16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2006043308) 運用管理プログラム、運用管理方法および運用管理装置
注意: このテキストは、OCR 処理によってテキスト化されたものです。法的な用途には PDF 版をご利用ください。

請求の範囲

[1] SANブートディスクを用いて起動される複数のサーバの運用を管理する運用管理 プログラムであって、

前記複数のサーバのうち運用しているサーバのいずれかに故障が発生した場合に 、 SANブートディスクの接続を故障サーバから代替サーバへ切り替えるブートデイス ク切替手順と、

前記ブートディスク切替手順により代替サーバへ接続が切り替えられた SANブート ディスクを用いて代替サーバを起動する代替サーバ起動手順と、

をコンピュータに実行させることを特徴とする運用管理プログラム。

[2] SANブートディスクをサーバに接続する SANとの物理結線が均一なサーバの集ま りをサーバドメインとして管理し、

前記ブートディスク切替手順は、故障サーバと同一のサーバドメインに属する代替 サーバへ SANブートディスクの接続を切り替えることを特徴とする請求項 1に記載の 運用管理プログラム。

[3] 前記サーバドメインに属するサーバのうち運用されていないサーバの集まりをサー バドメインプールとして管理し、

前記ブートディスク切替手順は、サーバドメインプール力代替サーバを選択して S

ANブートディスクの接続を切り替えるとともに、故障サーバをサーバドメインプールに 移動することを特徴とする請求項 2に記載の運用管理プログラム。

[4] 前記サーバドメインに属するサーバは SANスィッチにより SANブートディスクに接 続され、

前記ブートディスク切替手順は、 SANスィッチを切り替えることによって SANブート ディスクの接続を故障サーノから代替サーバへ切り替えることを特徴とする請求項 2 に記載の運用管理プログラム。

[5] 前記 SANスィッチは、サーバと SANブートディスクとの間に複数のノスを設けるこ とを特徴とする請求項 4に記載の運用管理プログラム。

[6] 前記 SANブートディスクは、 RAID方式に基づくディスク装置であることを特徴とす る請求項 1に記載の運用管理プログラム。

[7] 前記サーバドメインは、ネットワークとの物理結線も均一なサーバの集まりであり、 ネットワークの接続を故障サーノくから代替サーバへ切り替えるネットワーク切替手順 を、

さらにコンピュータに実行させることを特徴とする請求項 2に記載の運用管理プログ ラム。

[8] SANブートディスクを用いて起動される複数のサーバの運用を管理する運用管理 方法であって、

前記複数のサーバのうち運用しているサーバのいずれかに故障が発生した場合に 、 SANブートディスクの接続を故障サーバから代替サーバへ切り替えるブートデイス ク切替工程と、

前記ブートディスク切替工程により代替サーバへ接続が切り替えられた SANブート ディスクを用いて代替サーバを起動する代替サーバ起動工程と、

を含んだことを特徴とする運用管理方法。

[9] SANブートディスクをサーバに接続する SANとの物理結線が均一なサーバの集ま りをサーバドメインとして管理し、

前記ブートディスク切替工程は、故障サーバと同一のサーバドメインに属する代替 サーバへ SANブートディスクの接続を切り替えることを特徴とする請求項 8に記載の 運用管理方法。

[10] 前記サーバドメインに属するサーバのうち運用されていないサーバの集まりをサー バドメインプールとして管理し、

前記ブートディスク切替工程は、サーバドメインプール力代替サーバを選択して S

ANブートディスクの接続を切り替えるとともに、故障サーバをサーバドメインプールに 移動することを特徴とする請求項 9に記載の運用管理方法。

[11] 前記サーバドメインに属するサーバは SANスィッチにより SANブートディスクに接 続され、

前記ブートディスク切替工程は、 SANスィッチを切り替えることによって SANブート ディスクの接続を故障サーノから代替サーバへ切り替えることを特徴とする請求項 9 に記載の運用管理方法。

[12] 前記 SANスィッチは、サーバと SANブートディスクとの間に複数のノスを設けるこ とを特徴とする請求項 11に記載の運用管理方法。

[13] 前記 SANブートディスクは、 RAID方式に基づくディスク装置であることを特徴とす る請求項 8に記載の運用管理方法。

[14] 前記サーバドメインは、ネットワークとの物理結線も均一なサーバの集まりであり、 ネットワークの接続を故障サーノくから代替サーバへ切り替えるネットワーク切替工程 を、

さらに含んだことを特徴とする請求項 9に記載の運用管理方法。

[15] SANブートディスクを用いて起動される複数のサーバの運用を管理する運用管理 装置であって、

前記複数のサーバのうち運用しているサーバのいずれかに故障が発生した場合に 、 SANブートディスクの接続を故障サーバから代替サーバへ切り替えるブートデイス ク切替手段と、

前記ブートディスク切替手段により代替サーバへ接続が切り替えられた SANブート ディスクを用いて代替サーバを起動する代替サーバ起動手段と、

を備えたことを特徴とする運用管理装置。

[16] SANブートディスクをサーバに接続する SANとの物理結線が均一なサーバの集ま りをサーバドメインとして管理し、

前記ブートディスク切替手段は、故障サーバと同一のサーバドメインに属する代替 サーバへ SANブートディスクの接続を切り替えることを特徴とする請求項 15に記載 の運用管理装置。

[17] 前記サーバドメインに属するサーバのうち運用されていないサーバの集まりをサー バドメインプールとして管理し、

前記ブートディスク切替手段は、サーバドメインプール力代替サーバを選択して S

ANブートディスクの接続を切り替えるとともに、故障サーバをサーバドメインプールに 移動することを特徴とする請求項 16に記載の運用管理装置。

[18] 前記サーバドメインに属するサーバは SANスィッチにより SANブートディスクに接 続され、

前記ブートディスク切替手段は、 SANスィッチを切り替えることによって SANブート ディスクの接続を故障サーノから代替サーバへ切り替えることを特徴とする請求項 1

6に記載の運用管理装置。

[19] 前記 SANスィッチは、サーバと SANブートディスクとの間に複数のノスを設けるこ とを特徴とする請求項 18に記載の運用管理装置。

[20] 前記 SANブートディスクは、 RAID方式に基づくディスク装置であることを特徴とす る請求項 15に記載の運用管理装置。

[21] 前記サーバドメインは、ネットワークとの物理結線も均一なサーバの集まりであり、 ネットワークの接続を故障サーバから代替サーバへ切り替えるネットワーク切替手段 を、

さらに備えたことを特徴とする請求項 16に記載の運用管理装置。