋳造,合成樹脂の成形,ガラス状材料のブロー,陶磁器のろくろ製造,パルプ状の繊維材の成形またはシート材における深絞りによるもの
02
内容物注出のために設けられた首部または類似の限定口をもつ瓶または類似の容器
B 処理操作;運輸
65
運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
D
物品または材料の保管または輸送用の容器,例.袋,樽,瓶,箱,缶,カートン,クレート,ドラム缶,つぼ,タンク,ホッパー,運送コンテナ;付属品,閉蓋具,またはその取付け;包装要素;包装体
1
一体に形成された本体をもつ剛性または準剛性容器,例.金属材料の鋳造,合成樹脂の成形,ガラス状材料のブロー,陶磁器のろくろ製造,パルプ状の繊維材の成形またはシート材における深絞りによるもの
12
缶,樽,ビール樽またはドラム缶
B 処理操作;運輸
65
運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
D
物品または材料の保管または輸送用の容器,例.袋,樽,瓶,箱,缶,カートン,クレート,ドラム缶,つぼ,タンク,ホッパー,運送コンテナ;付属品,閉蓋具,またはその取付け;包装要素;包装体
1
一体に形成された本体をもつ剛性または準剛性容器,例.金属材料の鋳造,合成樹脂の成形,ガラス状材料のブロー,陶磁器のろくろ製造,パルプ状の繊維材の成形またはシート材における深絞りによるもの
40
壁部の細部
出願人:
ユニバーサル製缶株式会社 Universal Can Corporation [JP/JP]; 〒1128525 東京都文京区小石川一丁目4番1号 住友不動産後楽園ビル Tokyo Sumitomofudosan-Korakuen Bldg. 4-1, Koishikawa 1 chome Bunkyo-ku, Tokyo 1128525, JP (AllExceptUS)
花房 達也 HANAFUSA, Tatsuya [JP/JP]; JP (UsOnly)
伊藤 隆一 ITO, Ryoichi [JP/JP]; JP (UsOnly)
細井 正宏 HOSOI, Masahiro [JP/JP]; JP (UsOnly)
長谷川 貴志 HASEGAWA, Takashi [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
花房 達也 HANAFUSA, Tatsuya; JP
伊藤 隆一 ITO, Ryoichi; JP
細井 正宏 HOSOI, Masahiro; JP
長谷川 貴志 HASEGAWA, Takashi; JP
代理人:
志賀 正武 SHIGA, Masatake; 〒1048453 東京都中央区八重洲2丁目3番1号 Tokyo 2-3-1, Yaesu Chuo-ku, Tokyo 1048453, JP
優先権情報:
2004-30553320.10.2004JP
発明の名称: (EN) METHOD OF MANUFACTURING BOTTLE CAN AND BOTTLE CAN
(FR) PROCEDE DE FABRICATION DE CANETTES
(JA) ボトル缶の製造方法およびボトル缶
要約:
(EN) A method of manufacturing a bottle can and the bottle can. In the method, neck-in processing is applied, a plurality of times, to the opening part of a bottomed cylindrical body (W) having a body part to form the body part, a shoulder part (3), and a ferrule part forming part (4a) arranged continuously with the upper end of the shoulder part (3) in the axial direction of the can and extending upward. After a first projected part (11) is formed on at least one of a connected portion between these shoulder part (3) and the ferrule part forming part (4a) and a connected portion between the shoulder part (3) and the body part (2), the shoulder part (3) is pressed toward the inside of the can body while the first projected part (11) is bent in the radial inner direction to form a groove part (10) at the shoulder part (3).
(FR) La présente invention concerne un procédé de fabrication de canettes et la canette. Dans le procédé, on applique plusieurs fois un traitement de striction à la partie d’ouverture d’un corps cylindrique doté d’un fond (W) présentant une partie de corps pour former la partie de corps, une partie d’épaulement (3) et une partie formant la partie d’embout (4a) disposée de manière continue avec l’extrémité supérieure de la partie d’épaulement (3) dans la direction axiale de la canette et s’étendant vers le haut. Après qu’une première partie en saillie (11) ait été formée sur au moins une parmi la partie reliée entre ces parties d’épaulement (3) et la partie formant la partie d’embout (4a) et une partie reliée entre la partie d’épaulement (3) et la partie de corps (2), la partie d’épaulement (3) est pressée vers l’intérieur du corps de la canette alors que la première partie en saillie (11) est pliée dans la direction radiale interne afin de former une partie de rainure (10) au niveau de la partied’épaulement (3).
(JA)  このボトル缶の製造方法およびボトル缶は、胴部を有する有底筒状体Wの開口部に複数回ネックイン加工を施し、胴部と肩部3と、肩部3の缶軸方向上端に連設され、上方へ延在した口金部形成予定部4aとを形成した後に、これら3、4aの連結部分、および肩部3と胴部2との連結部分の少なくとも一方に、第1凸部11を形成した後に、第1凸部11を径方向内方へ折り曲げる等しながら、肩部3を缶胴の内側に向けて押圧して、この肩部3に溝部10を形成する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KP, KR, KZ, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LV, MA, MD, MG, MK, MN, MW, MX, MZ, NA, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, YU, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, MC, NL, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
JPWO2006043347JP2011194474US20080069665CN101043957JP4846594