国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2006043341) 綴じ具
注意: このテキストは、OCR 処理によってテキスト化されたものです。法的な用途には PDF 版をご利用ください。

請求の範囲

[1] 板状の基板、

前記基板上において回動可能に支持される操作レバー、

前記基板上において被綴じ物を押圧して保持する押圧部が先端側に形成された 1 つの部材力なる綴じ部材、および

前記操作レバーに連結されるとともに前記綴じ部材の先端側に連結され、前記操 作レバーを操作することにより前記綴じ部材の先端側を付勢するパネ部材を含み、 前記綴じ部材は、前記操作レバーを操作することにより前記押圧部の反対側を回 転中心として回動する、綴じ具。

[2] 前記綴じ部材は 1枚の板材によって形成され、前記押圧部は前記板材の先端部に よって直線状または直線上の複数個所で前記被綴じ物を押圧するように形成される

、請求項 1に記載の綴じ具。

[3] 前記押圧部は、前記綴じ部材の先端側を前記綴じ部材の回転中心側に向力つて 屈曲させることにより形成される、請求項 2に記載の綴じ具。

[4] 前記押圧部は、前記綴じ部材の先端側を前記綴じ部材の回転中心側に向力つて 屈曲させ、さらに前記基板側に向かって屈曲させることにより形成される、請求項 2に 記載の綴じ具。

[5] 前記綴じ部材の回転中心は、前記基板に形成された切り起こし部に形成された貫 通孔に前記綴じ部材の端部力突出する突出片を揷通することにより形成される、請 求項 2な、し請求項 4の、ずれかに記載の綴じ具。

[6] 前記操作レバーと前記綴じ部材とは、互いに交差する向きに回動することを特徴と する、請求項 1な、し請求項 5の、ずれかに記載の綴じ具。

[7] 前記操作レバーと前記綴じ具とは、互いに平行な向きに回動することを特徴とする

、請求項 1な、し請求項 5の、ずれかに記載の綴じ具。